赤ちゃんのくしゃみの原因は?多い?鼻水や咳が出たら風邪?何科を受診?

赤ちゃん くしゃみ 咳 鼻水

赤ちゃんは、くしゃみをよくします。

1度や2度なら「ちょっと寒いのかな。」、「鼻に何か入ったかな。」で済みますが、赤ちゃんがくしゃみを繰り返すと、親としては心配になってしまうものです。

実は、赤ちゃんのくしゃみには「問題がないくしゃみ」と、「小児科や耳鼻科の受診が望ましいくしゃみ」があるのですが、「見分けが付かない。」、「判断に迷う。」というお父さんお母さんは少なくありません。

この記事では、くしゃみの原因、くしゃみを放置するリスク、病院受診のタイミングについて紹介します。

赤ちゃんのくしゃみの原因

まず、赤ちゃんがくしゃみをする主な原因について確認しておきましょう。

クシャミの原因:鼻の粘膜が敏感

赤ちゃんの鼻の粘膜は小さい上に柔らかく、大人に比べるとホコリなどの異物に敏感に反応しやすく、ちょっとした刺激でも反応してくしゃみが出ます。

また、大人に比べると鼻や喉の粘膜の機能が未熟なので、環境の変化にも敏感で、大人が気づかないような気温や湿度の変化に対応できず、過敏に反応してくしゃみが出ることもあります。

くしゃみの原因:鼻毛がない

鼻毛には、ホコリやウィルスをからめとり、体内への侵入を防ぐ役割があります。

大人の鼻には鼻毛が生えており、鼻で呼吸して空気を体内に取り入れるときに、空気中のホコリやウィルスを鼻毛でからめとるとともに、冷たい空気を適温にする役割を果たしています。

しかし、生まれたての赤ちゃんには鼻毛が生えておらず、ホコリや空気などがダイレクトに体内に侵入して鼻の粘膜を刺激し、異物を体外へ排出するためにくしゃみを連発します。

生後2ヶ月から生後3ヶ月頃になると薄い産毛のような鼻毛が生えてきますが、まだまだ機能は不十分で、よくくしゃみをします。

くしゃみの原因:ウィルス感染

赤ちゃんは、お母さんから免疫グロブリンGという抗体をもらった状態で生まれてきますし、母乳を飲んでいれば免疫グロブリンAという抗体も母乳を通してもらっています。

そのため、抗体の効力が切れる生後6ヶ月前後までは風邪を引きにくい傾向があります。

しかし、風邪のウイルスなどは種類が多く、お母さんからそのすべてに対する抗体をもらっているわけではなく、お母さんが持っていない抗体もあります。

また、抗体がウィルスなどを100%防ぎきれるわけでもないので、生後6ヶ月以前でもウィルス感染して風邪をひいてしまう赤ちゃんも一定数おり、風邪をひいてくしゃみを繰り返すこともあります。

くしゃみ以外に咳や鼻水、発熱などを伴う場合は風邪をひいている可能性が高いでしょう。

また、ウィルス感染していなくても、体内へ侵入したウィルスなどを体外へ排出するためにくしゃみが出るものです。

赤ちゃんが風邪をひいてしまうのは心配ですが、風邪を引くことで原因のウイルスなどに免疫ができて、次回からは症状が軽く済むようになります。

クシャミの原因:アレルギー

アレルギーとは、体内に侵入したウイルスや細菌などを防ぐための免疫反応が、花粉や食べ物、ダニ、ホコリなどに対して過剰に起こることです。

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着すると、ヒスタミンなどの神経伝達物質(細胞に興奮や抑制の反応を起こさせる化学物質)が活性化され、知覚神経を刺激することでくしゃみが出ることがあります。

