閉じる
  1. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

初誕生とは?初誕生日は一升餅でお祝いする?内祝いの金額は?

初誕生 誕生日 内祝い

初誕生は、赤ちゃんが無事に満1歳を迎えたことをお祝いする行事です。

要するに「赤ちゃんの初めての誕生日を祝う行事」で、現代においては珍しくも何ともありませんが、昔の日本(元旦を迎えるたびに年齢を1歳加算して(数え年)年齢を数、毎年の誕生日を祝う習慣がなかった昔の日本においては、赤ちゃんの満1歳の誕生を祝うことには特別なことでした。

何のために初誕生を行っていたのでしょうか?

また、初誕生をどのように祝い、現代にはどのように受け継がれているのでしょうか?

このページでは、初誕生の祝い方や内祝いについて紹介します。

初誕生とは

初誕生とは、赤ちゃんが満1歳を迎えたことを祝う行事です。

昔は、十分な栄養を得られるだけの食料が手に入りにくく、医療も発達していなかったため、赤ちゃんが満1歳まで生きていることはとても難しいことでした。

そのため、赤ちゃんが満1歳まで生きていることは、その家族にとっては何事にも代えがたいくらい喜ばしいことであり、初誕生として盛大にお祝いをしていたのです。

初誕生と誕生日祝いの違い

初誕生が、日本で昔から行われてきたお祝い行事であるのに対して、毎年の誕生日を祝う習慣は欧米から持ち込まれたものです。

同じ日にお祝いするため区別されることはあまりありませんが、異なるルーツを持つ別のお祝い行事です。

現在は、多くの家庭が両者を区別せず「赤ちゃんの満1歳の誕生日」としてお祝いしていますが、地域によっては昔ながらの初誕生の儀式を続けているところもあります。

スポンサーリンク

初誕生の祝い方

初誕生では、男の子の場合は餅をつき、女の子の場合は赤飯をたいて、家族や親戚を家に招いて祝い膳を囲みながら赤ちゃんが満1歳を迎えたことをお祝いします。

初誕生と一升餅

初誕生に欠かせないアイテムが「一升餅(いっしょうもち)」です。

初誕生で一升餅を使うのは、「人の一生」と「餅の一升」をかけて、「丸く(円満に)長生きできるように」という意味を込めていると考えられています。

各地域によって、一升餅、餅踏み、背負い餅、立ち餅、転ばせ餅など、赤ちゃんの健やかな成長や長生きを願って一升餅を使ったイベントが行われます。

中でも、多くの地域で行われているのが、餅を背負わせる「背負い餅」と、餅を踏む「餅踏み」です。

背負い餅・背負わせ餅

背負い餅とは、赤ちゃんに一升餅を背負わせる行事です。

地域によって、「餅負い」や「転ばせ餅」と呼ぶところもあります。

背負い餅には、餅を背負った赤ちゃんが転ぶとめでたいと考える場合と、上手に歩けるとめでたいと考える場合があります。

昔は、初誕生の頃に一人歩きを始める赤ちゃんは、将来、早く家を離れる(代々家を継ぐのが当たり前の時代においては悪いこと)と言われていたため、一升餅を背負わせて転ばせる(家を離れないようにする)ことが良しとされていたのです。

一方で、赤ちゃんが一升餅を背負って歩けるとめでたいと考えるのは、「地に足をつけて自分の力で前に進むことができる」と考えられるためです。

なお、一升餅を背負って歩けるのが良いとされる地域の中には、初誕生の頃に一人歩きを始めていない赤ちゃんに対して、一升餅で腰辺りを叩く真似をするところもあります。

餅踏み

餅踏みとは、名前のとおり餅を踏むことです。

地域によっては、「立ち餅」、「踏み餅」と呼ぶこともあります。

「地に足をつけて生活できるように。」という願いを込めて、満1歳を迎えた赤ちゃんを大きな餅の上に乗せ、足で餅を踏ませます。

草鞋(わらじ)を履かせるところもあれば、素足で餅を踏ませるところもあります。

選び取りの儀式

選び取りの儀式とは、満1歳の赤ちゃんの前に特定の物を置き、赤ちゃんが最初に掴んだ物で将来を占う儀式です。

男の子の場合は、筆(文才)、そろばん(商才)、本(文才)、物差し(職人の才能)などを置き、女の子の場合は、物差し(職人の才能)、糸巻き(職人の才能)、筆(文才)、はさみ(職人の才能)などを置くのが古くからの習わしです。

ただし、赤ちゃんの前に置く物についての明確な決まりはなく、子どもが興味関心を持っている物や、有名な職業に関する物などを置く親もいます。

スポンサーリンク

内祝いの送り方・金額

初誕生のお祝いとして、内祝いを送る習慣があります。

内祝いの相場は、5000円から1万円程度が一般的です。

現金は、「のし付き、紅白、蝶結びの祝儀袋」に入れて渡しましょう。

表書きは、上の段に「初誕生祝」、下の段に内祝いを送る人の氏(苗字)を書き入れます。

おもちゃなどの現物を送ったり、現金と現物の両方を送ったりすることもありますが、その場合でも相場の金額を意識しておきましょう。

内祝いのお返しは必要?

原則、内祝いのお返しは不要です。

初誕生に欠席した人から内祝いをもらった場合は、もらった金額の1/3程度の品物をお返しとして送ります。

使用するのし紙は、紅白の蝶結びで、上の段に「内祝」、下の段に赤ちゃんの名前を書き入れます。

現在の初誕生

現在、地域によっては毎年の誕生日祝いとは別に初誕生を祝っているところもありますが、その数は年々減少傾向にあります。

伝統行事への関心の低下、初誕生のやり方を知る人の減少、家庭や仕事の予定の多さなど原因はいろいろと考えられますが、初誕生のみを行うところは確実に減っています。

一方で、毎年の誕生日祝いの中に一升餅や選び取りの儀式を盛り込むなど、従前とは異なるかたちで初誕生を祝う家庭もあります。

スポンサーリンク

まとめ

初誕生は、毎年の誕生日祝いとは異なる赤ちゃんのお祝い行事です。

最近は、初誕生と誕生日祝いを一緒にする家庭が増えており、初誕生を単独で行う家庭はあまり見かけなくなりました。

しかし、昔から続く伝統ある赤ちゃんのお祝い行事なので、行うか否かを夫婦で検討してみたり、毎年の誕生日祝いの中に初誕生の要素を盛り込んでみたりしてみてはどうでしょうか。

ページ上部へ戻る