赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?

赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診

「赤ちゃんがくしゃみをした拍子にドロッとした黄色い鼻水が出る。」、「赤ちゃんの鼻水が止まらない。」など、赤ちゃんの鼻水についての悩みは、多くのお父さんお母さんが抱えているものです。

赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べて薄く、ちょっとした刺激や環境の変化に反応して鼻水が出ることがあります。

鼻水は、赤ちゃんの健康状態をチェックするバロメーターであることはよく知られていますが、赤ちゃんの鼻水に関する知識が乏しく「どうすれば良いの?」という人は少なくありません。

また、赤ちゃんは鼻呼吸をしています。

そのため、鼻水が出て鼻がつまると大人以上に息苦しさを感じますし、放置すると中耳炎や副鼻腔炎などの病気になるリスクもあります。

しかし、「鼻水が出ているのに熱はない。」、「赤ちゃんは鼻水をたらしながら元気に遊んでいる。」などの場合、病院を受診させるべきか否か迷うことも多いものです。

この記事では、赤ちゃんの鼻水の原因と鼻水が出たときの対応、病院受診のタイミングについて紹介します。

赤ちゃんの鼻水の原因

まず、赤ちゃんの鼻水の主な原因を確認していきましょう。

鼻水の原因:環境の変化で鼻の粘膜が刺激される

赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べると薄く、些細な刺激でも敏感に反応して腫れたり鼻水が出たりします。

  • 気温の変化(寒い場所から暖かいところへ移動するなど)
  • 湿度の変化
  • 空気の乾燥
  • ホコリっぽい場所で過ごす

鼻水の原因:アレルギー性鼻炎

アレルギーとは、体内に侵入したウイルスや細菌などを防ぐための免疫反応が、花粉や食べ物、ダニ、ホコリなどに対して過剰に起こることをいいます。

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)が体内に入った刺激により、透明でサラサラした鼻水が止まらなくなります。

主なアレルゲンは、花粉、ハウスダスト、動物の毛、ダニ、カビなどです。

関連記事

アレルギーマーチとは?予防と対処は?アトピー、喘息、消化管異常が連鎖?

鼻水の原因:ウィルス感染

ウィルスや細菌が赤ちゃんの体内に入り込むと、粘り気のある黄色い鼻水が出ます。

鼻水が緑色や黄色になるのは、侵入したウィルスと闘った白血球の死がいが混じっているためです。

ウィルス性の風邪に感染していた場合、最初は透明でサラサラした鼻水が出ますが、少しずつ粘り気のある緑色や黄色の鼻水に変わります。

スポンサーリンク

色と症状で見分ける鼻水の原因

赤ちゃんの鼻水の原因は、鼻水の色や症状によって見分けることができます。

無色透明でサラサラの鼻水

赤ちゃんの鼻水が無色透明でサラサラの場合、環境の変化に鼻の粘膜が反応して鼻水が出ている可能性が高いです。

繰り返しになりますが、赤ちゃんの鼻の粘膜はとても敏感で、ちょっとした気温の変化などに反応して鼻水が出ます。

また、動物の毛、花粉、ホコリなどに反応した場合も、動物の毛などを鼻から洗い流すために無色透明でサラサラの鼻水が出ることがあります。

毎日のように鼻水が出続ける場合は、アレルギー性鼻炎の可能性が考えられます。

一方で、風邪の引き始めの場合も同じような鼻水が出るので、鼻水が無色透明でサラサラだからといって安心せず、赤ちゃんの様子を注意深く観察し、風邪の症状が見られたら早めに小児科を受診させてあげることが大切です。

緑色や黄色で粘りがある鼻水

緑色や黄色で粘り気のある鼻水が出た場合、赤ちゃんの体内に細菌やウィルスが入り込んでいます。

細菌やウィルスに感染していない可能性もありますが、感染のリスクは高い状態ですし、鼻水に細菌などの死がいが混ざって緑色や黄色で粘りのある鼻水になると、鼻づまりが起こって赤ちゃんが息苦しさを感じるようになります。

こまめに鼻水をとって鼻づまりを緩和してあげるとともに、鼻づまりに加えて発熱、食欲不振、いつもより元気がない、嘔吐・下痢などがある場合は、小児科や耳鼻科を受診させてあげましょう。

鼻水を放置するリスク

赤ちゃんが鼻水を出していても、「鼻水くらいなら大丈夫だろう。」と思って放置する親が一定数います。

しかし、鼻水を放置することによって赤ちゃんの体調が悪化したり、病気を見逃したりするリスクがあります。

鼻づまり

緑色や黄色で粘り気のある鼻水は、放っておくと鼻の粘膜や皮膚にくっついてかたまり、鼻づまりを起こしてしまいます。

鼻づまりを起こすと呼吸しにくくなり、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、寝付きが悪くなったりします。

なお、無色透明でさらさらした鼻水でも、風邪の初期症状であった場合は、時間の経過とともに色や粘り気が出て鼻づまりの原因となります。

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、鼻の奥の空洞(副鼻腔)にウィルスや細菌が感染して炎症が起こり、鼻水、鼻づまり、頭痛といった症状を引き起こす病気です。

副鼻腔炎を放置してしまうと、中耳炎など、さらに深刻な病気の引き金になるリスクがあります。

副鼻腔炎の主な症状は、以下のとおりです。

  • 黄色の鼻水が止まらなくなる
  • 鼻づまりになり、口で呼吸するようになる
  • 鼻の穴の周りがただれる
  • タンのからんだ咳が出る
  • 微熱が続く

これらの症状が赤ちゃんに見られる場合は、すぐ小児科や耳鼻科を受診させてください。

関連記事

赤ちゃんが咳き込む!咳が止まらない原因は?鼻水吸引で対処できる?

