閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

妊娠中の海外旅行はいつまで?妊婦の海外旅行のリスクと注意点は?

妊婦 妊娠中 海外旅行

妊娠中に海外旅行に行きたいと思う一方で、「妊娠中の海外旅行は、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えない?」、「妊婦でも、海外旅行保険に加入できるの?」と心配する人は少なくありません。

最近は、一昔前に比べると海外旅行がずっと身近になり、妊娠中に海外旅行に出かける女性も増えており、妊婦への配慮をしてくれる航空会社もあります。

しかし、周囲から「妊娠中に海外旅行なんてとんでもない。」と言われると冒頭のような心配を抱きがちですし、場合によっては医師から海外旅行を止められることもあります。

この記事では、妊婦の海外旅行のリスク、海外旅行ができる時期、注意点について紹介します。

スポンサーリンク

妊婦の海外旅行のリスク

妊娠していても海外旅行へ行くことはできますが、妊娠前と比べると、以下のようなリスクがあることを認識しておく必要があります。

  • 飛行機の機内環境
  • 食事の変化
  • 急な体調不良のケア
  • 病気やケガの治療
  • 海外旅行保険

妊娠中の海外旅行のリスク1:飛行機の機内環境

飛行機の中は空気が乾燥しており、気圧も低くなります。

また、遠方であるほど長時間席に座っている必要があります。

こうした環境は、妊娠していなくても、首・肩・腰が痛む、気分が悪くなる、エコノミー症候群になるなどしやすいものです。

妊娠中は、家の中で安静にしていても些細な刺激やホルモンバランスによって体調を崩しやすいところ、長時間の飛行機移動になると、そのリスクがより高くなります。

産婦人科の医師とよく相談し、体調や妊娠週数を考慮して渡航先や期間などを決めるのが基本です。

妊娠前に予約していた場合も、お母さんとお腹の赤ちゃんの健康が第一なので、まずは産婦人科の医師に相談してください。

妊娠中の海外旅行のリスク2:食事の変化

日本と他の国では、衣食住の環境が大きく異なります。

特に、海外旅行中の食事には注意が必要です。

気候は衣服で調節できますし、滞在場所も名の知れたホテルにすれば日本のホテルに近い環境を手に入れることができます。

しかし、食事については、たとえ日本食を食べるにしても現地の食材を口にすることになりますし、現地の水を飲むことになります。

妊娠中は、食べ物の好みがガラッと変わり、受けつけない食べ物も増える傾向があるため、海外の食事を受けつけられず、十分な栄養がとれなくなるリスクがあります。

また、水や生もの(肉、野菜、果物など)に当たって食あたりを起こすリスクも高いものです。

対策としては、よく火が通った物を食べる、水は飲用・その他用を問わず購入する、食べたことのない食材や香辛料は控えるといったことが考えられますが、リスクは残ります。

あらかじめ、食あたりを起こした場合に受診する病院も探しておくようにすると安心です。

妊娠中の海外旅行のリスク3:急な体調不良のケア

妊娠中は体調の変化が激しく、急にお腹が痛くなったり、気分が悪くなったりすることは珍しいことではありません。

日本にいれば病院を受診したり、周囲の人に助けを求めたりすることができますが、海外では言葉が通じにくく、病院を見つけるのも一苦労です。

また、妊婦に対する対応が日本とは異なる国も多く、適切な援助やケアを受けられないことがあります。

旅行前に産婦人科を受診し、海外旅行中に体調を崩した場合のケアについて相談しておきましょう。

また、旅行中は、滞在先や観光地から近い病院や、そこへ行くための交通手段もあらかじめチェックするなど、体調を崩した時にすぐ病院へ行けるよう準備しておくことが大切です。

