赤ちゃんの歯ぎしり!乳児期の歯ぎしりの原因、受け口や歯がすり減るリスクは?

赤ちゃん 歯ぎしり

歯ぎしりの主な原因はストレスだと言われています。

「ギシギシ」、「ギチギチ」という独特の不快音に加え、歯や顎へのダメージ、頭痛や肩こりにも繋がる歯ぎしりに悩まされている大人は多いものですが、実は、大人だけではなく、乳児期の赤ちゃんも歯ぎしりをすることがあります。

歯ぎしりの主な原因がストレスと書いたので、「赤ちゃんもストレスで歯ぎしりするの?」と思うかもしれませんが、乳児期の歯ぎしりの原因は大人と同じとは限りません。

どうして赤ちゃんは歯ぎしりするのでしょうか。

赤ちゃんの歯ぎしりの対応と放置した場合のリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、乳児期の赤ちゃんの歯ぎしりの原因、歯ぎしりを始める時期、歯ぎしりに関する不安・疑問、病院を受診させる目安について紹介します。

赤ちゃんが歯ぎしりする原因

「赤ちゃんが歯ぎしり?」と驚く人も多いものですが、実は、赤ちゃんの10~20%が歯ぎしりを経験すると言われており、珍しいことではありません。

赤ちゃんが歯ぎしりする主な原因は、かみ合わせの練習、歯がかゆい、あごの筋肉を鍛えて噛む力を付けていることです。

歯ぎしりの原因:乳歯の噛み合わせを確認している(噛み合わせの練習)

赤ちゃんが歯ぎしりする原因で一番多いのが、噛み合わせの練習です。

「何でも初めてだらけ」の赤ちゃんにとっては、乳歯が生えてくるのも初めての経験です。

乳歯が生え始めて「歯がある生活」に慣れるまでは、無意識に歯を舌で触ってみたり、歯ぎしりして噛み合わせを試したり、歯の形・硬さ・動きなどを確認したりします。

また、歯ぎしりにより、生えてくる乳歯の位置を調節しているという説もあります。

歯ぎしりの原因:歯がかゆい

「赤ちゃんがオモチャなどを噛むのは、歯が生え始めて口の中がむずがゆいから。」と言われることがあります。

特に、歯の生え始める時期はむずがゆさが強くなりやすいため、赤ちゃんは、歯ぎしりすることでむずがゆさを解消しようとします。

こうした歯ぎしりは「歯ぐずり」の一つであり、噛み合わせの練習と同じく多くの赤ちゃんに見られる行動です。

関連記事

歯ぐずりとは?期間はいつから?寝ない、夜泣きの対策は歯がためと歯ブラシ?

顎(あご)の筋肉を鍛え、噛む力を付けようとしている

赤ちゃんの歯ぎしりは、噛む力を鍛えているという指摘もあります。

赤ちゃんは、歯ぎしりを繰り返すことで顎の筋肉を鍛え、噛む力をつけようとしているのです。

離乳食を開始した後は、徐々に水気の多い物から固形物を噛んで食べる練習をするようになりますが、固形物をしっかり噛むことができるように練習しているのです。

赤ちゃんの歯ぎしりはいつから?歯の生え方との関係

通常、赤ちゃんは、上下の乳歯が生え始めた頃から歯ぎしりを始めます。

ここでは、赤ちゃんの歯が生え始める時期と生え方、歯ぎしりの関係について確認します。

なお、赤ちゃんの歯の生える時期には個人差があり、生後3ヶ月頃に前歯が生え出す赤ちゃんもいれば、最初の1本が生え始めたのが1歳を過ぎてからという赤ちゃんもいます。

歯ぎしりの時期も、歯が生える時期や生え方によって変わってくるものなので、あくまで目安と考えてください。

生後6ヶ月頃~

下の前歯2本が先に生え始めます。

この頃から歯ぎしりを始める赤ちゃんもいます。

生後9ヶ月頃~

上の前歯2本が生え始め、上下合わせて4本の歯になります。

多くの赤ちゃんが歯ぎしりを始めるのはこの時期です。

赤ちゃんは、上下の噛み合わせに興味を持ち、歯ぎしりで音を出したり、手で歯を触ったりします。

お父さんお母さんが、「もしかして受け口になっているのでは。」と気になり出すのもこの頃が多いでしょう。

生後11ヶ月頃~1歳

上下の前歯が2本ずつ生えて、上下4本ずつ、合計8本の歯が生える頃です。

歯ぎしりの音も大きくなり、赤ちゃん自身がその音や感触に興味津々。

昼夜関係なく頻繁に歯ぎしりをすることもあります。

関連記事

赤ちゃんの乳歯の生える順番や本数、生え変わりは?先天欠如や虫歯は?

