閉じる
  1. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

生後5ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝返りが始まる?

赤ちゃん 乳児期 生後5ヶ月

生後5ヶ月ってこんな時期

生後5ヶ月になると、身長や体重の発育は緩やかになっていきます。

筋肉がしっかりついて、手足や首を自分の意思で自由に動かせるようになり、興味関心を抱いた物を掴んだり蹴ったり、あるいは口に入れたりできるようになります。

また、寝返りや寝返り返りを始める赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:61.9cm~70.4cm
  • 女の子:60.1cm~68.7cm

身長差は大きくなっていきますが、体重とのバランスが取れていれば、身長が平均より小さくても過度に心配する必要はありません。

赤ちゃんなりの成長ペースを見守ってあげましょう。

体重

  • 男の子:6,100g~9,200g
  • 女の子:5,740g~8,670g

母子手帳の成長曲線の平均を見るとわかるように、体重の増えかたは緩やかになっていきます。

また、母乳やミルクを飲む量や運動量、便の回数などの個人差は大きくなります。

それに伴って体重差も大きくなりますが、身長とのバランスが取れていれば、体重が平均より軽くても過度に心配する必要はありません。

一方で、ぽっちゃり体型が気になる赤ちゃんもいますが、こちらも身長とのバランスに問題がなければ心配ありません。

ハイハイを覚えると一気に運動量が増加し、体型は自然に引き締まっていくので、今は赤ちゃんが欲しがるままに母乳やミルクを飲ませてあげましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんの特徴

たくさん身体を動かして遊ぶようになる

生後5ヶ月の赤ちゃんは、筋肉がしっかりつき、手足や首を自分の意思で動かせるようになります。

赤ちゃんは、自分の周りに広がる世界に興味津々ですから、近くのものを手当たり次第触ったり掴んだりしますし、口に入れて遊ぶこともあります。

お父さんお母さんの服や手をギュッと握ったり、舐めたりすることもあります。

身体を動かすことで運動能力の発達が促されるので、日中はマットの上など広いところに寝かせてやり、自由に遊ばせてあげることが大切です。

なお、身長や体重と同じで、運動能力の発達も個人差が大きいものです。

他の赤ちゃんと比べるのではなく、その子なりの発達のペースを見守ってあげましょう。

寝返りと寝返り返り

生後5ヶ月頃になると、寝返りを始める赤ちゃんが出てきます。

寝返りできるようになると、赤ちゃんは自分の意思で態勢を変えたり、目的の場所まで移動したりできるようになり、行動範囲が一気に広がります。

赤ちゃんが移動できそうな範囲を確認し、赤ちゃんが触れると危ないものは片付けておきましょう。

ちなみに、薄着の方が寝返りはしやすいので、夏に生後5ヶ月をむかえる赤ちゃんの方が、冬に生後5ヶ月をむかえる赤ちゃんよりも早く寝返りを始める傾向があります。

また、寝返りには体重も関係しており、体重の軽い赤ちゃんの方が、体重の重い赤ちゃんよりも早く寝返りができる傾向があります。

このように、寝返りは運動能力以外の色々な要因に左右されますし、生後5ヶ月で寝返りをうてる赤ちゃんはまだ少数派です。

そのため、寝返りを始めないからといって心配する必要はありません。

関連ページ

病気に注意

風邪

赤ちゃんは、出生時にお母さんから免疫をもらうため、あまり風邪をひきません。

しかし、生後6ヶ月頃になると、免疫の効果が薄れて風邪をひきやすくなります。

赤ちゃんによっては、生後5ヶ月頃から風邪をひき始めることもあるので、体調管理には注意しましょう。

関連ページ

乳幼児突然死症候群(SIDS)

健康状態に目立った問題のなかった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死亡してしまう病気のことを乳幼児突然死症候群といいます。

