赤ちゃんのお座りはいつから?おすわりしない、できない、遅い時の練習は?

赤ちゃん お座り いつから お座りしない

赤ちゃんは、自分の手足を動かすこともままならない状態で生まれますが、日を追うごとにできることが増えていきます。

ついこの間まで寝てばかりだと思っていたら寝返りをはじめ、気がつくと起き上がって座ろうとし始めます。

お座りは、赤ちゃんが寝転んだ状態の二次元の世界から、三次元の世界へと興味関心の対象を移していく入り口になる動作です。

この記事では、赤ちゃんのお座りの概要、始める時期、お座りしない、できない、遅い場合の練習方法について紹介します。

赤ちゃんのお座りとは

赤ちゃん お座り

お座りとは、赤ちゃんが背筋をまっすぐ伸ばし、周囲の支えがなくても安定して座っていられる状態のことです。

ある日突然できるようになるのではなく、足腰や背中などの筋肉、骨、神経などが発達することにより、少しずつお座りできるようになっていきます。

お座りができるということは、赤ちゃんの腰やおしり、内ももの筋肉が発達し、骨盤をしっかり支えて身体のバランスをとれるようになった証です。

そのため、お座りは、首すわり、寝返りなどと同じく、赤ちゃんの運動機能の発達を見る上で大切な指標とされており、乳幼児健診の検査項目の一つになっています。

赤ちゃんの運動機能の発達は、頭に近いところから遠いところへ

赤ちゃんは、まず目で物を追えるようになります。

それから、首が動かせるようになり、首すわりが完成します。

首がすわると、頭を上下左右に動かして周囲の様子を確認し、興味を持った対象に手を伸ばして掴むようになります。

また、寝返りを覚えて平面移動ができるようになると、興味を持った対象まで自力で移動し、掴んだり触ったりするようになります。

そして、お座りを覚えて三次元の世界を体感し、興味関心の対象が一気に広がりを見せます。

お座りと同時期にはズリバイやハイハイが始まり、その後、つかまり立ち、伝い歩きと続いていきます。

このように、赤ちゃんの運動機能は、頭や首など頭に近いところから手、腰、足など頭から遠いところへ向かって発達します。

また、身体の一部分だけを使う動作から、身体全体を連動させる複雑な動作を覚えていきます。

関連記事

赤ちゃんの首すわりはいつから?首がすわる確認・判断基準と遅い時の練習法

発達は、順番どおりとは限らない

育児関連のサイトや書籍を読むと、赤ちゃんの運動機能の発達について、首がすわる、寝返りをうつ、お座りする、ズリバイする、ハイハイなどを覚える順序があるかのように書かれています。

確かに、赤ちゃんの運動機能は頭から足へ発達するもので、統計上、多くの赤ちゃんが各動作を覚える順序は明らかにされています。

しかし、赤ちゃんの発達は、遺伝、居住環境、怪我、食事、周囲の関わりなど様々な要因によって影響を受けるので、必ずしも他の赤ちゃんと同じ順序で動作を覚えるとは限りません。

例えば、寝返りの前にお座りする赤ちゃんもいれば、ハイハイを始めてからお座りする赤ちゃんもいますが、それが当たり前なのです。

発達の仕方は、性格、体格、リズム感などと同じで赤ちゃんの個性です。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお座りはいつから

赤ちゃん お座り 時期 いつから

赤ちゃんのお座りが安定する標準的な時期は、生後7ヶ月から生後8ヶ月頃です。

赤ちゃんは、生後5~6ヶ月頃からお座りに興味を持ち始め、親に「お座りさせて」とおねだりしたり、自力で壁に寄りかかるなどしてお座りにチャレンジしたりしたりするようになります。

生後7~8ヶ月頃には腰すわりが完成し、両足を前に投げ出した状態で背筋を伸ばし、両手を床についていなくてもお座りの状態を維持できるようになり、生後9ヶ月頃には、振り返ったり身体の向きを変えたりできるようになっていきます。

