閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?飛行機のポーズや寝返りは?

赤ちゃん 乳児期 生後5ヶ月

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃には首すわりが完成し、身体の筋力も向上して、動きや姿勢のバリエーションが増えていきます。

例えば、自分の手をじっと見つめる(ハンドリガード)、両手で両ひざを触る、右の手を口に入れて左の手を上に持ち上げるといった動きを覚えます。

また、うつぶせの状態で腕と肘を使って身体を支えたり、あおむけの状態から横を向いたりするようになり、初めての寝返りを経験することもあります。

では、生後5ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達していくのでしょうか?

このページでは、生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後5ヶ月の赤ちゃんの姿勢

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は、赤ちゃんに特定の姿勢をとらせた時に、標準的な姿勢や動きを見せるどうかで確認します。

生後5ヶ月頃は乳幼児健診がありませんが、標準的な発達をしている赤ちゃんであれば、首すわりが完成し、身体の筋力や運動機能もある程度は身についています。

そのため、家庭において、赤ちゃんに色々な姿勢をとらせて運動機能の発達を確認してみても良いでしょう。

家庭で確認する場合は、赤ちゃんが動いたり倒れたりしてもケガをしないような環境を整え、赤ちゃんに無理をさせない範囲で実行してください。

赤ちゃんにとらせる姿勢は、次の4つです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • お座り(座位)
  • 立つ(立位)

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:あおむけ(背臥位)

生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、あおむけの状態で自発的に身体を動かし、次々に新しい動きを覚えていきます。

両足を高く持ち上げる

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃に、両足を持ち上げて足裏を合わせる動きを覚え、生後4ヶ月頃には、両手で両膝を触れるくらい両足を持ち上げます。

生後5ヶ月頃には、お尻が床から離れるくらい両足を持ち上げられるようになり、膝より下を手で触れるようになります。

足をジッと見つめる

生後4ヶ月頃には、ハンドリガード(赤ちゃんが自分の手をじっと見つめること)が見られましたが、生後5ヶ月頃には、自分の足を見つめるようになります。

ハンドリガードと同じで、足が自分の身体の一部であることを認知していると考えられています。

身体が柔らかい赤ちゃんは、指しゃぶりと同じ感覚で、足を口に入れてしゃぶることもあります。

身体を横に向ける

生後5ヶ月の赤ちゃんは、自発的に身体を左右のどちらかに向け、その状態で身体のバランスを保っていられるようになります。

また、身体を横に向けた状態で、身体を脇腹の方に身体を曲げて頭を持ち上げたり、身体を丸めたり反らしたりすることもあります。

偶然、寝返りすることもある

生後4ヶ月~生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、身体を横に向ける動きを繰り返すうちに、勢い余ってコロンとひっくり返り、うつぶせになることがあります。

生後4ヶ月~5ヶ月頃は、寝返りをするだけの筋力や身体の動かし方が身についていないので、動きがぎこちないものですし、片方の腕が体の下敷きになることもあります。

また、うつぶせになった後、あおむけに戻ることができません。

そのため、腕が圧迫されたり、窒息したりする危険が高まります。

赤ちゃんが正しい寝返りのやり方を覚え、寝返り返り(うつぶせの状態からあおむけの状態に移る寝返り)をマスターするまでは、夜間や親が目を離す時間帯に寝返りをさせない工夫が必要になります。

関連ページ

赤ちゃんの寝返りはいつから(生後○ヶ月)?練習法は?寝返り返りとは?

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:うつぶせ(腹臥位)

生後5ヶ月の赤ちゃんは、うつぶせの状態から上半身をグッと持ち上げたり、いわゆる「飛行機のポーズ」をとったりします。

左右に身体を動かす

うつぶせの状態で、両腕と両肘を使って上半身を持ち上げ、腕の位置を変えて左右を向くことができるようになります。

上半身の動きに合わせて下半身も動かして身体のバランスをとるなど、重心の移動も行っています。

手の平を床につけ、腕の力で上半身を持ち上げる

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃に、両肘を床につけて身体を起こせるようになります。

生後5ヶ月頃には、そこから一歩進み、手の平を床につけて腕を伸ばして身体を持ち上げます。

そして、背中をグッと反らし、胸が床から離れた姿勢を維持します。

ただし、まだお腹は床についており、足も伸びています。

ハイハイの練習

赤ちゃんが手の平を床につけて身体を支えるようになったら、ハイハイの練習を始めてみても良いでしょう。

片手を赤ちゃんの股の下から差し入れて胸からお腹のあたりを支え、両手と両足が交互に出せるように促します。

飛行機のポーズ

うつぶせの状態で、頭をググッと持ち上げて顔を正面に向け、両腕を横に伸ばし、両足のひざから下を上げる姿勢をとれるようになります。

いわゆる「飛行機のポーズ」です。

最初はバランスをとるのが難しく、すぐ手をついたり、横に転がったりしますが、少しずつ姿勢を維持できるようになります。

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

生後5か月頃は、まだ自力でお座りしたり、お座り姿勢を維持するのは困難です。

バランスを崩すと腕で支えようとする

生後5ヶ月の赤ちゃんは、お座りした状態で身体が前に傾くと、両腕を伸ばして身体を支えようとします。

しかし、実際に身体を支えるだけの筋力がないため、支えられたとしても数秒くらい維持するのがやっとで、たいていはすぐ転んでしまいます。

あおむけの状態から引き起こすと、頭が身体より前に出てくる

赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、赤ちゃんの両腕を持って引き起こすと、頭がグッと持ち上がり、身体よりも先に前に出てきます。

生後4ヶ月頃は、身体に頭がついてくる感じだったものが、頭に身体がついてくるような感じになります。

スポンサーリンク

生後5ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

大人の支えは必要ですが、反射ではなく、自分の意思で足を伸ばして立つことを覚える時期です。

両足を床につけて、身体を支える

赤ちゃんは、生後1ヶ月頃に、原始反射によって両足で身体を支える動きを見せた後、生後2ヶ月頃に、原始反射が消失して、立たせようとすると足を曲げるようになります。

そして、生後4ヶ月頃に、原始反射に頼らず両足を伸ばすようになり、生後5ヶ月頃には、短い時間なら身体を支えられるようになります。

ただし、バランスを保ったまま立った状態を維持することは難しく、大人の支えが必要です。

スポンサーリンク

まとめ

生後5ヶ月の赤ちゃんは、それまでよりも自発的に身体を動かすようになります。

あおむけの状態では、横を向いたり、足を持ち上げて手で触ったりしますし、うつぶせの状態では、手の平を床につけて身体を持ち上げ、飛行機のポーズをとるなど色々な姿勢や動きを見せてくれます。

お座りや立つことはまだ難しいものですが、その後の成長につながる発達が見られます。

赤ちゃんのできることが増えるということは、それだけケガや事故の危険が増えることでもあるので、赤ちゃんが過ごす空間の安全を再確認し、できる限り赤ちゃんのそばで様子を見守ることの重要性が高まっていきます。

生後5ヶ月頃は乳幼児健診がありません。

赤ちゃんの発達で気になることがある場合は、小児科を受診させたり、保健センターに相談したりしましょう。

ページ上部へ戻る