赤ちゃんのしゃっくりの止め方は?多い原因と止まらない時の対応は?

しゃっくり

赤ちゃんは、新生児の頃からしゃっくりをします。

生まれたての赤ちゃんがしゃっくりを繰り返すと、「息苦しいのではないか。」、「呼吸器系の疾患があるのではないか。」などと不安になる親は多いものです。

どうして生まれたての頃からしゃっくりが起こるのでしょうか。

また、しゃっくりが起こると赤ちゃんにどのような影響があり、どうやって止めれば良いのでしょうか。

この記事では、しゃっくりの概要、赤ちゃんがしゃっくりをする原因、しゃっくりの止め方について紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりとは

しゃっくりとは、不随意性の横隔膜(空気を吸うために必要な、お腹と肺を隔てているドーム状の筋肉)の痙攣によって急に空気が吸い込まれ、意図せず声門が開いてヒッヒッという音を発する現象です。

何らかのきっかけで横隔膜が痙攣して声帯が閉じ、そこを空気が通ることで「ヒック」という音を発するのです。

赤ちゃんは、身体の機能が未熟なので、授乳時のちょっとした刺激などで横隔膜が痙攣し、しゃっくりが起こりやすいものです。

しゃっくりと一緒に母乳やミルクが口から出てしまうこともありますが、通常は、時間の経過とともに自然に治まります。

スポンサーリンク

赤ちゃんのしゃっくりの原因

赤ちゃんのしゃっくりの主な原因について見ていきましょう。

授乳時に母乳やミルクと一緒に空気を吸い込む

生まれたての赤ちゃんは、哺乳反射という生まれつき備わった反射(原始反射)によって母乳やミルクを飲みますが、上手に吸ったり飲み込んだりすることができず、母乳やミルクと一緒に空気も一緒に吸い込んでしまいます。

その結果、吸い込んだ空気が横隔膜を刺激して痙攣を引き起こし、しゃっくりが起こるのです。

赤ちゃんが哺乳の方法を学習し、母乳やミルクを上手に飲めるようになるにつれて、授乳時のしゃっくりは少なくなっていきます。

関連記事

哺乳反射とは?赤ちゃんが母乳を飲まない原因は原始反射の異常?

授乳時の胃や食道の働き

母乳やミルクを飲むと胃が膨らみ、横隔膜を圧迫することによって痙攣を引き起こすこともあります。

また、胃や食道が活性化されたことに横隔膜が刺激されて痙攣し、しゃっくりが起こることもあります。

新生児や低月齢の赤ちゃんは身体の機能が未熟なので、ちょっとした刺激で横隔膜が反応してしまうのです。

身体が冷える

赤ちゃんの身体が冷えることで横隔膜が痙攣してしゃっくりが起こると指摘する医師や看護師もいます。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、大人には分からない程度に気温が低下した、おしっこで濡れたオムツを履いたままになっている、冷たいミルクを少量飲んだなどでも身体が冷えてしまい、それが刺激となってしゃっくりが起こることがあります。

ただし、身体が冷えることと横隔膜の痙攣を証明する研究結果は見当たず、臨床に基づくものです。

赤ちゃんは生まれる前からしゃっくりしている

実は、赤ちゃんは胎内でもしゃっくりをしています。

未熟な状態の横隔膜で肺呼吸の練習をすることでしゃっくりが起こるのです。

胎内で頻繁にしゃっくりをしていた赤ちゃんは、生まれた後もしゃっくりをしやすい傾向があると考えられています。

なお、赤ちゃんが体内でしゃっくりする様子は、妊娠後期からエコー検査などで確認できるようになります。

スポンサーリンク

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

赤ちゃんのしゃっくりは、ほとんどの場合は病気や異常ではなく、時間の経過とともに自然に治まります。

したがって、赤ちゃんがしゃっくりをしていても、無理に止める必要はありません。

しゃっくりが数時間継続したとしても、赤ちゃんの身体に悪影響を及ぼすこともありませんし、しゃっくりで不快さや息苦しさを感じることもありません。

その証拠に、しゃっくりをしている赤ちゃんの顔を見ると、笑っていたり、不思議そうな顔をしていたりすることが多いはずです。

ただし、赤ちゃんのしゃっくりがいつまでも続くと親の方が心配になりますし、外出時などは周囲の目も気になるかもしれないので、しゃっくりの止め方をいくつか書いておきます。

