menu
閉じる
  1. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

黄昏泣きとは?いつからいつまで?原因と対処法は?

たそがれ泣き

黄昏泣きとは

黄昏泣きとは、赤ちゃんが、夕方になると急に激しく泣き出す現象のことです。

コリック、夕暮れ泣き、3ヶ月疝痛と呼ばれることもあります。

ひたすらギャン泣きを続ける赤ちゃんもいれば、グズグズ、メソメソ泣く赤ちゃんもいて、泣き方は赤ちゃん一人ひとり異なりますが、全世界の赤ちゃんに共通して見られる不思議な現象です。

黄昏泣きは、ほとんどの赤ちゃんにみられますが、特に、小さな物音でビクッとしたり、夜泣きがひどかったりと敏感な赤ちゃんによくみられる傾向があります。

スポンサーリンク

黄昏泣きかどうかを確認しよう

赤ちゃんが夕方に泣き出したからといって、必ずしも黄昏泣きというわけではありません。

オムツを替えてほしい、おなかが空いたなど、赤ちゃんが何かを訴えて泣いていることも多いので、まずは、次の内容を確認しましょう。

  • おなかが空いていないか
  • オムツが汚れていないか
  • 汗をかいていないか
  • 体が冷えていないか
  • 37.5度を越える熱が出ていないか
  • 怪我をしていないか
  • しゃっくりが出ていないか
  • 母乳やミルクを飲ませた後、げっぷをさせたか

黄昏泣きはいつから、いつまで

いつから

黄昏泣きは、生後3ヶ月~生後4ヶ月頃から始まるのが一般的です。

しかし、個人差が大きく、新生児のうちから黄昏泣きを始める赤ちゃんもいれば、生後1ヶ月、生後2ヶ月頃からの赤ちゃんもいます。

まったく黄昏泣きをしない赤ちゃんもいます。

いつまで

黄昏泣きは、通常、生後5ヶ月~6ヶ月頃には自然となくなっていきます。

黄昏泣きが続いているころは、永遠に続く気がしてストレスが溜まるものですが、黄昏泣きが続くのは、2,3ヶ月くらいです。

個人差はありますが、黄昏泣きが治まった後は、夜泣きが始まる傾向があります。

関連ページ

スポンサーリンク

黄昏泣きの原因

黄昏泣きの原因は特定されていませんが、日中の疲れが原因というのが有力です。

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃になると身体の筋肉がつき、近くにあるものを掴んだり、うつ伏せの状態で顔を上げたりとできることが増えてくるので、たくさん体を動かしてたくさんエネルギーを消費します。

大人のように、体力のペース配分を考えることなく興味関心が向くままに目一杯遊ぶので、夕方になると身体に疲れがたまり、気持ちもなんだかイライラしてきます。

そうした疲れや不快な気分をうまく解消できず、黄昏泣きとして表れると言われています。

他にも、生理的な要因や心理的なストレスなどが黄昏泣きの原因として考えられています。

黄昏泣きが始まる時間帯

個人差はありますが、午後4~6時にかけてが多いと言われています。

ちょうど買い物に出かけたり、夕食の準備をしたりと、親としては一番忙しくしている時間帯ですし、一定期間は毎日のように続くので、ストレスを感じる人も少なくありません。

ただし、黄昏泣きは放っておくと、さらにひどく泣き出すことが多いので、できるだけ赤ちゃんに構ってあげましょう。

黄昏泣きの対処法

声をかけて、抱っこしてあげる

赤ちゃんは、自分ではうまく対処できない不快な気分を黄昏泣きで表現します。

優しく声をかけてあげることで、赤ちゃんは「お父さんお母さんが気にしてくれている。」と感じて気持ちが落ち着きますし、抱っこしてあげることで安心することができます。

忙しい時間だと気が立っていて、赤ちゃんを放置したり、厳しい言葉をかけたりしてしまいがちですが、少し時間を取って赤ちゃんをかまってあげることが大切です。

散歩に出かける

赤ちゃんは外の空気が大好きです。

家の近くをグルッと一周するだけでも、ベランダに出るだけでも、赤ちゃんは気持ちが落ち着きます。

関連ページ

赤ちゃんの見える範囲にいてあげる

家事が忙しくて赤ちゃんと一緒にいられない場合は、赤ちゃんから見える範囲にいてあげるだけでも、赤ちゃんの気持ちを和らげることができます。

音楽や音の出るおもちゃで気を紛らわせる

赤ちゃんは、周囲が静かだと余計に不安を感じてしまいます。

オルゴールメリーを赤ちゃんのそばに置いたり、ラの音が出るラッパを吹いてあげたり、音楽をかけたりしておくと、赤ちゃんの気を紛らわせられることができます。

ページ上部へ戻る