家庭の経済水準、虐待の有無、育児方法などとは関係のない病気です。

Sudden Infant Death Syndromeを略してSIDSと呼ばれています。

1歳未満の赤ちゃんに多くみられるとされていますが、実際は、生後2ヶ月から生後6ヶ月、特に生後4ヶ月頃の赤ちゃんに多いと言われています。

関連ページ

原始反射が消失していく

赤ちゃんが、自分の体をコントロールできるようになるにつれ、生まれ持った原始反射が少しずつ消失していきます。

生後5ヶ月頃に消失する主は原始反射は、次のとおりです。

手の把握反射

指などを赤ちゃんの手のひらに触れさせると、手のひらをギュッと握る反射のことを把握反射といいます。

握り反射、手掌把握反射ともいいます。

自立歩行反射

赤ちゃんの両脇を抱えて身体を立たせ、足をゆかんつけさせた状態で、赤ちゃんに前かがみの姿勢を取らせると、歩くように足を交互にあげる反射を、自立歩行反射といいます。

ギャラン反射

うつぶせに抱っこした状態で、赤ちゃんの背骨の外側を上から下にゆっくりこすると、体をこすった方向に傾ける反射のことを、ギャラン反射といいます。

関連ページ

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの母乳やミルク

生後5ヶ月になると、赤ちゃんが母乳やミルクを飲む時間帯や間隔が少しずつ一定になっていくものです。

もし、自然に一定にならない場合は、授乳の時間帯や間隔を調整してあげましょう。

また、母乳やミルクを飲む力がつくので、短時間でも必要な量を飲めるようになります。

飲み終えた後もおっぱいを吸い続ける赤ちゃんもいますが、クセになるといけないので、飲み終わったなと思ったらおっぱいや哺乳瓶をしまいましょう。

授乳時間や授乳間隔が極端に短い場合は1度の授乳量を確認し、異常があれば小児科を受診しましょう。

母乳が足りなくなっている場合は、離乳食を始める目安になります。

生後5ヶ月の赤ちゃんの離乳食

離乳食とは、赤ちゃんの栄養源を、母乳やミルクから食物に切り替えるために食べさせる食品のことです。

赤ちゃんの食生活を、液体の母乳やミルクを飲むことから、固形の食品を食べることに切り替えていくために不可欠なものです。

最初は流動食のようなトロトロの離乳食を食べさせ、徐々に粒を大きくしていきます。

赤ちゃんにとっては、道具を使って食事するのも初めての経験です。

最初は、離乳食をスプーン1さじ食べさせて、嫌がらないようなら少しずつ食べる量や種類を増やしましょう。

離乳食を始める目安

次の項目に当てはまるときは、離乳食の開始を検討しましょう。

  • お父さんお母さんの食事をジッと見つめて、口をもぐもぐさせる
  • 食事や食べ物に手を伸ばして触ろうとする
  • 食事を見るとよだれをいっぱい出すようになる
  • スプーンを赤ちゃんの口元に近づけるとあーんと口を開ける
  • 母乳の量が足りなくなってくる

昔は、生後5ヶ月くらいから離乳食を始めるのが良いという風潮がありましたし、現在も、生後5ヶ月から初期の離乳食を始める家庭は少なくありません。

しかし、離乳食を始めるにあたって一番大切なのは、赤ちゃんが離乳食を嫌がらないかどうかです。

赤ちゃんが嫌がるようなら、生後5ヶ月からにこだわらず、しばらく期間をおいて始めても問題ありません。

赤ちゃんに離乳食を食べさせるときに一番心配なのはアレルギーです。

家族のアレルギーの有無や、赤ちゃんの様子を観察し、定期健診や小児科の医師と相談しながら慎重に始めてください。

初めての離乳食

離乳食に関する書籍やネットには、豊富なレパートリーが紹介されていますが、初めての離乳食は、全がゆをさらにトロトロにしたおかゆや、野菜の裏ごしを食べさせるのが一般的です。

離乳食は、普段作ったり食べたりすることがないため、作り方を文字で見てもイメージしにくいものです。

最初は、親に作り方を見せてもらうか、ベビーフードを購入してどういうものが離乳食として適しているかを勉強するといいでしょう。

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後5ヶ月の赤ちゃんは、日中はまとまった時間起きていられるようになり、体を使って目一杯遊ぶので、夜の睡眠時間は長くなります。

朝までぐっすり眠り続ける日が増えて、夜に起きるのは1、2回になるのが一般的です。

昼型の生活リズムが身についていない場合は、お父さんお母さんのサポートが必要です。

例えば、母乳やミルクをあげる時間を4~6時間おきにする、毎日同じ時間に沐浴させる、昼間は一緒に散歩したり遊んだりし、夜は早めに照明を落とし静かにして赤ちゃんがよく寝られる環境を整えるといったサポートが考えられます。

こうしたサポートをしても、生活リズムが完全に確立されるわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので、赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

夜泣き

生後5ヶ月くらいになると、夜泣きを始める赤ちゃんが増えてくるものです。

通常、赤ちゃんが泣くのは、おなかがすいた、のどが渇いた、うんちやおしっこをしておむつが気持ち悪い、暑い、寒い、さみしいなど、何らかの理由があります。

そして、泣く理由を取り除いてあげると泣き止んで寝てくれます。

しかし、夜泣きの場合は、はっきりとした理由がなく、何をしても泣き続けることが多いものです。

現在のところ、嫌な夢を見た、運動不足、昼間に興奮しすぎたなど、夜泣きの原因には諸説ありますが、はっきりした原因は分かっていません。

お父さんお母さんとしては対応のしようがなく、しんどい思いをすることになります。

開き直って泣きたいだけ泣かせるという人もいますが、仕事や育児で疲れている人にとっては、とても苦痛に感じることもあるでしょう。

赤ちゃんを抱っこして散歩に出かけ、親子で気分をリフレッシュさせるなど、できるだけストレスを感じずに済む対応方法を見つけておくことが大切です。

関連ページ

お出かけ

生後5ヶ月頃になると、首がすわって体つきもしっかりしてくるので、赤ちゃんと一緒にたくさんお出かけできるようになります。

ただし、赤ちゃんの身体は大人に比べるととても弱いものなので、赤ちゃんの体調、天候、気温や湿度、出かける時間帯を考え、暑さや寒さ、日焼け対策はしっかりしておきましょう。

関連ページ

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後4ヶ月にもどる:生後4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜中に起きる?

生後6ヶ月に進む:生後6ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?発熱がひどい?

ページ上部へ戻る