いずれも赤ちゃんのしゃっくりを100%止めることができる方法ではないので、赤ちゃんの様子を見ながら試してみたください。

母乳やミルクを飲ませる

赤ちゃんのしゃっくりは、何かを飲み込んだ刺激で治まることがあります。

母乳やミルクを飲むことはしゃっくりの原因の1つでもありますが、しゃっくりを止める効果もあるのです。

母乳やミルクの代わりに、白湯や湯ざましを飲ませてもかまいません。

背中を軽く叩いたり、さすったりする

赤ちゃんに刺激を与えるという観点から、身体を叩いたりさすったりすることも効果があります。

赤ちゃんの背中を平手でトントンと叩いたり、優しくさすったりしてあげましょう。

オムツを交換する

身体が冷えたことが刺激になってしゃっくりが出ていると思われる場合には、冷えの原因を取り除くことでしゃっくりが止むことがあります。

オムツがオシッコでぬれていたら、すぐに新しいおむつに交換してあげましょう。

赤ちゃんの身体を温める

赤ちゃんのオムツを交換するのと同じで、身体の冷えを取り除くことでしゃっくりが止むことがあります。

赤ちゃんの身体を温めるときは、身体を優しくさすったり、タオルケットを羽織らせたりする方法が効果的です。

厚着させすぎたり、室温を高くしすぎたりすると、かえって赤ちゃんが体調を崩す原因となるので注意してください。

赤ちゃんを縦抱っこしてみる

赤ちゃんを縦抱っこし、背中を平手でトントンと叩いたり、さすったりする方法も、しゃっくりを止める効果があります。

ただし、強く叩きすぎると、母乳やミルクを吐いたり泣き出したりしてしまうため、力加減は十分に注意してください。

その他の方法

しゃっくりの止め方については、泣かせておく、驚かせる、ゲップをさせる、うつ伏せに寝かせてみるなど他にも多くの方法がありますが、いずれも赤ちゃんに刺激を与えるという点では共通しています。

基本的にはどの方法でも構わないのですが、赤ちゃんが怖がったり、不安を感じたりすることは控えるようにしてください。

例えば、赤ちゃんの身体を大きく揺さぶる、大声で驚かせる、叩いて痛みを与えるなどは、赤ちゃんに恐怖心を植え付けることになるので、絶対に控えてください。

赤ちゃんのしゃっくりと病気(しゃっくりが止まらない)

赤ちゃんのしゃっくりが続く場合は、肺炎やおなかの炎症などの病気が潜んでいる可能性があります。

しゃっくり以外に以下の症状が見られる場合は、小児科を受診させてあげましょう。

  • 赤ちゃんの様子が普段と違う
  • 元気がなく、グッタリしている
  • 母乳やミルクを飲みたがらない
  • オシッコやウンチの回数が減った

赤ちゃんのしゃっくりとアレルギー

離乳食を始めた赤ちゃんの場合、稀にではありますが、離乳食に含まれる食品に対するアレルギー反応としてしゃっくりが起きることがあります。

しゃっくりの他に以下の症状がある場合は、アレルギー反応を疑って小児科を受診させましょう。

  • 湿疹が出ている
  • くしゃみや鼻水が止まらない
  • 発熱がある
  • 目の充血がある
  • 元気がなく、グッタリしている

アレルギー反応を起こしやすい食品としては、ピーナッツ、小麦、卵、乳製品などです。

関連記事

アレルギーマーチとは?予防と対処は?アトピー、喘息、消化管異常が連鎖?

スポンサーリンク

まとめ

しゃっくりは、横隔膜の痙攣が原因で起こります。

赤ちゃんは身体の機能が未熟なので、大人に比べてしゃっくりが起こりやすいものですが、基本的には身体に害はなく、赤ちゃんが不快さや気持ち悪さを感じることもないので、自然に治まるのを待っても問題ありません。

赤ちゃんのしゃっくりを止めたい場合は、授乳、背中を叩いたりさすったりする、オムツを交換するなど、赤ちゃんが不快さを感じない刺激を与えてみましょう。