閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

妊娠3ヶ月(妊娠8週、9週、10週、11週)頃は、お腹の中では赤ちゃんがすくすく成長して「胎児」と呼ばれる状態になります。一方で、つわりの症状が重くなりやすく、多くの女性にとって妊娠前半で最もしんどい時期です。では、妊娠3ヶ…

妊娠2ヶ月(妊娠4週、5週、6週、7週)は、生理の遅れ、身体の変化、妊娠初期症状によって妊娠に気づく時期です。妊娠検査薬で妊娠が確認できるのも、超音波検査(エコー検査)で赤ちゃんが確認できるようになるのも妊娠2ヶ月頃です。妊…

妊娠超初期は、まだ妊娠したことが分かる前の時期ですが、基礎体温の変化やつわりに似た症状が現れることがあります。また、女性の体内では妊娠が成立しているため、母子の健康に配慮した生活を送ることを心がけることが大切になります。では…

最近は、晩婚化の進行や生活習慣の変化といった要因から、不妊症に悩む人が増加傾向にあります。赤ちゃんを望む夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるという統計結果もあり、婚姻していない男女を含めると相当数の人が不妊症に悩んでいると考えられ…

妊娠や出産にはたくさんのお金がかかります。日本では、少子化対策として妊娠・出産に対する助成・補助が整備されていますが、それでも負担が0になることはほとんどありません。また、原則、正常な妊娠・出産には健康保険(医療保険)が適用…

母子手帳は、妊娠中にもらい、赤ちゃんが生まれてから就学前後まで使う、乳幼児期の子育て必須アイテムの一つです。妊娠出産を経験した女性なら、赤ちゃん1人につき1冊の母子手帳を持っているもので、子育ての記録として大切に保管している人も多い…

妊娠中の過ごし方は、母子の健康や赤ちゃんの成長に大きく影響します。妊婦健診を受けると、産婦人科の医師や看護師から食事や睡眠、体重などについて細かく指導を受けますが、それだけ妊娠中の過ごし方が重要だからです。しかし、妊婦健診で…

女性は、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、身体や体質が妊娠前とは大きく変わります。それに伴って吐き気や嘔吐、慢性的な倦怠感や眠気、腰痛、便秘や頻尿など様々な症状に襲われ、大きな負担を感じることになります。しかし、そうした…

女性の身体は、妊娠する前と妊娠した後で大きく変化します。ホルモン分泌量の増加やそれに伴う妊娠期間特有の身体の不調や体質の変化など、知らないと戸惑うことがたくさんあるので、妊娠前にきちんと把握しておくことが大切です。このページ…

妊娠後に待っている「しんどいこと」の代表的なものが「つわり」です。つわりは、ほとんどの妊婦にとって避けて通ることができないもので、妊娠から数ヶ月間は様々な症状と付き合うことになります。つわりは、いつから始まっていつまで続き、…

妊娠すると、定期的に産婦人科で妊婦健診(妊婦健康診査)を受け、母子の状態を確認することになります。初めて妊娠した女性の多くは、妊婦健診に不安や心配を抱きますが、中でも、妊婦健診で行われる内診に対する不安はとても大きいものです。…

妊婦は、自分の体調だけでなく、お腹の中の赤ちゃんの健康のことも意識した生活を送ることになります。生活リズム、食事、睡眠、禁酒禁煙など気をつけたいことはたくさんありますが、中でも感染症には注意が必要です。妊婦が感染症になると、…

妊娠すると、定期的に産婦人科に通って妊婦健診を受け、お母さんや赤ちゃんの状態を教えてもらったり、妊娠や出産に関する不安や悩みを相談したりすることになります。しかし、初めて妊娠したお母さんの中には、「妊婦健診ってどこで受けるのが良いの…

妊娠すると、腹痛、胸の張り、おりものの変化、倦怠感(だるさ)、眠気など、心身に色々な変化が現れることがあります。いわゆる妊娠の初期症状です。妊娠初期症状は、妊娠を知るきっかけになるもので、時期や程度の差はあるものの多くの女性…

「妊娠したら、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えないよう生活態度を改める。」と考えている人はたくさんいます。しかし、不健康な生活を送ってきた人が、妊娠と同時に急に生活を改善させるのは簡単なことではありません。仮に改善できたとし…

生まれてくる赤ちゃんの健康を考えて、妊娠後に病気の検査を受けるお母さんは多いものです。しかし、赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある病気や障害を抱えている場合、妊娠後に対応しても手遅れなことがあります。そのため、妊娠した場…

赤ちゃんが泣いたりぐずったりした時はどのように対応していますか?一昔前なら「抱っこしてあやす」、「母乳を飲ませる」、「外気に当たらせる」、「テレビを見せる」、「音楽を聴かせる」といった答えが返ってきました。しかし最近は、「y…

引っ越しする場合、転出届や転入届、郵便物の転送届、運転免許証の登録住所変更などの手続きを行う必要があります。赤ちゃんのいる家族が引っ越しする場合は、単身もしくは夫婦のみの引っ越しで行う手続きに加え、赤ちゃん関係の手続を忘れず行う必要…

引っ越しは、夫婦だけでも何かと手間やストレスがかかりますが、赤ちゃん連れとなるとさらに負担が増えるものです。荷造り中の世話、引っ越し業者との交渉中に赤ちゃんが泣きだした時の対応、引っ越し先までの移動、児童手当や医療証といった赤ちゃん…

赤ちゃんは、胎内にいる間は、胎盤を通して酸素や栄養を摂取できていましたが、生まれた後は、自力で呼吸して酸素を取り入れ、授乳や食事によって栄養を摂取する必要に迫られます。生まれたての頃は、生まれつき備わっている原始反射によって本能的に…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る