閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

サーモンパッチの原因は?いつ消える?消えない時はレーザー治療?

サーモンパッチ

サーモンパッチとは

サーモンパッチとは、毛細血管の拡張により、赤ちゃんの額(ひたい)、眉間(みけん)、鼻など顔の中央部分にできる、シミのような赤いあざのことです。

産卵期のサケに見られる赤い模様に似ているため、サーモン(サケ)パッチという名前が付いています。

正中部母斑とも言われます。

生まれてきた赤ちゃんの顔にサーモンパッチがあったら、お父さんお母さんもびっくりしますし、「このまま消えなかったらどうしよう」と不安にもなるでしょう。

しかし、サーモンパッチの症状は、年齢の経過とともにその多くが消えていくものなので、過度な心配をする必要はありません。

新生児中心性紅斑

血管の拡張によって生じる紅斑で、赤ちゃんの身体の中心部によくできるものですが、頬にできることもあります。

後頭部からうなじにかけてみられるウンナ母斑、まぶた、鼻の下~上唇にみられるサーモンパッチ、額にみられる火炎母斑などが代表的です。

頭部や背中に紅斑ができることもあります。

新生児期の赤ちゃんの多くに何らかの紅斑がみられますが、たいていは1~2年で自然になくなっていきます。

関連ページ

スポンサーリンク

サーモンパッチの症状

サーモンパッチは、新生児の約30%に見られる症状です。

生まれたときからサーモンパッチがあることが多いものですが、生まれて少ししてからあざが出てくる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの額の中央、眉間、鼻と上唇の間など、顔の中央部分に赤いあざができます。

赤いあざは境界があいまいで、症状の出ている部分に腫れやくぼみはなく平らです。

あざの濃さや範囲は個人差が大きく、まぶたなど顔の中心部分以外にあざができることもあります。

赤ちゃんがいきんだり泣いたりしたときや、気温が低い場所にいるときは、あざの赤みが増したように見えることがあります。

一方で、症状が出ているところを圧迫すると、一時的に赤みが消失します。

サーモンパッチに痛みやかゆみの症状はないので、あせもやアトピーのように、赤ちゃんが不機嫌になったりかきむしったりすることはありません。

サーモンパッチの原因

サーモンパッチの原因は、皮膚(真皮表層)の毛細血管の機能的拡張です。

皮膚の毛細血管が拡張することにより、赤い色が浮き出してきます。

打撲や圧迫など外的な要因によるものではありません。

遺伝や神経機能の未発達による可能性も指摘されています。

スポンサーリンク

サーモンパッチの治療

いつ消える

サーモンパッチの症状は、年齢の経過とともに自然に消えていくことが多いものです。

まぶたであれば1歳前後、額、眉間、鼻の下は1歳半ころには消えてなくなります。

統計上は、1歳半までで約80%、3歳で約90%が自然消失します。

消えないときの治療

しかし、大人になってもまったく消えなかったり、薄い赤みが残ったりすることもあります。

2歳になってもサーモンパッチが消えないときは、皮膚科の受診を検討してください。

皮膚科では、レーザー治療で赤みを消します。

完全に消えないことや、レーザーが目に入るといった危険性もあるので、事前に治療のリスクをよく確認しておくことが大切です。

関連ページ

ページ上部へ戻る