閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  3. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

アトピー性皮膚炎とは?原因と症状は?治療で完治する?

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因(アトピー性鼻炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支ぜんそくなどを発症しやすい体質)を持つ人に生じやすい慢性の湿疹です。

乳児のアトピー性皮膚炎の特徴としては、次のとおりです。

  • 家族にアトピー素因がある赤ちゃんが発症しやすい
  • 湿疹は、生後1~2ヶ月ころから顔や頭に湿疹が見られ、時間の経過とともに、顔だけではなく体や手足にも広がることが多い
  • 湿疹は良くなったり悪くなったりを繰り返して、1~2歳前後にはなくなることが多い
  • 肌がじゅくじゅくするだけではなく、肌が乾燥したりがさがさしたりする

関連ページ

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の原因

環境の変化、アトピー因子(遺伝的要因)、乳児期の肌の乾燥、免疫バランスの不均衡といった要因が絡み合って発症すると考えられていますが、原因は特定されていません。

多くの場合は、アレルゲン(アレルギーを起こす成分。乳児の場合、動物の毛やふけ、ハウスダスト、体内や皮膚の表面にいるカビなど)に触れることで、アレルゲンに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体が作られて皮膚にアレルギー性の炎症を起こし、アトピー性皮膚炎を発症すると考えられています。

アトピー因子(遺伝的にかゆみを起こしやすい体質)を持っている赤ちゃんの発症率が高くなっています。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の症状

年代によって症状の出方が異なります。

乳児期の赤ちゃんの場合は、ジュクジュクした滲出液をともなう赤い湿疹が、顔や頭、耳、手足などにできます。

皮膚の表面に細菌がついて増殖したり、強いかゆみがあるためかきむしって症状がひどくなったりする傾向があります。

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

通常は、生後1~2ヶ月頃から湿疹ができ始めます。

湿疹は、顔や頭から始まって、時間の経過とともに首や体にも広がり、離乳食を始める生後5~6ヶ月頃に最もひどくなる傾向がありますが、その後は少しずつ良くなっていきます。

顔の湿疹は、たいていは1歳前後になくなります。

アトピー性皮膚炎は、症状がなくなって完治したようにみえても、就学期や大人になって再び症状が現れる可能性があります。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎のケア

アトピー性皮膚炎のケアは、医師の指示に従って長期的に行う必要があります。

小児科でアレルゲンを特定してもらう

小児科でアレルゲンを特定してもらい、アレルゲンを除去したり、遠ざけたりする対応が理想です。

しかし、生活空間の至るところに存在するアレルゲンを特定するのは医師にも難しく、たいていは、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させないように、肌を清潔に保ち、ステロイド外用薬で症状を抑えることになります。

肌を清潔に保ち、保湿する

肌を清潔に保ち、強い刺激から肌を守るために、保湿クリームやローションを活用しましょう。

1日5回くらい塗るのが理想的ですが、難しい場合は、日中はローション、お風呂上がりにクリームを塗りましょう。

皮膚の炎症がひどい場合には、低刺激の保湿クリームでも刺激を与えることがあるので、まずは小児科に相談してください。

アトピー性皮膚炎は、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すので、ましになっても毎日ぬってあげることが大切です。

炎症が強いときは医師と相談してステロイド外用剤を使う

炎症が強いときというのは、かゆみが強くて皮ふがじゅくじゅくになっているときです。

この状態で放置すると、赤ちゃんがかきむしったり、細菌がついたりして症状が悪化することがあるので、小児科の医師に相談した上で、ステロイド外用剤を使用します。

ステロイド外用剤は副作用があり、正しい使い方をしないとアトピー性皮膚炎より深刻な症状が赤ちゃんに出てしまうので、独断で使用することは絶対に控えてください。

また、肌の症状によってこまめに使用方法を変える必要があるので、定期的に通院して医師に赤ちゃんの肌の状態を診てもらい、医師の指示通り使用する必要があります。

ステロイド外用薬の効果は個人差が大きく、指示通りに使用しても改善しないことや、予期せぬ副作用が出ることがあるので、問題があった場合はすぐに小児科を受診してください。

赤ちゃんが着るもの、触れるものは清潔にしておく

下着や服は、肌に優しい綿製品を使用します。

特に、月齢が小さいころは木綿がおすすめです。

赤ちゃんが着るものは、手洗いするのが理想的ですが、難しい場合は、赤ちゃん用の洗剤を少なめに使用し、すすぎの時間を長めに設定します。

漂白剤は使用せず、洗濯後は洗剤が衣類についていないか念入りに確認してください。

体温が上がるとアトピー性皮膚炎のかゆみが強くなるので、厚着は控え、お風呂のお湯もぬるめに設定するようにします。

食事制限は最低限にする

赤ちゃんに除去食を食べさせるのは、アレルゲンが特定されたときだけで十分です。

アレルギー用ミルクは、ミルクがアレルゲンと特定された場合にのみ飲ませ、他の食物がアレルゲンであっても飲ませる必要はありません。

動物性タンパク質の摂取は、小児科の医師と相談しながら慎重に始めてください。

生活空間のアレルゲン対策を徹底する

家の中には、ダニやハウスダストなどアレルゲンがたくさん存在しています。
布団やベッド、ソファ、カーペット、座布団など赤ちゃんが寝たり座ったりするものには必ず掃除機をかけて、清潔に保つようにしましょう。

エアコンは、定期的にフィルターを掃除するようにしてください。

毛の多い動物は飼わないのが無難です。

ページ上部へ戻る