閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが目をこする、かく原因は結膜炎、斜視、逆まつげ等の病気?

赤ちゃん 目 こする

赤ちゃんが「目をこする原因」を知っていますか?

多くの方は「眠たいから」という答えを思い浮かべるのではないでしょうか?

確かに、赤ちゃんは、眠たい時に目をこすります。

しかし実は、かゆい、ムズムズする、見えにくいなど、違和感や不快感を抱いて目をこすることも多いのです。

そして、こうした症状は目の病気が原因となっている可能性があり、放置すると最悪の場合は失明してしまうこともあります。

そこで、このページでは、赤ちゃんが目をこする・かく原因、目の不調を引き起こす病気の概要・治療法・見分け方、赤ちゃんが目をこする時の対応について紹介します。

赤ちゃんが目をこする、かく原因

赤ちゃん 目 こする

赤ちゃんが眠たい時以外に目をこする、かく主な原因は、次のとおりです。

  • 目がかゆい
  • 目の周りがかゆい
  • 目が痛い
  • 目がかゆい
  • まぶたが重い
  • 目の中がゴロゴロする
  • 視界がぼやける

赤ちゃんは、指で異物を取り除いたり、目に違和感があることを言葉で説明したりできないので、とにかくこすったりかいたりして紛らわそうとします。

赤ちゃんが眠たい時に目をこする理由

赤ちゃん 目 こする

ちなみに、赤ちゃんが眠たい時に目をこするのは、涙を流して目を潤すためです。

脳は、赤ちゃんが起きている時は、目が乾燥しないように常に涙腺から涙が分泌させていますが、赤ちゃんが眠気を感じ始めると、涙の分泌を減らしていきます。

その結果、目が乾燥して視界がぼやけてしまいます。

そのため、赤ちゃんは、目をこすって涙の分泌を促し、目を潤そうとするのです。

スポンサーリンク

目の違和感を引き起こす病気・症状と見分け方

赤ちゃん 目をこする 病気

赤ちゃんが、眠たくないのに目をこする、かく時は、病気が原因で目に違和感や不快感を抱いている可能性があります。

目に違和感をもたらす病気はたくさんありますが、ここでは代表的な病気の症状と治療法、見分け方を紹介します。

異物が目に入った

赤ちゃん 目をこする かく

眠たい時以外に赤ちゃんが目をこする理由で最も多いのが、「異物が目に入った」です。

赤ちゃんの目はとてもデリケートで敏感な器官なので、まつ毛一本入っただけでも痛みや異物感が気になるものです。

赤ちゃんは、低月齢の頃はずっとあおむけに寝ていますし、身体を自由に動かせるようになった後は、あちこちベタベタ触った手で目をこするので、異物が目に入る確率も必然的に高くなります。

異物が目に入った時の見分け方

赤ちゃんの目の中をのぞきこんで異物の有無を確認します。

まつ毛など小さい物が、まぶたの裏などに潜んでいることもままあるので、注意深くチェックしてあげましょう。

結膜炎

赤ちゃん 目をこする 結膜炎

結膜炎とは、白目の表面と、まぶたの裏側を覆う結膜が炎症を起こす病気のことです。

炎症を起こした白目は赤く充血し、目やにがたくさん出るようになります。

細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎など、結膜炎を引き起こす原因によって種類がたくさんあります。

