menu
閉じる
  1. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  6. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因は?おしっこがピンク、赤だと尿路感染症?

赤ちゃん おしっこ 色 匂い

赤ちゃんの尿(おしっこ)は、健康状態を判断するための大切なバロメーターの一つです。

赤ちゃんの尿がいつもより臭い、色が濃い場合場合、何らかの病気や腎臓の異常などが原因となっていることがあります。

そのため、親としては、日頃からおむつ交換の度に赤ちゃんの尿の状態をチェックしておき、異常を発見したら小児科に相談することが大切です。

この記事では、赤ちゃんの尿(おしっこ)が臭い、色が濃い原因について紹介します。

健康な赤ちゃんの尿(おしっこ)は匂いが薄くて無色透明

健康な赤ちゃんのおしっこは、匂いがほとんどなく、無色透明です。

おしっこの仕組みを簡単に紹介すると、次のとおりです。

  1. 体中の細胞から出た老廃物(尿素、窒素、クレアチニン、尿酸など)が血液によって腎臓まで運ばれる
  2. 血液中の老廃物が腎臓でろ過されて原尿ができる(大人なら1日180ℓ)
  3. 原尿の水分の大半や利用できる成分(ブドウ糖、アミノ酸、塩分など)は身体に再吸収され、老廃物が尿に濃縮される
  4. 老廃物が尿として尿管を通って膀胱に溜まる

赤ちゃんは、2.の腎臓のろ過機能と3.の再吸収機能が未熟で、老廃物が十分に尿内に排出されないため、おしっこの匂いがほとんどなく、無色透明になるのです。

腎臓のろ過機能や再吸収機能は月齢や年齢とともに向上し、生後2歳~3歳頃には大人と同じくらいの機能を持つようになります。

この頃からおしっこのアンモニア臭がきつくなり、色も濃くなっていきます。

赤ちゃんの尿(おしっこ)が臭い、色が濃い原因

一方で、乳児期の赤ちゃんも、尿の色が無色透明から黄色や赤色になったり、匂いがきつくなったりすることがあります。

赤ちゃんの尿(おしっこ)が臭い、色が濃い場合の主な原因は、次のとおりです。

  • 汗によって身体の水分量が減る
  • 母乳からミルクに切り替える
  • 離乳食を開始して食べたり飲んだりするものが変わる
  • おしっこが酸化する、分解される
  • 腎臓機能の向上
  • 腎臓のろ過機能の異常
  • 尿路感染症

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:汗をかいて体内の水分量が減る

赤ちゃんは汗っかきなので、夏場の暑い時期やたくさん身体を動かした時には大人以上にたくさん汗をかき、体内の水分量が減ります。

また、発熱すると急激に体温が上がりがちで、その分、水分も体外へ出てしまいます。

体内の水分量が減ると、尿中の老廃物の濃度が通常よりも高くなっておしっこの匂いがきつくなり、色も濃くなります。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:母乳からミルクに切り替える

ミルクは、母乳に比べて消化が悪いので、母乳からミルクに切り替えた後は、ミルクに含まれる成分によっておしっこの色や匂いが変化することがあります。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:離乳食を開始して食べたり飲んだりするものが変わる

赤ちゃんは、生後5ヶ月前後から離乳食を開始して、母乳やミルク以外の物を食べたり飲んだりするようになるため、食べた物によってはおしっこの色や匂いが変化することがあります。

離乳食が進んで口にする食料品の種類が増えるにつれて、おしっこの匂いや色が変化しやすくなります。

また、赤ちゃん用の薬の成分によっても、おしっこの匂いや色が影響を受けることがあります。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:おしっこが酸化する、分解される

赤ちゃんがおしっこをした後におむつを替えず放置すると、細菌がおしっこを分解してアンモニアを発声させることがあります。

また、うんちと一緒に排泄されるウロビリノーゲンという物質がおしっこに含まれていて、この物質がおむつの中で空気に触れて酸化し、おしっこがオレンジ色に変わることもあります。

うんちとおしっこを同時にした場合は、おしっこがオレンジ色になっていることが多いものです。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:腎臓機能の向上

月齢を経て腎臓機能が向上するほど、赤ちゃんの尿はにおいがきつく、色が濃くなります。

毎日おむつを交換していると気付きにくいものですが、月齢ごとにおしっこの写真を撮っておくと、月齢を経るごとにおしっこの色が濃くなっていく様子が確認できます。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:腎臓のろ過機能が未熟

腎臓のろ過機能が未熟なうちは、尿酸塩、乳酸塩、ショウ酸塩などが尿に混じり、尿の色がピンク色になることがあります。

赤ちゃんの尿が臭い、色が濃い原因:尿路感染症

尿路感染症とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道口と続く尿路の感染症です。

大人の病気と思われがちですが、赤ちゃんが発症することもあります。

おしっこが臭い、色が濃い以外に次のような症状がある場合は、尿路感染症の可能性があります。

  • 38℃以上の発熱
  • 何度も吐く
  • 不機嫌でぐずり続ける
  • 食欲がない
  • 尿が濁っている
  • おしっこをする時に大泣きする
  • 血尿が出る(鮮血ではなく、赤黒い血尿)

まとめ

赤ちゃんのおしっこのにおいがきつい、色が濃い原因はたくさんありますが、気をつけたいのは尿路感染症など病気や腎臓の異常です。

赤ちゃんのおしっこがいつもと違い、病気を疑う症状が出ている場合は、早めに小児科を受診しましょう。

ページ上部へ戻る