赤ちゃんが頭にすごい汗をかく原因と対策は?臭いのは病気?

赤ちゃん 頭 汗 くさい 対策

赤ちゃんが頭にすごい汗をかいているのを見たことはありませんか。

赤ちゃんは、頭にすごい量の汗をかきます。

手足が冷たく、身体も汗をかいていないのに、頭だけ汗でぐっしょり濡れているというのは、よくあることです。

また、いつもはとても良いにおいがするのに、汗をかいているときだけ異様に臭いこともあります。

どうして赤ちゃんは頭によく汗をかいたり、頭が臭くなったりするのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんが頭にすごい汗をかく原因と対策、赤ちゃんの頭が臭くなる原因と対策について紹介します。

赤ちゃんが頭に汗をかく原因

赤ちゃんが頭にばかりたくさん汗をかく原因は、大きく2つあります。

  • 汗腺が未熟
  • 体温調節が未熟

汗腺とは、汗を分泌する腺のことです。

赤ちゃんの身体には大人と同じ数の汗腺がありますが、一つひとつの汗腺が小さく、また、気温などに応じて汗を分泌する機能も大人に比べると未熟なので、上手に汗をかくことができません。

一方で、体温が上がると、血流を強めて体内の熱を体外へ放出することで体温を下げることにより、体温調節機能の未熟さをカバーするようになっています。

体温を下げるために血流が強くなると、体温が高く設定されている頭や体幹は特に皮膚血流量が増えて、手足に比べると皮膚温が高くなり、その結果、頭に大量の汗をかきます。

赤ちゃんの汗の量は大人以上?

なお、「赤ちゃんは大人以上に汗をかく」と思っている人は多いものです。

しかし、赤ちゃんが大量の汗をかいているように見えるのは、大人に比べて対表面積が小さく観戦が密集していることによって汗が溜まりやすく、布団などの一部を湿らせてしまうためです。

たくさん汗をかくのは事実ですが、実際に汗をかく量は大人ほどではありません。

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭に汗をかいたときの対策

頭でも他の部位でも、赤ちゃんがたくさん汗をかいていたら、まずは発熱を疑います。

発熱がなくても、頭の汗を放置するとあせもやにおいの原因になりますし、汗をたくさんかくと体内の水分量が減って脱水症状を起こすリスクもあるので、状況に応じた対応が必要になります。

赤ちゃんが頭に汗をかいたときの対策は、以下のとおりです。

体温を測る

まずは、発熱を疑って赤ちゃんの体温を測ります。

赤ちゃんの平熱は、36.5度~37.5度なので、この範囲内であれば発熱の心配はありません。

37.5度以上であれば発熱しているので、小児科を受診させてあげましょう。

なお、発熱がなくても、大量の汗と同時に以下の症状が見られる場合は、発熱以外の体調不良の可能性があるため、小児科を受診させることを検討してください。

  • ご機嫌が悪い
  • 抱っこしてもあやしてもグズリ泣きを続ける
  • 食欲がない
  • 顔色が悪く、いつもより元気がない
  • 手足の震えがある

関連記事

新生児の体温の正常値(平熱)と高い・低いは?首筋での測り方は?毎日測る?

室内を適温に保つ

熱がなく、大量の汗以外に異常もなかった場合、赤ちゃんが過ごしやすい室内環境を整えることを考えます。

体温調節機能が未熟な赤ちゃんの体温は周囲の気温の変化に影響されやすいため、室温を適切に保つことが重要になります。

赤ちゃんが快適な室温は季節によって異なります。

25℃前後
25~27℃
25℃前後
23℃前後

上記の室温はあくまで目安であり、赤ちゃんの様子や周囲の気温を踏まえてこまめに調節してあげましょう。

また、大人が快適な室温は必ずしも赤ちゃんにとって快適とは限らず、大人が快適なように室温を調節すると、赤ちゃんには寒すぎたり暑すぎたりする可能性があるので注意してください。

特に、暑がりのパパが快適な室温は赤ちゃんにとって寒すぎ、寒がりのママが快適な室温は赤ちゃんにとって暑すぎることが多いものです。

また、エアコンや扇風機の風邪が直に当たるところに赤ちゃんを寝かせず、暑くても肌着は着せておくなどといったことにも配慮が必要です。

秋から冬にかけては、床暖房の上に直に赤ちゃんを寝かせないこと、扇風機やサーキュレーターで空気の流れを作って暖かい空気が赤ちゃんのところへ来るようにすることも大切です。