赤ちゃんの歯ぎしりは、いつまで続くの?

赤ちゃんの歯ぎしりは、歯の生え始めに起きることが多く、乳歯の本数が増えるにつれて少なくなる傾向があります。

歯ぎしりが落ち着く時期は、個人差はありますが、生後1歳半~2歳頃が一つの目安になります。

この時期は、乳歯が生えそろい、あごの力も向上するので、歯がすり減るリスクも出てくるからです。

定期的に小児歯科へ行って歯の検診を受けておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

歯ぎしりに対する心配(受け口、歯がすり減る、ストレス)

赤ちゃんの歯ぎしりは噛み合わせ練習などが主な原因であり、生後2歳までの歯ぎしりについては、基本的に赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすものではありません。

しかし、赤ちゃんが歯ぎしりを繰り返していると、親としてはあれこれ考えて不安になってしまうものです。

以下、赤ちゃんの歯ぎしりについて多くの親が感じている不安と、それに対する答えを紹介します。

乳歯が擦り減るのではないか

乳児期の赤ちゃんの顎の力が大人に比べて弱い上、乳歯の本数が永久歯に比べて少ない(乳歯が上下で20本、永久歯が上下で32本)ため、歯ぎしりによって歯が擦り減ったり、歯並びに影響が出たりすることはほとんどありません。

ただし、まったく擦り減らないわけではないので、歯ぎしりのせいで擦り減っているかもしれないと心配になった場合は、小児歯科に相談してください。

受け口のリスク

歯ぎしりをするには、上下の歯を擦り合わせるために下あごを突き出さなくてはなりません。

そのため、受け口になるのではないかという心配をする親が多いものです。

確かに歯ぎしりをしている間は受け口のようになりますが、基本的には一時的なもので、恒常的に受け口になってしまうことはほとんどありません。

生後3歳前後からの歯ぎしりはストレスが原因?

歯が生え揃った後の歯ぎしりは、大人の場合と同じくストレスが原因になっている可能性があります。

例えば、幼稚園や保育園への入園、引っ越し、下の子が生まれたときなど、環境の変化がストレスになって歯ぎしりが始まる子どもは珍しくありません。

子どものストレスの多くは、親子関係や環境の変化によるものなので、親がスキンシップやコミュニケーションを積極的に取り、子どもの様子を注意深く観察して対応してあげることが大切です。

歯ぎしりがどれくらい続いたら病院に行くべき?

生後3歳以降も歯ぎしりが続くようなら、ストレス性の可能性を考慮し、一度、病院に相談してください。

スポンサーリンク

歯ぎしりを軽減させるには?

歯ぎしりが成長段階での生理現象だと頭では分かっていても、どうしても気になってしまうこともあるでしょう。

歯ぎしりを無理に止める必要はありませんが、気になる場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 歯がためを与えてみる
  • 他のことに興味を示すよう誘導してみる
  • 一度小児歯科で相談してみる

歯がためには、硬さや形などの異なる商品が多数あるので、赤ちゃんに合うものを探してみましょう。

いくつかの歯固めを購入し、飽きさせないように使いまわすのもおすすめです。

また、歯ぎしりを心配しすぎてストレスになるようなら、早めに小児歯科の受診や地域の保健婦などに相談してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

歯ぎしりの原因は紙合わせの練習などで、赤ちゃんの成長に悪影響を与えるものではありません。

受け口になったり、歯が擦り減ったりするリスクもほとんどないため、基本的には温かく見守ってあげましょう。

子どもの成長に個人差や個性はつきものです。

後になって振り返ると、「心配するほどのことではなかった。」と、笑い話になることがたくさんあります。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を楽しみながらゆっくり見守っていけるようにしましょう。

なお、生後2歳以降の歯ぎしりについては、ストレスが原因となっている可能性があるため、一度、小児科に相談してください。