乳児脂肪冠とは?赤ちゃんの頭皮の肌荒れの原因、症状、ケアは?

乳児脂肪冠

赤ちゃんは、皮膚の機能が未熟なので、生まれたばかりの頃から様々な肌トラブル(皮膚トラブル)が起こります。

特に肌トラブルが起こりやすいのが顔や頭です。

乳児脂肪冠は、頭皮の肌荒れで、赤ちゃんの最初の肌トラブルとなることも多い症状です。

乳児脂肪冠とはどのような症状で、何が原因で起こり、どうケアすれば良いのでしょうか。

また、頭皮の肌トラブルとしては乳児脂漏性湿疹が有名ですが、乳児脂肪冠との違いは何なのでしょうか。

この記事では、乳児脂肪冠の概要、乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹・新生児ニキビとの違い、乳児脂肪冠の原因、症状、家庭におけるケアの方法について紹介します。

乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)とは

乳児脂肪冠とは、赤ちゃんの頭皮に起こる肌荒れのことです。

肌荒れといっても、赤ちゃんの頭皮にフケや魚の鱗(うろこ)に似たカサブタができるため、初めて目にすると驚く人が多いものです。

乳児脂肪冠ができると、新生児期には綺麗でスベスベしていた頭皮が乾燥したカサブタに一変し、時間の経過とともにカサブタが剥がれ落ちます。

個人差はありますが、大量のカサブタが剥がれ落ちて服や布団が汚れてしまうこともあります。

乳児脂肪冠の読み方

「にゅうじしぼうかん」です。

乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)と乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ

乳児脂肪冠と似た単語として、乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビがあります。

乳児脂肪冠と乳児湿疹

乳児湿疹とは、新生児期の頃から赤ちゃんの顔や頭、身体などにできる湿疹のことです。

乳児期の赤ちゃんの湿疹をまとめて乳児湿疹と呼んでおり、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ、あせもなども乳児湿疹に含まれています。

湿疹のできる場所、湿疹の種類、程度、期間などは個人差が大きく、また、複数の湿疹が同時にできることもあるため、区別することが難しいものです。

複数の病院を受診させた場合、乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎など異なる診断をされることも珍しくありません。

乳児脂肪冠は、乳児湿疹の一つです。

関連記事

乳児湿疹はいつからいつまで?ガサガサ肌のケアはどうする?

乳児脂肪冠と乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは、乳児湿疹のうち首から上にできる湿疹のことです。

乳児脂漏性湿疹ができやすい部位は、頬、おでこ、頭皮などで、

どの部位にどのような湿疹ができるかは赤ちゃんの体質や皮膚の頑丈さが関係しており、頭皮やおでこなどにカサカサしたフケのような湿疹ができたり、頭皮に魚の鱗のような湿疹ができたりするなど、赤ちゃん一人ひとり症状の現れ方が異なります。

見た目は不衛生で痛みやかゆみがありそうですが、赤ちゃんが痛みやかゆみを感じることはありません。

通常は、沐浴・入浴時に頭皮のケアをしていれば、生後1歳頃には湿疹が消失していきます。

乳児脂肪冠は、乳児脂漏性湿疹のうち主として頭皮にできる湿疹を指す単語ですが、両者を区別せず使用している医師もいます。

関連記事

赤ちゃん(乳児)の脂漏性湿疹とは?原因、症状とケア方法は?

乳児脂肪冠と新生児ニキビ

新生児ニキビとは、乳児湿疹の一つで、新生児期にできるニキビのことです。

おおむね生後2週から生後3ヶ月までの赤ちゃんの頬やオデコなどに、思春期のニキビと同じく白い芯のあるポツポツや赤みのあるブツブツができます。

症状が悪化すると化膿してジュクジュクになり、黄色い汁が出ることもあります。

赤ちゃんが痛みやかゆみを感じることはなく、顔を清潔に保つことで自然に消失していきます。

乳児脂肪冠と新生児ニキビは、いずれも乳児湿疹の一つですが、湿疹ができる部位や湿疹の種類が異なります。

関連記事

新生児にきびとは?原因は?ケア方法は保湿と薬?

乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)の原因

乳児脂肪冠の原因は、頭皮から過剰に分泌された皮脂です。

赤ちゃんは、胎内にいた頃のお母さんのホルモンの影響により、生まれたばかりの頃から生後2~3ヶ月頃までの間、皮脂が活発に分泌されます。

頭皮から過剰に分泌された皮脂の脂が漏れ出して固まり、カサブタ状に積み重ねられることで、乳児脂肪冠となる外皮が形成されます。

皮脂が過剰分泌されている間は、次々に新しい皮脂が分泌されては固まり、前にできたカサブタの下に重なっていきます。

スポンサーリンク

乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)の症状

乳児脂肪冠の主な症状は、白くて小さいカサブタや、カサブタが魚の鱗のように重なった状態になることです。

カサブタは次々に新しいものができるため、古くなったカサブタが自然にボロボロと剥がれ落ちるのも特徴的です。

乳児脂肪冠ができやすい部位

乳児脂肪冠ができるのは主に頭皮です。

中でも大泉門や小泉門の周辺にできることが多くなっています。

乳児脂肪冠ができる時期

乳児脂肪冠ができやすいのは、新生児期から生後2~3ヶ月頃までです。

すでに紹介したとおり、この時期は皮脂が過剰に分泌されており、それが乳児脂肪冠の原因となっています。

皮脂の分泌が落ち着くことで、乳児脂肪冠も治まっていきます。

乳児脂肪冠のかゆみについて

乳児脂肪冠そのものには、かゆみはありません。

ただし、頭皮のケアを怠ると、何層にも重なったカサブタの下の方が赤く腫れ、かゆみが生じることがあります。

スポンサーリンク

乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)のケア

乳児脂肪冠は、見た目の不衛生さや異様さから「どんな病気が原因なんだろう。」、「治らないのではないか。」などの不安を持たれがちですが、皮脂の分泌が落ち着く生後2~3ヶ月頃には自然に治まります。

そのため、赤ちゃんがかいたりこすったりして傷ができないように肌を清潔に保ち、皮脂の分泌が落ち着くを待つのが基本です。

乳児脂肪冠ができた場合の頭皮のケアは、入浴前、入浴中、入浴後に分けて行うことが効果的です。

入浴前の乳児脂肪冠のケア

乳児脂肪冠のケアの中心は、入浴時に頭皮をしっかり洗うことです。

しかし、重なり合ったカサブタは乾燥して固まっており、無理に剥がすと頭皮から出血するリスクがあります。

そのため、入浴前にベビーオイルやワセリンなどを頭皮に塗り、カサブタを柔らかくする下準備が大切になります。

入浴中の乳児脂肪冠のケア

ぬるま湯で頭皮を撫でるように洗ったうえで、指の腹で赤ちゃんの頭皮を優しくマッサージし、カサブタを十分にほぐして浮かせます。

その後、赤ちゃん用の櫛(先端が丸くなったもの)を使い、浮いて頭皮から剥がれたカサブタをゆっくり取ってあげます。

なお、赤ちゃん用のシャンプーを使って頭皮を洗う方法もありますが、力を入れ過ぎると頭皮を傷つけ、症状を悪化させる可能性があるため、注意してください。

入浴後の乳児脂肪冠のケア

赤ちゃん用の柔らかいタオルで髪の毛や頭皮の水分を優しく拭き取り、その後は自然に乾燥するのを待ちます。

綺麗に洗ったつもりでも、頭皮にカサブタが残っていることもありますが、乾燥した状態で剥がすと傷になる可能性が高いため、控えてください。

なお、ドライヤーは、頭皮を痛めてしまうことがあるため、使用しないでください。

関連記事

赤ちゃんのあざの原因は?生まれつき?赤、黒、青、茶色は消える?治療は?

まとめ

乳児脂肪冠は、ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることで起こる頭皮の肌荒れです。

生まれたばかりの頃からフケまたは魚の鱗に似たカサブタが頭皮にできるため、最初のうちは驚くかもしれませんが、赤ちゃんの健康に対する害はなく、痛みやかゆみなどもない上、皮脂の分泌が落ち着く生後2~3ヶ月頃には自然に消失していきます。

したがって、通常は、赤ちゃんが頭皮を触ったりカサブタを剥がしたりしないよう頭皮を清潔な状態に保ち、皮脂の分泌が落ち着くのを待つことになります。

なお、簡単に剥がれそうな気がして、ついカサブタを剥がしてしまう人が少なからずいますが、カサブタは頭皮にしっかりくっついているため、無理に剥がすと傷ができたり出血したりするリスクがあります。

くれぐれも、入浴時以外に剥がさないようにしてください。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る