menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが指や手を挟んだ時の対応は?腫れる、傷、水ぶくれへの対処は?

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんがドアに指や手を挟んだことはありませんか?

お父さんお母さんが赤ちゃんに気づかずドアを閉めてしまったり、赤ちゃんが自分でドアを閉めて指を挟んだりする事故はよく起こるものです。

少しの腫れや内出血で済むこともあれば、骨折や切断など大ケガになることもあります。

赤ちゃんが指や手を挟んで大泣きすると、慌てふためいてしまい、とにかくあやして泣きやませようとするお父さんお母さんは多いものです。

しかし、大切なのは、心を落ち着けて患部をしっかり確認し、家で対処するか病院を受診させるかを見極めることと、迅速に適切な応急処置を行うことです。

このページでは、赤ちゃんが指や手を挟んだ時の確認ポイント応急処置の方法、病院受診の目安、赤ちゃんが指や手を挟みやすい場所と予防法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが指や手を挟んだ時の確認ポイント、応急処置の方法、病院受診の目安

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんが指や手を挟んだ時は、まず指や手の状態をしっかり確認し、軽いケガなら応急処置して様子を見て、心配なケガなら病院を受診させることになります。

重症の場合はパニックになってしまいがちですが、意識して気を落ち着け、冷静な対応を心がけましょう。

挟んだ指や手の状態を確認する時のポイント

赤ちゃん 指

指や手の状態を確認する時のポイントは、次のとおりです。

  • 赤ちゃんが泣いているかどうか
  • 腫れ(水ぶくれ)の有無
  • 出血の有無(内出血を含む)
  • 変色の有無
  • 爪が割れたり、はがれたりしたかどうか
  • 指や手を動かせるかどうか
  • 指や手を触った時に痛がるかどうか
  • 指や手を挟んだ場所
  • 指を挟んだ時の時刻

こうしたポイントを確認しておくと、病院を受診させた時に「いつ、どこで、どのようにケガをしたのか。」について医師に詳しく伝え、適切な治療を受けることができます。

ケガが軽い場合の応急処置の方法

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんがケロッとしている場合は、特別な対応は必要ありません。

挟んだところを水やタオルでくるんだ氷で冷やしながら、「痛かったね~」、「怖かったね~」などと赤ちゃんの気持ちを代弁しながら落ち着かせてあげましょう。

赤ちゃんが氷を嫌がった場合は、指や手を心臓より高い位置に上げることで不快感が和らげてあげます。

時間が経ってから患部が腫れてくることがあるので、挟んでから2,3時間は、こまめに赤ちゃんの様子や患部の状態を確認します。

挟んだところが少し赤くなる、腫れる、内出血を起こしている、小さい血豆ができている場合も、冷たい水やタオルにくるんだ氷などで冷やします。

病院を受診させる目安

赤ちゃん 指 挟む

次の症状がある場合は、病院を受診させてください。

  • 出血が多い
  • 大きな血豆ができている
  • 爪が割れる、はがれる、爪の中が内出血している
  • 挟んだところを触ると痛がる
  • 挟んだところが動かせない

挟まれた物の重さや速さによっては、指や手が深く切れて大量に出血することがあります。

止血し、手を心臓より上にした状態で、病院を受診させましょう。

爪が割れたりはがれたりしていると、ウィルスや細菌に感染するリスクが高くなりますし、大きな血豆は、赤ちゃんがかきつぶしてしまい、やはり感染のリスクが高まります。

そのため、ガーゼで患部を覆って、病院を受診させます。

患部を触ると痛がったり、動かせなかったりする場合は、骨折の可能性があります。

無理に動かさず、すぐに受診させましょう。

119番通報すべき場合

赤ちゃん 指 挟む

  • 血がたくさん出て止まらない
  • 指がちぎれた、もしくは、ちぎれそうになっている

命の危険や、深刻な後遺症が残るリスクが高い一刻を争う状態なので、すぐ119番通報してください。

救急車が来るまでは、手を心臓より高い位置に上げさせておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが指や手を挟みやすい場所と予防法

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんは、家の中でも外でもとにかくよく動き回り、あれこれ動かしたり、あちこち手や指を突っ込んだりするので、何かと指や手を挟みやすいものです。

家の中

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんは、力の加減や調節がうまくできず、ドアの効率的な開け方も分かりませんし、ドアの取っ手に手も届かないので、意外なところで指や手を挟んでケガをしてしまうものです。

リスクが高いのは、玄関扉、ベランダに続くサッシ、窓、クローゼットの折れ戸、ふすま、引き出し、スライドドアや引き戸(特に蝶番付近)です。

特に、玄関扉やサッシは重量があるので、挟まれると大ケガになるリスクが高いものです。

家の外

赤ちゃん 指 挟む

エレベーター、車、電車、バスのドアは、赤ちゃんが指を挟みやすいところで、また、指を切断するケースが後を絶たないところでもあります。

チャイルドシートやベビーカーの可動部分に指を突っ込んでしまう赤ちゃんも少なくありません。

赤ちゃんが指を挟むのを予防する方法

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんが指を挟みやすいところを把握し、少なくとも大ケガにつながりかねないところについては、赤ちゃんを近づかせない工夫が必要です。

家の中の場合、赤ちゃんが指や手を挟みやすいのはドア関連がほとんどなので、次の予防法が効果的です。

  • 玄関やサッシの前にベビーサークルを設置する
  • ドアにストッパーを付ける
  • 完全に閉まらないよう緩衝材を挟む
  • 移動する時以外はドアに鍵をかけておく

家の外の場合、こうした予防策を講じることは難しいので、指や手を挟みそうな場所では意識して赤ちゃんの様子をチェックし、危ないと思ったら手を握ってあげましょう。

関連ページ

ページ上部へ戻る