menu
閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの頭の形がいびつ!長い、へこみ、ボコボコ、絶壁は治る?

赤ちゃんの頭の形

赤ちゃんの頭の形

赤ちゃんが生まれて間もない頃は、可愛くて仕方がないものです。

「あばたもえくぼ」という言葉がありますが、赤ちゃんのすべてがえくぼに見えて、とにかく可愛くて愛おしい、そんな時期です。

それが、赤ちゃんと一緒に生活するにつれて、「えくぼはえくぼに」、「あばたはあばたに」見えてくるようになります。

そんな中、お父さんお母さんの多くが気になるのが、赤ちゃんの頭の形です。

「うちの赤ちゃん、頭の形がいびつだ。」と、ハッと気づくことは少なくありません。

妙に長い、へこみがある、形がいびつ、ボコボコしている、絶壁など、赤ちゃんの頭の形はいろいろですが、お父さんお母さんは周囲の赤ちゃんやネット、書籍と見比べて心配になってしまいます。

「生まれたときは、きれいな形をしていたのに」とショックを受けてしまうかもしれませんが、赤ちゃんの頭は大人に比べて柔らかいので、例えば、同じ姿勢で寝続けるだけでもすぐに頭の形が変わってしまうものです。

このページでは、赤ちゃんの頭の形が変わる原因と治し方について紹介しています。

スポンサーリンク

頭蓋変形と位置的頭蓋変形症

赤ちゃんの頭の形がいびつになることを、頭蓋変形といいます。

頭蓋変形には、病気が原因で起こるものと、病気に関係なく起こるものがあり、後者を位置的頭蓋変形症といいます。

位置的頭蓋変形症は、先天性(生まれつき)のものと、後天性(生まれた後)のものがありますが、いずれも赤ちゃんの頭蓋骨がまだ柔らかくて固まりきらない時期に、外からの力によって変形することで起こります。

先天性の位置的頭蓋変形症の原因

子宮の中が狭い

お母さんの子宮の中が狭く、赤ちゃんが動き回る空間が制限されることにより、頭の形が歪むことがあります。

初産の場合は、経産の場合よりも子宮が狭いですし、双子を妊娠した場合は、狭い子宮内で2人の赤ちゃんがギュウギュウ詰めになるので、頭の形がいびつになる傾向があります。

分娩時に外からの強い力を受ける

赤ちゃんの頭が産道に挟まれて抑え付けられることで、赤ちゃんの頭が長くなることがあります。

また、赤ちゃんが逆子で生まれる場合も頭が長くなることがあります。

関連ページ

後天性の位置的頭蓋変形症の原因

長時間同じ向きで寝続けている

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごしますし、首をはじめとして全身の運動機能が未熟なので、自由に頭を左右に振ることも、自分で寝返りを打つこともできません。

そのため、お父さんお母さんに寝かせてもらった状態のまま、長時間過ごすことになり、頭の重さで、布団に触れている部分が圧迫されて形が変形してしまいます。

関連ページ

いつもあお向けに寝かせている

最近の日本では、赤ちゃんを固めのベッドや布団にあお向けに寝かせる傾向があるため、短頭症 (いわゆる絶壁)になりやすいと言われています。

実は、赤ちゃんをあお向けに寝かせる習慣は、それほど古いものではなく、20年ほど前に、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが声高に叫ばれるようになった後、急速に広まりました。

それ以前は、赤ちゃんをあお向け、うつ伏せ、横向けなどいろいろな態勢で寝かせていたので、現在ほど頭の形に悩むお父さんお母さんは多くありませんでした。

なお、赤ちゃんのうつ伏せ寝は、危険なところばかりが注目されがちですが、正しい方法を実践すれば、頭の形を整えるだけではなく、赤ちゃんの健全な成長にも役立つので、活用してみてください。

関連ページ

いつも同じ向きで抱っこしている

また、お父さんお母さんが赤ちゃんを抱っこする際に、どちらかの腕ばかり使っている場合も、赤ちゃんの頭の形はいびつになります。

特に、抱っこして寝かせるとき、母乳やミルクをあげるときに同じ方向ばかりだと、短期間で頭の形が変形してしまいます。

赤ちゃんが頭をぶつけた

赤ちゃんの頭は柔らかいので、少しぶつけただけでも簡単に形が変わってしまいます。

中には、傷跡が大きくて、将来的に頭の歪みが残る場合もあります。

赤ちゃんが頭を打った場合は、頭の形よりもまず、おちついて赤ちゃんの状態をチェックし、受診が必要がかどうかを見極める必要があります。

関連ページ

小頭症

頭の形に影響を与える病気の代表的なものが、小頭症です。

脳の発達が遅れる、もしくは停止することにより、頭(頭囲)が異常に小さい状態のことです。

生まれた頃に頭が小さいだけでなく、成長しても年齢に見合った大きさになりませんし、知的障害やけいれん発作などを伴うこともあります。

関連ページ

狭頭症

狭頭症も、赤ちゃんの頭の形に影響を与えます。

狭頭症とは、頭の骨と骨の縫合(かみ合わせ)が早期にくっついたり(癒合)、縫合の一部が欠けていたりして、頭蓋骨が脳の発育に合わせて発達せず、頭の形がいびつになった状態のことです。

