赤ちゃんの向き癖とは?治し方(治す方法)は枕やタオル?頭の形への影響は?

赤ちゃん 向き癖

「赤ちゃんが右(または左)ばかり向いている。」ということはありませんか?

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いていたら、向き癖がついている可能性があります。

向き癖は、赤ちゃんの健康に悪影響を与えることはなく、時間の経過とともに解消されていくことも多いものです。

しかし、赤ちゃんの頭はとても柔らかく変形しやすいところ、向き癖がついて同じ方向ばかり向いていると、頭の形がいびつになり、そのまま骨が固まってしまうことがあります。

そのため、赤ちゃんの向き癖を直したいと考えるお父さんお母さんは多いものです。

この記事では、赤ちゃんの向き癖の原因と頭の形への影響、治し方について紹介します。

赤ちゃんの向き癖とは

赤ちゃん 向き癖

向き癖とは、決まった方向にばかり頭を向ける赤ちゃんの癖のことです。

実は、多くの赤ちゃんは、胎内にいるときから向き癖がついており、生まれた後も右または左ばかり向いて寝ようとします。

冒頭に書いたとおり、向き癖がついていても赤ちゃんの健康に悪影響はありませんが、向き癖がついたままだと頭の形がいびつになることがあります。

赤ちゃんの頭蓋骨は、生後6ヶ月頃までとても柔らかく、ちょっとした刺激や圧力でも簡単に形が変わります。

そのため、向き癖によって決まった方向ばかり向いて寝ていると、布団に触れているところが頭の重さで圧迫されて平らになり、頭の形がいびつになってしまうのです。

赤ちゃんの向き癖の原因

赤ちゃん 向き癖 原因

赤ちゃんの向き癖の原因は、胎内で過ごした位置や顔を向けていた方向などです。

狭い胎内では自由に顔の向きを変えることが難しく、同じ姿勢や顔の向きのまま長い時間を過ごすことが多いため、向き癖がつきやすいものです。

胎内でついた向き癖を矯正する機会はなく、生まれたての頃から向き癖がついている赤ちゃんが多くなっています。

また、赤ちゃんは、音や光など刺激がある方に顔を向けようとします。

そのため、いつも同じ方向から刺激を受け続けていると、胎内で身についた向き癖とは違う向きに向き癖がつくこともあります。

お母さんがいつも同じ側で添い寝して母乳やミルクを飲ませている場合も、向き癖がつきます。

なお、新生児特定集中治療室(NICU)では赤ちゃんを横向きに寝かせることがあり、その結果として、向き癖がつく赤ちゃんも一定数います。

病気が原因で向き癖がつくこともある

赤ちゃん 向き癖 病気

病気が原因で、決まった方向にしか向けなくなっている赤ちゃんもいます。

筋性斜頸(きんせいしゃけい)

筋性斜頸とは、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という筋肉の収縮により、首をある方向に常に傾けている状態です。

生まれてくる赤ちゃんの約1%に見られる病気で、逆子だった赤ちゃんが筋性斜頸になりやすい傾向があります。

筋性斜頸は、生後1歳頃までに自然に治まることが多いため、診断されても経過観察が基本となります。

1歳児健診でも筋性斜頸が残っている場合は、手術などによる治療を検討することになります。

関連記事

筋性斜頸とは?赤ちゃんの斜頸の原因、症状、治療は?手術は必要?

先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼とは、生まれつき股関節が外れている状態のことですが、生まれた後に股関節が外れたものも含むことがあります。

生まれてくる赤ちゃんの約0.2%に見られる病気で、筋性斜頸と同じく逆子の赤ちゃんによく見られます。

先天性股関節脱臼の赤ちゃんには、脱臼した足と反対方向に向く、股関節の動かせる範囲が狭くなる、足を動かすときに硬さがある、左右の足の長さが違う、足の形が基本姿勢(M字型)にならないなどの症状が見られ、脱臼のない赤ちゃんよりも向き癖がつきやすいと言われています。

