閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

新生児にきびとは?原因は?ケア方法は保湿と薬?

新生児にきび

新生児にきびとは

新生児期(生後2週間前後)から、生後3ヶ月頃までにできるにきびのことを、新生児にきびといいます。

医学的には脂漏性皮膚炎と呼ばれます。

関連ページ

新生児にきびの症状

新生児にきびは、見た目は思春期のニキビと同じで、赤いぶつぶつが赤ちゃんの顔にできます。

頬やおでこ周辺にできやすいのですが、ひどい場合には頭皮にも症状が出ることがあります。

通常は、白色か肌色の小さい湿疹ですが、布団やタオルなどが肌に触れたり、赤ちゃんが爪で引っかいたりして炎症を起こすと、赤く腫れあがってぶつぶつした状態になったり、化膿したりします。

かゆみや痛みはないので、赤ちゃんが気にすることはほとんどありませんが、お父さんお母さんは不安になることもあるでしょう。

しかし、通常は肌を清潔に保ち、触らないようにしていれば自然に治っていくものなので、心配はいりません。

スポンサーリンク

新生児にきびの原因

生まれて間もない赤ちゃんは、お母さんから受け継ぐ女性ホルモンの影響で、皮脂がたくさん分泌されますが、毛穴の発達が未熟なので、皮脂が肌の表面や毛穴に溜まってにきびになります。

ホルモンや毛穴の未発達が原因なので、肌を清潔にしているかどうかに関わらず、多くの赤ちゃんが新生児にきびになります。

しかし、月齢を経るにつれて、ホルモンバランスが整ってくるので、にきびは自然になくなっていきます。

スポンサーリンク

新生児にきびのケア

石けんで洗う

乳幼児ニキビの原因は、皮脂の分泌が多いことなので、余分な皮脂を石けんで洗い流して肌を清潔に保つことが、予防にもケアにもなります。

毎日1回は、赤ちゃんの顔を石けんで洗い、水分をたっぷり含ませたガーゼで余分な皮脂を拭ってあげましょう。

入浴後は、赤ちゃんの肌を刺激しない柔らかいタオルでふいてあげます。

保湿

新生児にきびに乾燥は禁物です。

お風呂上がりに身体を拭いた後は、しっかりと保湿してあげましょう。

保湿には、低刺激の赤ちゃん用のローションやクリームを使います。

赤ちゃんの肌に触れる物に気をつける

新生児期から生後2~3ヶ月ころの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごすので、ベッドや布団、シーツ、タオルなどは肌に優しい製品を使うようにします。

また、赤ちゃんはよく汗をかきますし、溢乳やおう吐も多いので、こまめに着替えさせたり取り替えたりして清潔に保つことが大切です。

赤ちゃんの身の回りだけでなく、よく抱っこするお父さんお母さんの服も、赤ちゃんの肌に優しいものを選んでください。

こまめに赤ちゃんの身体をチェックする

おむつを替えたり、お風呂に入れたりする際に、首、脇の下、肘の裏、膝の裏、おしり周辺など、かぶれたり蒸れたりしやすいところをチェックしましょう。

爪は、短く切って丸く整えてあげます。

なお、赤ちゃんがかきむしらないように、ミトン(手袋)の着用を勧める書籍があります。

しかし、赤ちゃんは、いろいろなものに直接手で触れて感じることで、脳が刺激されてぐんぐん成長していくものなので、ミトンは個人的にはお勧めできません。

大人のにきび薬は使用しない

乳児期の赤ちゃんに、大人のにきび薬を使うことはできません。

にきびには効果があっても、赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼす可能性があるので、絶対に使用しないでください。

にきび以外の可能性を考える

生後2週目以前ににきびができた場合や、頭以外に広がった場合は、アレルギーなど別の乳児湿疹の可能性があるので、早めに小児科を受診してください。

うちの場合

生後数日で新生児中毒疹が現れ、いつまでもなくならないので気になって小児科を受診したところ、新生児ニキビだと言われました。

受診したころには少し腫れており、治るまでに1ヶ月はかかってしまいました。

ページ上部へ戻る