顔面の変形や眼球突出などを伴うこともあります。

関連ページ

水頭症

水頭症とは、頭の中に脳脊髄液が異常に留まってしまう病気です。

留まった脳脊髄液により脳室が膨らんで頭蓋骨が内側から押し広げられ、頭が大きくなってしまいます。

関連ページ

いびつな頭の形のパターン

病気ではない頭蓋変形(位置的頭蓋変形)には大きく3つの種類があります。

斜頭症

斜めに頭が斜めに成長し、頭の形が左右非対称に歪んだ状態です。

赤ちゃんの多くが経験する頭蓋変形ではありますが、歪みが激しい場合は治療が必要になることもあります。

また、目や耳の位置が異なるなど、顔にも影響が大きく出ることがあり、引け目を感じたり、周囲のからかいの対象になってしまったりすることもあります。

短頭症

短頭症とは、後頭部全体が平になり、頭頂部が突出した状態です。

いわゆる絶壁、絶壁頭とは短頭症のことを指します。

長時間、あお向けで寝続けることで起こりやすい頭の形で、特に日本人の赤ちゃんには多い傾向があります。

長頭症

長頭症とは、鼻から後頭部までが長くなり、両耳がペシャッとなった状態です。

長時間、横向きで寝続けることで起こりやすい頭の形です。

なお、低体重出生児の場合、生まれて間もない時期を新生児集中治療室(NICU)で過ごすことがありますが、NICUでは、赤ちゃんを横向けに寝かせることが多いため、長頭症になりやすい傾向があります。

赤ちゃんの頭の形を治す

赤ちゃんの頭の形が治るのはいつまで

赤ちゃんの頭の骨は、生まれてくるときに狭い産道に頭がつっかえないよう、何枚かの骨が合わさった状態になっています。

そのため、生まれて間もない頃の赤ちゃんの頭はとても柔らかく、ちょっとした力で簡単に形が変わります。

しかし、生後7ヶ月頃になると、頭の骨が合わさった状態が解消され、だんだん固くなっていきます。

また、赤ちゃんは、生後3~4ヶ月で首がすわり、生後4~5ヶ月で寝返りを始めて、生後6~7ヶ月でお座りできるようになるなど、どんどんできることが増えていきます。

赤ちゃんは、身体が自由に動かせるのがとても嬉しくて全力で動き回るので、「頭の形を治したいからじっとしてて」と頼んでも、とても言うことは聞いてくれません。

こうした、頭の骨の状態と、赤ちゃんの成長を考えると、赤ちゃんの頭の形を親の努力で治すことができるのは、生後6ヶ月ころまでが目安になるでしょう。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭の形を治す方法

抱っこやうつぶせ寝により頭を圧迫する時間を減らす

物理的に赤ちゃんの頭の形が変形する要因を取り除くため、斜頭症、短頭症、長頭症すべてに有効です。

ただし、月齢の低い赤ちゃんをうつぶせ寝させるのはリスクが高いですし、四六時中抱っこしているわけにもいかないので、赤ちゃんの成長とお父さんお母さんの繁忙度に応じて対応しましょう。

ベビーピロー(ドーナツ枕)

短頭症には、ドーナツ枕に寝かせる方法が有効です。

ドーナツ枕は、柔らかめのビーズが入っていて、赤ちゃんの頭の形に合ったものを選びます。

枕が硬かったり、中央の穴が深かったり大きすぎたりすると、頭の形がさらにいびつになることがありますし、枕が高すぎると首が圧迫されて成長に悪影響を及ぼすリスクがあります。

ネット購入は避けて、直接赤ちゃん用品店に赤ちゃんを連れて行って選ぶことをおすすめします。

タオルケットやクッションを赤ちゃんの身体とベッドの間に挟む

斜頭症や短頭症には、タオルケットやクッションを赤ちゃんの身体とベッドの間に挟み、身体の向きを変えてやる方法が有効です。

赤ちゃんの頭の歪みやでっぱりの気になる部分が下になるように寝かせ、タオルケットやクッションを挟んで赤ちゃんの身体の向きを調整します。

タオルケットは丸めて細長くしたものを何枚か使用すると、微調整が可能です。

こうして身体を斜めにして寝かせると、赤ちゃんが向きグセのある方向を向かずに済みます。

赤ちゃんの視覚や聴覚を利用して、自発的に頭の向きを変えさせる

赤ちゃんは、生まれる前から周囲の音を聞き分けていますし、生後2ヶ月ころには目もよく見えてきます。

そのため、赤ちゃんに向いてほしい方向に好きなおもちゃを置いたり、音楽を流したりすることで、赤ちゃんの頭の向きを調節することができます。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの頭の形がいびつになったりボコボコしたりするのは珍しいことではありません。

低月齢のうちであれば、適切に対応することで頭の形が整っていくので、ぜひ試してみてください。

ページ上部へ戻る