乳児期の子育て
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる…
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?…
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんは、よくおならをします。「ぷうう」、「ぷりぷり」、「ぷっぷー」などバリエーションが豊富で、思わず笑ってしまうことも多い赤ちゃんのおならですが、「おならの回数が多すぎる気がする。」、「おならと同時に激しく泣き出すので、病気じゃ…

育児参加に関心を持つ男性や実際に育児参加する男性が増える一方で、男性の育児について「いいとこ取り育児」だという女性の不満が相次いでいます。いいとこ取り育児とは、必要なことではなく自分がやりたいことだけやるなど、必要性や効率性よりも自…

「イクメン」という言葉が登場してしばらく経ちました。少子高齢化の対策として「女性が活躍できる社会づくり」と抱き合わせで「男性の育児参加」が国の施策として推進されるようになり、男性の育児休業取得率が若干上昇し、実際に育児に参加する男性…

ジャーゴン(ジャルゴン)は、失語症の症状の一つとして知られていますが、乳幼児期の言葉の発達の過程でも一時的に見られます。親の中には、「子どもが意味不明な言葉を話して困っている。」、「宇宙語が止まず、家でも保育園でも対応に苦慮している…

赤ちゃんは、生まれたての頃には自分の手足を自由に動かすこともできませんが、日に日に出来ることが増えていきます。手足を動かす、頭を上下左右に振る、寝返りや寝返り返りをうつ、ズリバイ・ハイハイで移動する、つかまり立ちや伝い歩きをするなど…

乳幼児は、親がどれだけ安全面に注意を払っていても、よくケガをします。また、大人に比べて身体が未熟で急に痙攣や呼吸困難を起こすことも珍しくありません。医師や医療関係者以外の場合、ケガや病気を治療することはできません。しかし…

家庭内や外出時の事故でケガをしたり命を落としたりする赤ちゃんは後を絶ちません。日本の人口動態調査では、乳児期の赤ちゃんは先天性の異常や周産期トラブル、SIDS(乳幼児突然死症候群)などによる死亡が多いですが、不慮の事故による死亡も少…

産後うつは、多くの女性が出産後に経験する症状の一つです。何が原因で、どのような症状が起こるのでしょうか?また、どのように産後うつをチェックし、治療するのでしょうか?この記事では、産後うつの概要、原因、症状、チェック方…

子どもは、赤ちゃんの頃から遊びの天才です。パパママと遊んだり、おもちゃで遊んだりするのはもちろん、自分の手足や近くにある物など何でもおもちゃにして一人で遊びます。親からすると何でもないことでも、赤ちゃんにとっては楽しい遊びで…

初めての出産を控えた夫婦は、赤ちゃんとの生活に期待を抱く反面、不安や心配も抱えていることが多いものです。例えば、「授乳やおむつ交換、沐浴ってどうやるんだろう?」、「そもそも赤ちゃんってどうやって抱っこするんだろう?」など育児の基礎中…

妊娠後は、つわりに悩まされたり、出産や子育てに対する不安や焦りを感じたりして、肉体的にも精神的にも妊娠前にはなかったしんどさを感じ、マタニティブルーに陥ることがあります。夫や他人にイライラする、わけもなく気持ちが落ち込む、突然泣き出…

乳児期の赤ちゃんがどのようにお母さんとコミュニケーションをしているか知っていますか?赤ちゃんは、言葉を獲得していないため、会話によって母子のコミュニケーションができません。しかし、人からの刺激に対する敏感な感覚を持って生まれ…

基本的信頼感は、発達心理学用語の一つです。赤ちゃんのうちに獲得されるべきもので、自己肯定感や自尊心を育んだり、社会の中で他人と円滑な関係を築いて充実した生活を送ったりするために重要だと考えられています。この記事では、基本的信…

出産においては、様々なトラブルが起こる可能性があります。癒着胎盤または胎盤癒着は、出産時に起こる代表的なトラブルの一つで、赤ちゃんが無事に産まれて一安心したところで起こり、大量出血が起こって母体に深刻な影響が及ぶリスクがあります。…

女性は、赤ちゃんが無事に産まれて一安心した後、後産に臨まなければなりません。出産経験のある女性なら誰でも知っていることですが、初めて妊娠した女性や男性の中には「お産は赤ちゃんが生まれたら終わり」と思っている人も一定数います。…

無事赤ちゃんが生まれて一安心と思っていたら、下腹部に痛みを感じるようになります。後陣痛です。後陣痛は、出産後まもない頃から下腹部に感じる痛みです。どうして後陣痛が起こり、和らげるにはどうすれば良いのでしょうか?…

「産後の肥立ちが良いですね。」、「そんな生活をしていると、産後の肥立ちが悪くなるよ。」などと言われたことはありませんか?女性は、妊娠によってホルモンバランス、体型、生活習慣などが大きく変化し、体力や臓器の機能などが低下する上、出産に…

通常、結核(BCGワクチン)の予防接種は、接種直後は針痕が目立たず、2週間ほど経過した後にうっすら浮かび上がってくるものです。しかし、予防接種から2~10日で針痕が赤く腫れるなどの症状が現れることがあり、これをコッホ現象と呼びます。…

出産は、夫婦にとって人生の一大イベントです。特に、実際に出産する女性には、不安や負担が大きくのしかかります。里帰り出産は、出産前後の女性の不安や負担を軽くすることができる方法の一つです。しかし、里帰り出産をしたいと思…

妊娠すると、定期的に妊婦健診を受けることになります。妊婦健診は、妊婦と胎児の健康状態を確認するとともに、病気や異常などの早期発見・早期対応にとっても欠かせないものですが、健康保険が適用されず、妊娠から出産まで受診し続けるとそれなりの…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  7. カンガルーケア 赤ちゃん
  8. 発達障害 図 自閉症
  9. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  10. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
ページ上部へ戻る