閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  6. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違いは?

両親学級 内容 目的 いつ頃 参加

初めての出産を控えた夫婦は、赤ちゃんとの生活に期待を抱く反面、不安や心配も抱えていることが多いものです。

例えば、「授乳やおむつ交換、沐浴ってどうやるんだろう?」、「そもそも赤ちゃんってどうやって抱っこするんだろう?」など育児の基礎中の基礎でも、不安や心配の原因となっていることがあります。

両親学級は、夫婦の抱える不安や心配を払しょくし、出産や育児に関する正しい知識を付与するために開催される場です。

では、いつ頃開催され、具体的に何を学習できるのでしょうか?

この記事では、両親学級の目的、実施主体、参加時期、具体的な内容、行かなかった場合のことについて紹介します。

スポンサーリンク

両親学級とは

両親学級とは、妊娠、出産、育児に関する正しい知識や技術を学ぶために、出産を控えた夫婦が一緒に参加する場です。

両親学級は、地域によっては両親教室や両親学校と呼ばれています。

また、妊娠中の女性が参加する母親学級(母親学校)と区別して、父親学級や父親教室などと呼ばれることもあります。

 

両親学級の目的

両親学級の目的は、親になる夫婦に妊娠、出産、育児に関する正しい知識や技術を学習させて、夫婦が協力して妊娠生活を送り、赤ちゃんのお世話ができるようにすることです。

しかし、多くの各自治体では、両親学級とは別に「母親になる女性」を対象とした母親学級を開催しています。

このことを踏まえると、両親学級は、「両親」学級という名前が付いており夫婦の「両方」を参加対象としていますが、特に、父親となる「男性」をターゲットとしていることが分かります。

妊娠中の女性の体調や気持ちと接し方、お腹の赤ちゃんの発育、出産の兆候や立ち会い出産、出産後の育児参加のあり方など、男性に「父親になる自覚と、父親としてやっていくための知識」を提供することに重点を置いた学級が多くなっています。

対象が男性のみでは抵抗感を抱く男性が少なからずいることや、夫婦そろって参加することで妊娠や育児について話し合う機会になることなどから、両親学級という名前で開催し、対象を夫婦としているのです。

なお、父親学級(父親学校)を開催している自治体もありますが、参加対象を夫婦としているところが多いものです。

両親学級の実施主体

両親学級の実施主体は、大きく3つあります。

自治体主体の両親学級

一つ目は、住んでいる地域の自治体(市区町村)です。

自治体主催の両親学級は、保健センターや市区双チョン役場などで開催され、基本的に無料で参加できます。

単発開催の地域もありますが、妊娠期間中に数回受講するプログラムが組まれており、回によって参加者が妊娠中の女性や夫婦と決められていることもあります。

出産予定日や住んでいる地域が近い夫婦が集まることが多く、交流や情報交換の場として活用することもできます。

病院主体の両親学級

二つ目は、病院です。

病院主体の両親学級は、出産予定の妊婦やそのパートナーを対象として開催されます。

病院によって参加条件が細かく決められており、両親学級への参加を病院での出産の条件としていたり、男性の立ち会い出産の条件としている病院もあります。

両親学級の内容は病院次第です。

妊婦健診を受診している場合は基本的に無料ですが、特別な知識や技術、器機を要する内容については費用がかかることもあります。

民間主体の両親学級

三つ目は、赤ちゃん用品メーカーや赤ちゃん関連の法人などです。

民間主催の両親学級は、「マタニティセミナー」、「マタニティスクール」などの名称で、実施主体によるイベントとして開催されています。

両親学級時代は基本的に無料ですが、「有料会員限定」、「ポイントカード会員(有料)限定」などと参加対象が限定されていることが多くなっています。

例えば、赤ちゃん本舗(アカチャンホンポ)のマタニティースクールは、ポイントカード会員限定のイベントとして開催されています。

一方で、メーカーの赤ちゃん用品などを使用した育児体験や、試供品の提供など、自治体や病院の両親学級にはないメリットがあります。

両親学校にはいつ頃参加する?

両親学級については、「いつ頃参加すればいいの?」という質問がよく寄せられますが、いつ頃開催されているかは実施主体によって異なります。

そのため、参加を希望する両親学級の実施主体に事前確認する必要があります。

また、いずれも事前申し込みが必要なので、申し込み方法も合わせて確認しておきましょう。

一般的に、自治体主催の両親学級は、「いつ頃」という時期設定がなく、夫婦の都合が良い時に参加することができます。

病院主体の両親学級は、妊娠後期(妊娠8ヶ月~9ヶ月頃)に開催され、妊婦健診受診時に医師と協議して参加する日を決めることが多くなっています。

民間主体の両親学級は、実施主体によって開催時期がまちまちで、ウェブサイトやチラシなどで開催日が告知されているので、それを見て参加申し込みをします。

スポンサーリンク

両親学級の内容

両親学級の一般的な内容は、以下のとおりです。

  • 講義(妊娠中の過ごし方、分娩の流れとその後の過ごし方、おっぱいの手入れの方法など)
  • 実習(男性の妊婦体験、抱っこの仕方の練習、沐浴演習、ベビーカーや抱っこ紐、チャイルドシートの使い方の練習など)
  • グループワーク(妊娠や出産などについてグループで話し合ったり意見を交換したりするなど)
  • 相談(妊娠中の悩み事相談、出産や育児に対する不安の相談など)

両親学級の講義は、妊娠、出産、育児に関する基礎知識が中心ですが、妊婦への接し方や育児参加など男性向けの話題も盛り込まれています。

実習では、赤ちゃんの人形を使った抱っこ練習や沐浴演習、妊婦ジャケットを着用する妊婦体験、各種ベビー用品の使い方の練習などを行います。

また、自治体や病院が主催する両親学級では、プログラム終了後に悩みや不安に対する相談を受け付けているところが多くなっています。

母親学級(母親学校)との違い

母親学級は、女性が妊娠、出産、育児について学習する場です。

母親学級では、当然ながら男性向けの講義や妊婦体験がなく、一方で、体調管理、マイナートラブルへの対応、心のケアなどに多くの時間が割かれています。

男性に積極的なサポートを求める方法についての講義を行っているところもあります。

一般的に、両親学級よりも開催回数が多く、プログラムが豊富で、妊娠週数に応じた母親学級を開催しているところも多いものです。

両親学級に行かなかった場合

病院主催の両親学級は、参加することが出産の条件とされていることが多く、予定された日に行かなかった場合は再度の申込みと参加を求められます。

一方で自治体や民間主体の両親学級は、行かなかったとしてもペナルティはありません。

しかし、妊娠や育児について正しい知識を得る機会を一つ失うことになり、望ましことではありません。

スポンサーリンク

まとめ

両親学級は、夫婦で参加するものですが、特に、男性が妊娠、出産、育児に関する知識を得て、父親としての自覚を持つことを目標としたプログラムになっています。

実施主体によって開催時期や内容に違いはありますが、一般的に、妊娠や育児などの基礎知識の学習や育児の疑似体験ができるようになっており、相談を受けつけてくれるところもあります。

実際に妊娠に伴う身体や心の変化により「母親としての自覚」が芽生える女性に対して、男性は、赤ちゃんが実際に生まれるまで「父親の自覚」が持ちにくく、女性の大変さにも理解が及びにくいと言われています。

両親学級に参加することにより、妊娠中の女性の大変さや「父親の自覚」を持つきっかけになったという男性は多いので、ぜひ一度、参加してみてください。

Facebookページ

ページ上部へ戻る