中耳炎

中耳炎とは、鼓膜の奥にある中耳にウィルスや細菌が感染して炎症を起こしたり、液体がたまったりする病気です。

乳児期の赤ちゃんや幼児期の子供がかかりやすい病気で、放置すると難聴になるリスクがあります。

中耳炎の主な症状は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんが耳を気にして触ったり、痛がったりする
  • いつも機嫌が悪くなる
  • 食欲がなくなる
  • 耳からウミが出る
  • 寝付きが悪くなる
  • 発熱する

これらの症状が見られる場合は、すぐ小児科や耳鼻科を受診させる必要があります。

アレルギー性鼻炎

無色透明でさらさらした鼻水であっても、いつまでも鼻水が止まらない場合はアレルギー性鼻炎の可能性があります。

赤ちゃんの生活空間に、アレルギー性鼻炎を引き起こす物質(アレルゲン)があると考えられます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水の対応方法

家庭でできる赤ちゃんの鼻水の対応についても見ておきましょう。

ただし、鼻づまりがひどい場合や、副鼻腔炎などの病気の可能性がある場合は、まず病院を受診させるようにしてください。

鼻水は濡らしたガーゼで拭き取る

タオルでゴシゴシこすると赤ちゃんは痛がりますし、赤くなったりケガをしたりします。

また、ティッシュで拭くと肌にこびりついてしまうことがあります。

濡らしたガーゼで、鼻水が出ているところを叩くようにしてやさしく拭き取ってあげましょう。

吸引器で吸い取る

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりがひどいときは、市販の鼻水吸引機で吸い取ってあげましょう。

ただし、鼻の中に怪我や腫れがある場合は、使用を控えます。

鼻水が取れないとき

ガーゼでも鼻水吸引機でも取れないときは、鼻の付け根部分にあたためたガーゼやタオルを置いてあたため、鼻水が出やすいようにしてあげます。

鼻の下にワセリンを塗る

鼻水と一緒に、肌の保湿に大切な水分や油分まで拭き取ってしまうことがあります。

そのため、鼻水を拭き取った後は、鼻の下にワセリンを塗り、肌荒れや乾燥を予防しましょう。

鼻水で赤ちゃんに病院を受診させるタイミング

鼻水などの症状でも病院受診が必要になる場合があることは、把握しておきましょう。

経過観察する目安

鼻水以外に風邪の症状(発熱、咳、くしゃみなど)がなく、赤ちゃんがご機嫌で食欲旺盛な場合は、一時的に鼻の粘膜が刺激されたことが原因になっている可能性が高いので、家庭で様子を見ましょう。

咳や発熱の症状が出た場合も、熱が38度未満で、赤ちゃんが普段と変わらず元気にしていて食欲もあるのであれば、まずは様子を見てもかまいません。

受診を検討する目安

病院受診を検討するのは、鼻水以外に以下の症状が見られる場合です。

  • 38度以上の発熱がある
  • タンがからむ咳が続いている
  • 鼻がつまって苦しそうに呼吸している(家庭のケアで改善しない)
  • 鼻がつまって母乳やミルクが飲めない
  • 鼻がつまって寝付きが悪い
  • 目が充血している

鼻水が治らない場合

無色透明のさらさらした鼻水がいつまでも止まらない場合、アレルギー性鼻炎の可能性があります。

風邪などの病気ではなく、季節にも関係なく鼻水が続く場合は、アレルギー性鼻炎の可能性を考慮して受診させることをおすすめします。

受診するのは小児科?耳鼻科?

鼻水で病院を受診する場合、基本的にはまず小児科を受診し、必要に応じて耳鼻科を受診するのが一般的です。

ただし、以下の症状が見られる場合は、耳鼻科から受診してもよいでしょう。

  • 症状が鼻水のみ
  • 耳を痛がっている
  • 耳からウミが出る

まとめ

赤ちゃんの鼻水の原因は、環境の変化やウィルス・細菌などの体内への侵入です。

また、鼻水の色や症状から原因を予測することができます。

家庭で対応できる鼻水もありますが、病院受診が望ましいこともあるため、赤ちゃんの様子を慎重に観察し、症状を正しく把握して判断することが大切です。

「鼻水くらい。」と思いがちですが、放置すると想定外に重い症状が現れることがあるため、注意してください。