いずれも強いかゆみや痛みをともなうため、赤ちゃんは我慢できずにこすったりかいたりしてしまいます。

結膜炎を引き起こす原因は多いので、まずは慎重に原因を特定し、原因に応じて点眼薬による治療を行います。

適切な治療を受けることにより、細菌性結膜炎は1週間前後、ウィルス性結膜炎は1ヶ月前後で良くなりますが、アレルギー性結膜炎は完治するまで相当の期間がかかります。

結膜炎の見分け方

眠たい場合、不機嫌そうにぐずりながら目をこすりますが、結膜炎の場合、痛みやかゆみの影響で泣きながら目をこするのが特徴的です。

逆まつ毛

赤ちゃん 目をこする 逆まつげ

逆まつ毛とは、本来は外向きに生えるはずのまつ毛が内向きに生えた状態のことです。

睫毛内反、睫毛乱生、逆さまつ毛、眼瞼内反と呼ばれることもあります。

まつ毛が角膜に触れて傷つけてしまい、目が充血する、目やにがたくさん出る、涙を流す、光をまぶしがる、頻繁にまばたきするといった症状が出ます。

赤ちゃんは、まつ毛が目に触れるのが気になって、目をこすります。

成長するにつれて自然にまつ毛が外向きになることが多く、基本的には経過観察します。

ただし、角膜を傷つけて感染症を引き起こすリスクがあるので、赤ちゃんが何日も目をこすり続ける場合には、病院を受診させましょう。

逆まつ毛の見分け方

赤ちゃんの目をのぞき込むと、まつ毛が内向きに生えているのが分かります。

目の近くを触られるのを嫌がる赤ちゃんは多いので、寝ている時にチェックしてみましょう。

鼻涙管閉そく症

赤ちゃん 目をこする 鼻涙管閉そく症

鼻涙管閉そく症とは、鼻涙管(涙点から鼻腔までの涙の通り道)が詰まった状態のことです。

涙が鼻へと流れていかずに目の方へ逆流し、悲しくも痛くもないのに涙が止まらなくなります。

症状が悪化すると涙嚢炎を引き起こし、目やにが出る、まぶたやほっぺたに痛みを伴う発赤ができる、発熱するといった症状が出ることがあります。

赤ちゃんは、涙目や目やにの影響で視界がぼやけるのが気になって、目をこすります。

通常は、時間の経過とともに自然に解消しますが、赤ちゃんがぐずる場合は、目頭をマッサージして鼻涙管を広げてあげましょう。

それでもダメなときは病院を受診し、点眼薬を処方してもらいます。

鼻涙管閉そく症の見分け方

眠たい時は涙の分泌が少なくなりますが、鼻涙管閉そくの場合は涙が逆流して涙目になります。

そのため、赤ちゃんが涙目になっている場合は、鼻涙管閉そく症を疑います。

斜視

赤ちゃん 目をこする 斜視

斜視とは、物を見る時に片方の目だけが物の方を向き、もう片方の目は別の方を向いている状態です。

別の方を向いている目がどちらに向いているかによって、上斜視、下斜視、内斜視、外斜視に分類されます。

また、いつも斜視があるかどうかで恒常性斜視(常に斜視の状態が継続している)と間歇性斜視(不定期で斜視になる)に分類されます。

目を動かす神経や筋肉の異常、目や脳の病気などが原因で発症します。

斜視を放置すると、視力低下や両方の目で物を見る力の遅れを招くリスクがあります。

赤ちゃんは、物の見え方に違和感や不快感を抱き、しきりに目をこすろうとします。

治療では、矯正眼鏡の使用や、別の方を向く眼だけで見る訓練を重ねることで、両目で物を見る力を養っていきます。

ただし、斜視の種類によっては手術が必要になることもあります。

斜視の見分け方

赤ちゃんが物を見た時に、2つの目が別々の方を向いていたら、斜視を疑います。

一見しただけでは見分けられない場合もあるので、じっくりと赤ちゃんの目を観察してください。

見分けられなくても、斜視かもしれないと心配な時は病院で検査してもらいましょう。

弱視

赤ちゃん 目をこする 弱視

弱視とは、8歳前後までに網膜の上で鮮明な像を結べず、視覚中枢の発達が止まってしまうことにより、視力が伸びない状態のことです。

メガネで矯正しても視力が伸びないところが、単に「視力が低下した」状態と異なります。

赤ちゃんは、視界の悪さに不快感を抱いて目をこすります。

原因が後天的なものであれば、視力が低い方の目をたくさん使う訓練を重ねることで、弱視が改善されていきます。

一方で、原因が先天的なものの場合は、手術による治療が必要になります。

弱視の見分け方

弱視が発見率がグッと上がるのは3歳前後で、乳児期の赤ちゃんの段階ではほとんど見分けられません。

よくぶつかる、人の顔が覚えられないといった場合は、弱視の可能性を疑って病院を受診してみましょう。

赤ちゃんが目をこする、かく時の対応方法

赤ちゃん 目をこする 対応

赤ちゃんが目をこすったりかいたりすると、角膜を傷つけたり、感染症を引き起こしたりするリスクがあります。

目をこするのを完全に止めさせることは難しいので、爪を切りそろえてやすりでケアし、ケガや感染症のリスクを減らしてあげましょう。

ミトンや手袋をはめれば簡単に対応できますが、おすすめはできません。

赤ちゃんにとって、素手で人や物に触れることは脳の発達を促す大切な行動で、ミトンや手袋によってそれを妨げるのは好ましくないからです。

赤ちゃんが目をこすったりかいたりするのを止めない時に、緊急手段として使用するのは問題ありませんが、ずっとつけっぱなしにするのは控えましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

眠たい時にゴシゴシ目をこすり、気がつくと目の周りが赤くなっていたり、切り傷ができたりしていました。

出血したときには、さすがにまずいと思って手袋をはめさせましたが、気に入らなかったようで、すぐ自力で外してしまったので、毎日爪を切ってやすりで丸く削るようにしました。

手間はかかりましたが、赤ちゃんが目をこすってもケガはしなくなりました。

ページ上部へ戻る