妊娠中の海外旅行のリスク4:病気やケガの治療

海外という慣れない環境下では、病気になったり、ケガをしたりするリスクも高くなります。

病気の中で、特に注意したいのが感染症です。

海外旅行中に、細菌やウィルスに感染して深刻な病気を発症し、お母さんもお腹の赤ちゃんも命を落とすというケースもあります。

旅行前に感染症の流行状況を確認し、場合によっては旅行を取りやめることも検討しましょう。

予防接種を受ける方法もありますが、妊娠中に接種できるものかどうか、産婦人科の医師とよく相談しておく必要があります。

海外では、病院によって提供される医療サービスの量や質が全く異なり、旅行した地域によってはまともな医療を受けられず、病気やケガを悪化させてしまうリスクもあります。

体調不良の場合と同様、滞在先や観光地から近い病院や、そこまでの交通手段を確保しておきましょう。

妊娠中の海外旅行のリスク5:海外旅行保険

海外旅行中は、海外旅行保険に加入するのが基本です。

しかし、海外旅行保険の中には、妊娠中に加入すると割高になるもの、妊娠週数によっては加入できないもの、妊娠や出産に関する治療費や入院費が補償対象外のものが多く、妊娠前に比べると加入のハードルが高いのが現状です。

安定期を過ぎて妊娠後期に入ると、加入できる保険自体がほとんどなくなります。

スポンサーリンク

妊娠中の海外旅行はいつまで?

妊娠中に海外旅行へ出かける場合、望ましい時期は安定期(妊娠15週から妊娠24週)です。

「妊娠直後なら問題ない。」と思うかもしれませんが、生後12週頃までは流産の可能性が高く、また、お母さんの体調も不安定なので、国内外問わず旅行は控えておきたいものです。

また、安定期を過ぎて妊娠後期に入ると、母体が出産に向けて準備を始めることで再び体調を崩しやすくなりますし、お腹が大きくなって移動するのも大変になるため、やはり旅行は控えた方が良いでしょう。

なお、「安定期だから、海外旅行に出かけても100%安全だ。」と考えるのは間違いです。

安定期であっても、妊娠前に比べると些細なことでも体調を崩してしまいますし、お母さんの体調不良はそのまま赤ちゃんの体調不良にも直結するので、海外旅行へ出かける場合は体調管理に万全を期さなくてはなりません。

妊娠糖尿病や妊娠高血圧があったり、切迫流産や早産などのリスクを指摘されていたりする場合は、産婦人科の医師から旅行を控えるよう指導されることもあるでしょう。

妊婦の飛行機内における過ごし方

妊娠中は、飛行機内における過ごし方も考えておく必要があります。

  • 妊娠中であることを伝えておく
  • 航空会社の妊婦用サービスを利用する
  • 身体をこまめに動かす
  • こまめに水分補給する

妊娠中であることを伝えておく

チケットの予約時、チケット発見時、飛行機搭乗時などに、妊娠していることを伝えておくことで、体調を崩した時などにすぐ適切な対応をしてもらうことができます。

「なんだか他の乗客に悪い気がする。」と遠慮してしまうかもしれませんが、体調不良が長引く方が他の乗客の手を煩わせたり、心配をかけたりすることになります。

航空会社の妊婦用サービスを利用する

航空会社では、妊婦用の各種サービスを提供しているので、事前確認した上で活用しましょう。

航空会社の妊婦用サービスの例としては、以下の内容を挙げることができます。

  • 妊婦用の座席指定(通路側の席、前にシートがない席、トイレに近い席など)
  • 専用カウンターでの搭乗手続
  • 空港内における電動カートの貸し出し
  • 機内における荷物の上げ下ろし補助
  • マタニティータグ
  • マタニティー用品の配布

身体をこまめに動かす

席に座っているだけでも腰や背中に大きな負担がかかりますし、長時間になるとエコノミー症候群になるリスクも高くなります。

着席中はこまめに足首の曲げ伸ばしをし、ベルト着用サインが消えたら、定期的に立ち上がってストレッチをしたり、通路を歩いたりして身体をほぐしましょう。

航空会社の多くは、エコノミー症候群を予防するための体操の映像を流しているので、真似をして身体を動かすのも効果的です。

こまめに水分補給する

飛行機に長時間乗り続けていると、思っている以上に汗をかいて水分が体外へ出て行っているものです。

脱水を起こさないよう、こまめな水分補給を心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

まず、妊娠中の海外旅行はリスクがいくつもあることを理解しておく必要があります。

その上で、本当に妊娠中に海外旅行へ行かなければならないかどうか検討し、産婦人科の医師ともよく相談して決めてください。

ページ上部へ戻る