お座りができるまでの経緯を整理すると、以下のとおりです。

  • 生後5ヶ月頃:うつぶせの状態から背中を丸め、両手を床につけてグググッと身体を持ち上げる(お座りに興味を持ち始める)
  • 生後6ヶ月頃:両手を床につけて身体を支え、背筋を伸ばした状態を少しの間だけ維持していられるようになる
  • 生後7ヶ月頃:腰が安定し、背中を丸めなくても身体を支えていられるようになる
  • 生後8ヶ月頃:両手を床から離しても、身体のバランスをとってお座りしていられるようになる(腰すわりの完成)
  • 生後9ヶ月頃:お座りした状態で身体を左右に揺らしたり曲げたりできるようになる

赤ちゃんの成長発達は個人差が大きく、月齢はあくまで目安なので、多少遅れてても問題はありません。

一方で、低月齢のうちからお座りを始めると、赤ちゃんの身体に負担がかかり、身体が歪むなど成長発達に悪影響が及ぶリスクがあります。

生後3ヶ月頃

生後3ヶ月頃は、首がすわり始める赤ちゃんが多くなる時期ですが、この時期からお座りしたがる赤ちゃんがいます。

高い視線に興味を持っている、親が座っているのを見て真似をしたがっているなどの理由が考えられます。

しかし、生後3ヶ月頃は首すわりが完成しておらず、筋肉や運動機能もお座りに耐えられるだけの発達をしていません。

そのため、赤ちゃんの身体を支えてお座りの姿勢をとらせると、上半身がフラフラと揺れてすぐ姿勢が崩れます。

赤ちゃんは、本能的に両手を床についてバランスをとろうとしますが、体重を支えられるほど腕の筋肉が発達していないので倒れ込んでしまいます。

赤ちゃんにお座りの姿勢をとらせる場合は、必ず親がそばで見守り、赤ちゃんが倒れないよう両脇をしっかり支えておく必要があります。

関連記事

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?3ヶ月健診は?

早いお座りはデメリットの方が大きい

早くお座りすることのメリットは、特にありません。

強いて言えばお座りの姿勢に早く慣れることですが、早く慣れることのメリットもありません。

一方で、無理にお座りをさせると、赤ちゃんの骨、筋肉、神経などが傷ついて成長発達に悪影響を及ぼすリスクがあります。

親としては、「早くお座りさせたい。」と思うかもしれませんが、無理にお座りさせることは控えてください。

生後4ヶ月から生後5ヶ月頃

生後4ヶ月から生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、布団やソファに座らせると、両手を地面につけてバランスをとり、ほんの少しであれば、お座りの姿勢を維持できるようになります。

しかし、頭も体もフラフラしていて不安定で、周囲の支えがないとすぐにコロンと倒れてしまうので、周囲の支えが必要です。

関連記事

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜中に起きる?

生後6ヶ月頃

生後6ヶ月頃になると、短い時間であれば一人でお座りしていられる赤ちゃんが増えてきます。

しかし、長い時間のお座りは無理ですし、身体に負担もかかります。

両手をついたり、背中を丸めたりして身体のバランスをとろうとしますが、バランスを崩して前後左右に転んでしまいます。

生後6ヶ月頃のお座りのポイントは、「短時間であっても、両手を使って体を支えていられるかどうか。」です。

関連記事

生後6ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?発熱がひどい?

生後7ヶ月頃

周囲の支えがなくても、背中を伸ばした状態でバランスをとり、お座りの姿勢を保てるようになるのは、生後7ヶ月頃からです。

余裕を持ってお座りの姿勢を維持できるようになり、キョロキョロと周囲を眺めるようになる赤ちゃんもいます。

生後7ヶ月頃のお座りのポイントは、「背中を丸めなくても身体を支えていられるかどうか。」です。

関連記事

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜泣きで寝ない?