主なアレルゲンは、花粉、ハウスダスト、動物の毛、ダニ、カビなどです。

次々に異なるアレルギー反応が現れるアレルギーマーチの初期段階として、くしゃみが繰り返されることもあります。

スポンサーリンク

くしゃみの原因:光くしゃみ反射

光くしゃみ反射とは、光の刺激をきっかけとしてくしゃみが出る反射です。

英語では「photic sneeze reflex」や「light sneeze reflex」と表記され、日本では光くしゃみ反射と訳されています。

屋外で太陽の光が目に入ったときや、家の中から良い天気の外へ出たときなどに、眩しさを感じるのと同時にくしゃみが起こります。

光刺激に対する反射であり、ウィルスやホコリなどとは無関係にくしゃみが出ます。

光くしゃみ反射は遺伝すると考えられており、家族に光くしゃみ反射を持つ人がいれば、赤ちゃんにも遺伝している可能性があります。

くしゃみを放置するリスク

赤ちゃんは、様々な原因でくしゃみをします。

多くの場合、鼻の粘膜の未熟さのため外界の刺激に過敏に反応してくしゃみをしているので、特に対応をしなくても問題はありません。

問題のないくしゃみについてやることと言えば、自分のくしゃみに驚いて泣き出した赤ちゃんをあやしてあげることくらいでしょう。

しかし、病気やアレルギーが原因でくしゃみが出ていることもあり、「たかがくしゃみ」と思って放置すると、風邪の症状が悪化したり、アレルギーがひどくなったりするリスクがあります。

風邪

赤ちゃんは、風邪の引き始めにくしゃみをすることがあります。

風邪を放置すると発熱、咳、食欲不振、嘔吐・下痢など様々な症状が現れ、病院を受診させても元気になるまでに時間がかかります。

赤ちゃんがくしゃみをした時点で体温を測り、その他の症状の有無を確認して、風邪の症状があれば早めに受診させることが大切です。

鼻づまり

くしゃみと一緒に鼻水が出るときは、鼻づまりのリスクがあります。

赤ちゃんは鼻呼吸をしている上に鼻腔が狭いため鼻づまりを起こしやすく、くしゃみと鼻水が続くと大人以上に息苦しさを感じてしまいます。

早めに耳鼻科を受診させ、鼻水を吸引してもらいましょう。

また、受診時にくしゃみや鼻水の原因を特定してもらい、必要に応じた治療を受けさせることも大切です。

関連記事

赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?

アレルギー

アレルギーが原因でくしゃみを繰り返している場合、放置すると延々とくしゃみを繰り返し、また、アレルギー反応が連鎖するアレルギーマーチを引き起こすリスクもあります。

赤ちゃんがくしゃみをしたときの室内環境や食事を注意深く確認し、アレルギーの可能性の有無をチェックしてください。

スポンサーリンク

病院受診のタイミング

赤ちゃんがくしゃみをした場合に、様子見をするか病院受診を検討するかについて、見ていきましょう。

経過観察する目安

赤ちゃんの症状がくしゃみのみで、風邪の症状(発熱、咳、鼻水など)がない場合は、家庭で様子を見ることで問題はありません。

ただし、1日中くしゃみをする、3日以上経ってもくしゃみが治まらない場合は注意が必要です。

部屋環境や室温に問題がある可能性を考慮し、室内を掃除する、空気を入れ替える、冷暖房で室温を調節するといった対応をしてあげましょう。

それでも治まらない場合は、病気やアレルギーの可能性があるので受診させてあげましょう。

関連記事

赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安

病院受診を検討する目安

くしゃみ以外に以下の症状が見られる場合は、病院受診を検討します。

  • くしゃみとしたときに、黄色い鼻水が出る
  • 1日中くしゃみをしている(部屋環境を整えても改善しない)
  • くしゃみが3日以上治まらない(部屋環境を整えても改善しない)
  • 発熱している
  • タンがからむ咳をする
  • 鼻がつまって苦しそうに呼吸している
  • 鼻がつまって母乳やミルクが飲めない
  • 鼻がつまって寝付きが悪い

受診するのは小児科?耳鼻科?

くしゃみで病院を受診する場合、基本的にはまず小児科を受診し、必要に応じて耳鼻科を受診するのが一般的です。

ただし、以下のような症状が見られる場合は、耳鼻科から受診してもよいでしょう。

  • くしゃみと鼻づまりが主な症状
  • 耳を痛がっている
  • 耳からウミが出る

まとめ

赤ちゃんがくしゃみをする原因は、鼻の粘膜が敏感、鼻毛が生えていない、アレルギー、感染症、光くしゃみ反射など様々です。

鼻の粘膜の敏感さによるくしゃみが多いですが、風邪やアレルギーなど治療を要することが原因の場合もあるため、赤ちゃんの様子や生活空間を注意深く観察し、必要に応じて受診させてあげることが大切です。