濡らしたガーゼやタオルで汗を拭きとる

大量の汗を放置すると、あせもや臭いの原因になります。

赤ちゃんが頭に汗をかいているのを見つけたら、濡らしたガーゼやタオルでこまめに拭きとってあげましょう。

乾いたままだと十分に拭きとれませんし、デリケートな赤ちゃんの頭皮を痛めてしまう可能性があるので、必ず濡らしてください。

頭の下にタオルやガーゼを敷く

赤ちゃんが寝ているときに頭を拭くと、その刺激で目覚めてしまうことがありますし、泣くとさらに汗をかいてしまいます。

赤ちゃんが寝ているときは、タオルやガーゼを頭の下に敷いておくと自然に汗を吸い取ってくれます。

敏感な赤ちゃんの場合、寝た後にタオルなどを敷こうとすると目を覚ましてしまうので、あらかじめ枕の上に敷いておきましょう。

関連記事

背中スイッチとは?対策は?いつからいつまで続く?お腹スイッチとは?

頭を冷やす

濡らしたガーゼやアイスノンで頭を冷やすと、汗をかきにくくなります。

ただし、赤ちゃんが頭に汗をかくのは体温調節のためなので、いつも頭を冷やしていると、かえって体調を崩してしまうリスクがあります。

赤ちゃんが大量の汗をかき、厚さでグッタリしているような場合に限って頭を冷やすようにしてください。

赤ちゃんの頭が臭い原因

続いて、赤ちゃんの頭が臭い原因と対策についても見ていきましょう。

赤ちゃんの頭が臭いのは、頭にたくさん汗をかくことや湿疹が影響しています。

頭皮に汗をかいている

赤ちゃんの頭が臭い原因で一番多いのは、頭皮に汗をかいたまま放置していることです。

すでに書いたとおり、赤ちゃんは他の部位よりも頭にたくさんの汗をかきます。

汗をかいたまま放置してしまうと、それが臭いの原因になるのです。

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは、赤ちゃんの頭皮にフケ状やカサブタ状の湿疹ができた状態です。

乳児脂漏性湿疹は、過剰に分泌された皮脂が毛穴などにたまることで生じることが多く、放置すると強い臭いの原因になります。

カサブタ状の湿疹を爪で引っかいて取ってしまうことにより、頭皮が傷ついてばい菌が入り込んだり、患部が膿んだりして強い臭いを発するようになることもあります。

赤ちゃんの頭が臭いときの対策

赤ちゃんの頭が臭いときの対策を確認していきます。

こまめに汗を拭き取る

こまめに汗を拭き取ることにより、頭の臭いを予防することができます。

頭皮を傷めないよう、濡らしたガーゼやタオルを使用してください。

シャンプーで頭を洗う

水洗いだけでは汗や雑菌が頭に残ることがあるので、赤ちゃん用のシャンプーを使って頭を洗ってあげましょう。

また、シャンプーが頭に残らないよう丹念に洗い流すことも大切です。

クリームやローションで保湿する

臭いを予防するには頭皮のケアも重要です。

入浴後にベビーローションなどを使って保湿することで、臭いを予防することができます。

頭皮をしっかり乾かす

頭皮が生乾きの状態も臭いを生じさせたり、湿疹ができたりする原因となります。

濡れタオルなどで頭を拭いたり入浴させたりした後は、しっかり頭皮を乾かしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連記事

乳児脂漏性湿疹(皮膚炎)の原因は?顔や頭皮の黄色い汁・湿疹の治し方は?

まとめ

赤ちゃんは、体温調節のために頭にたくさん汗をかきます。

赤ちゃんが頭に汗をかいていたら、まずは発熱の可能性を考慮して熱を測り、熱がなければ室温を調節したり、頭皮のケアをしたりしてあげましょう。

また、赤ちゃんの頭の臭いの主な原因は汗や湿疹で、いずれも頭皮のケアが重要なので、汗をかいているときや入浴後などにこまめにケアしてあげてください。