事故が多い時期でもある

一見、赤ちゃんのお座りが完成したように見えるので、赤ちゃんから目を逸らすなど親として必要な気配りを怠りがちな時期です。

「赤ちゃんがお座りしている最中に席を外し、戻ると赤ちゃんが机の角に頭をぶつけていた。」、「ちょっと目を離したすきにバランスを崩し、頭から床に落ちた。」などのケースは後を絶ちません。

赤ちゃんは、大人に比べると運動機能が極めて未熟な上、自分の行動が危険かどうかの判断もできません。

そのため、絶えず周囲がサポートし、安心安全な環境を整えてやる必要があることを忘れないでください。

生後8ヶ月頃

背筋が伸び、お座りの姿勢が様になってきて、腰すわりが完成する(お座りが完成する)のが生後8ヶ月頃です。

お座り姿勢のまま、近くの物を掴んだり体をひねったりする赤ちゃんや、寝ている状態から自分でお座りできる赤ちゃんも出てきます。

生後8ヶ月ころのお座りのポイントは、「両手をつかなくてもお座りしていられるかどうか」です。

関連記事

生後8ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?離乳食は?

赤ちゃんのお座りの練習

赤ちゃん お座り しない 練習

赤ちゃんがお座りしない、お座りできない、お座りが遅い場合、お座りの練習をさせる家庭もあるでしょう。

しかし、赤ちゃんの身体や運動機能がお座りできるレベルまで発達していない場合、無理にお座りさせると身体を痛めてしまうリスクがあるので、くれぐれも無理をさせないようにしてください。

お座りを練習させる時のポイントは、以下のとおりです。

  • 生後6ヶ月を過ぎてから始める
  • 周囲の安全を確保する
  • 赤ちゃんの両わきを後ろから抱え、お尻を太ももにつける
  • 倒れないようにする

生後6ヶ月を過ぎてから始める

骨、筋肉、神経などがお座りできるレベルまで発達する標準的な時期は、生後6ヶ月頃です。

ただし、個人差が大きいので、赤ちゃんの様子を見ながら慎重に判断してください。

また、生後6ヶ月以前にお座りの練習をさせると身体への負担が大きく、その後の発達に悪影響を及ぼす危険性があるので、控えてください。

周囲の安全を確保する

赤ちゃんは、お座りに慣れないうちはすぐに倒れてしまうので、赤ちゃんがぶつかると危険な物は、あらかじめ除けておきましょう。

地面や床に座らせる場合は、赤ちゃんの近くにマクラやクッションを敷くとより安全です。

赤ちゃんの両脇を後ろから抱え、お尻を太ももにつける

お座りの練習をさせるときは、まず、赤ちゃんの両脇を後ろから抱え、お父さんお母さんの太ももに座らせるようにします。

慣れてくれば床や布団に座らせても構いませんが、最初は、赤ちゃんが安心できる人の太ももに座らせてやり、おすわりの姿勢に安心感を与えてあげることが大切です。

倒れないように支える

赤ちゃんは、お座りに慣れないうちは、お父さんお母さんの支えがないと、横にコロンと倒れたり、前かがみになってグニャッと折れ曲がるように倒れたりしてしまいます。

両脇をしっかり支え、赤ちゃんが自分でおすわりできるようになった後も、しばらくは倒れたときに支えられるよう気をつけておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんは、生後5~6ヶ月頃にお座りに興味を持ち始め、2.3ヶ月間かけて練習を繰り返しながらお座りを身につけます。

親としては早い時期にお座りを覚えてほしいと思い、低月齢のうちから練習させたいと思うかもしれませんが、身体への負担が大きいので注意してください。

お座りは、赤ちゃんが成長発達の過程で自然に覚えていくものなので、基本的には温かく見守ってあげるようにしましょう。

うちの場合

生後3ヶ月くらいから、おすわりに興味を持つようになりました。

妻や私が膝に座らせると、フラフラしながら両手で体を支えようとしていましたが、見ていてかなり不安定で、両脇を支える手を離してみようとはとても思えない状態でした。

生後5ヶ月ころになると、ほんの一瞬であれば手を離せるようになりましたが、まだまだ危なっかしく、お座りするときは必ずそばにいました。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る