赤ちゃんが自然な姿勢で過ごせる環境を整えることが一番大切ですが、治らない場合は、サポート器具の装着、足の牽引、手術などを検討することになります。

赤ちゃんの向き癖が頭の形に与える影響

赤ちゃん 向き癖 頭の形

向き癖が継続すると、頭と布団が触れている部分に頭の重みが集中し、頭の形が変形します。

通常は、脳の成長に合わせて頭蓋骨も適度に広がり、生後1歳頃には頭の形のいびつさが目立たなくなりますし、脳の発達への影響もありません。

しかし、向き癖が続く期間が長いほど頭の形に与える影響が大きくなり、いびつな形のまま頭蓋骨が固まると、その後も頭の形がいびつなままになってしまいます。

具体的にあh、向き癖が続くことで以下のような頭の形になる可能性があります。

  • 短頭:後頭部全体が平らになり、頭頂部が突出した状態(後頭部が絶壁になる)
  • 斜頭:頭が斜めに成長し、頭の形が左右非対称に歪んだ状態(左右どちらかが平らになる)
  • 長頭:鼻から後頭部までが長くなり、両耳がペシャッとなった状態(頭の幅が狭くなる)

関連記事

赤ちゃんの頭の形はいつまで治る?いびつ、長い、へこみ、絶壁の矯正法は?

赤ちゃんの向き癖がひどい時の治し方

赤ちゃん 向き癖 治し方

赤ちゃんの向き癖が酷く、頭の形がいびつになるおそれがある場合、向き癖を直す(矯正する)ことを検討します。

赤ちゃんの向き癖の治し方(治す方法)はたくさんあります。

一つひとつ確認していきましょう。

向き癖がついた方とは反対向けに寝かせ、背中から首すじにバスタオルを挟む

赤ちゃん 向き癖 治し方

寝返りを覚えていない低月齢の赤ちゃんは、自力で身体の向きを変えるのが難しいものです。

そのため、向き癖がついた方向とは反対向けに寝かせ、丸めたタオルを背中から腰に挟んで向きを固定する方法が有効です。

ただし、長時間同じ姿勢のままだと赤ちゃんの身体に負担がかかりますし、固定した向きで向き癖がつくこともあります。

向き癖がついた向きで30分寝かせた後、向き癖がついた向きとは反対向きに1時間寝かせるというように、こまめに赤ちゃんの向きを変えてあげましょう。

向き癖防止用枕(クッション)を使う

赤ちゃん 向き癖 治し方

ネットや赤ちゃん用品店で販売されている向き癖防止用の枕やクッションを使用する方法も、向き癖を直す方法として有効です。

枕やクッションを使ってこまめに赤ちゃんの向きを変えてあげることで、向き癖を直すことができます。

頭がすっぽりはまるドーナツ型枕は、頭の形を整えるのには有効です。

しかし、長時間利用し続けていると、かえって頭の形がいびつな形に変形することがあるため、注意してください。

起きている時にうつぶせにする時間を増やす

赤ちゃん 向き癖 治し方

赤ちゃんがうつ伏せで過ごす時間を増やすことで、頭が布団に触れている時間が短くなり、向き癖によって頭の形がいびつになるのを防いだり、頭の形を直したりすることができます。

ただし、うつぶせには窒息や乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが伴うため、赤ちゃんをうつぶせにする時は必ずそばで見守ってあげましょう。

関連記事

赤ちゃんのうつぶせ寝はいつから?うつ伏せの練習は?SIDSの危険は?

赤ちゃんの注意を引くおもちゃの位置をこまめに変える(赤ちゃんが色々な方向にまんべんなく向くよう促す)

赤ちゃん 向き癖 治し方

オルゴールメリーなど音の出るおもちゃ、音楽、親の声掛けなどで赤ちゃんの興味を引き、向き癖がついた方向とは異なる方向を向かせる方法も、向き癖の治し方として有効な方法です。

赤ちゃんは、成長とともに自分の意思が強くなりますし、生後6ヶ月を過ぎると頭蓋骨も固まっていくので、いずれの治し方であっても、なるべく早い時期から取り組むことが大切です。

まとめ

赤ちゃんは、胎内にいる頃から向き癖がついており、生まれた後も同じ方向ばかり向いて過ごすことが多いものです。

向き癖による健康被害はありませんが、頭の形がいびつになることがあるため、矯正を希望する親が少なくありません。

向き癖の矯正には、市販の向き癖矯正用枕やクッションを使用する、おもちゃで赤ちゃんの興味を引くなどの方法があるので、赤ちゃんの様子を見ながら嫌がらない方法を取り入れてあげましょう。