menu
閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが物を投げる原因は?投げ癖がひどいときの対処法は?

赤ちゃん 投げる 投げ癖 原因 対処

赤ちゃんは、物を掴んだり、腕をブンブン振り回したりできるようになると、物を投げるようになります。

見ている分にはとても可愛いですし、赤ちゃんの成長を感じて嬉しくなる一方で、おもちゃでもティッシュの箱でも離乳食の入ったお皿でも、掴んだものなら何でも投げるので、危ないと感じる場面も多いものです。

また、人に向かって投げる、投げそこなって転んで頭を打つ、投げようとしたものを頭にぶつけてしまうといったこともあり、心配で赤ちゃんから目が離せなくなることもあります。

そこで、このページでは、赤ちゃんが物を投げる原因と対処法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが物を投げる原因と対処法

赤ちゃん 物を投げる 原因 対処

赤ちゃんが「物を投げる」原因は、いくつかあります。

  • 新しい動作を覚えて遊んでいる
  • 意思表示・癇癪
  • クセになっている

それでは、具体的に見ていきましょう。

新しい動作を覚えて遊んでいる

赤ちゃんが物を投げるようになるのは、赤ちゃんの手、腕、肩、首、背中などの筋肉が発達している証です。

赤ちゃんは、身体が成長するにつれて、興味のある物に手を伸ばして触れ、掴み、手に取って遊び、投げるというように、少しずつ自分の周りにある物に干渉できるようになります。

そして、新しい動作を覚えるたびに何度も反復して遊び、楽しみながらマスターしていきます。

物を投げる動作も、投げるまでの腕の動き、物が遠くへ飛んでいく様子、物が落ちたときの音などを楽しんでいるのです。

対処法

叩いたり、首を振ったりするのと同じで、別の動作を覚えると興味が移り、何でもかんでも投げることはなくなっていきます。

そのため、基本的には温かく見守ってあげます。

ただし、重いものを投げようとした、人に向かって投げようとしたなど、危険がある場合は、怒った顔をして「ダメ」だと言い聞かせましょう。

ポイントは、①その場ですぐ怒ることと、②視覚(怒った顔)と聴覚(「ダメ」と言い聞かせる)で分からせることです。

表情だけ、言葉だけだとインパクトが足りませんし、しばらくしてから怒っても、赤ちゃんは何で怒られているのか理解できません。

怒った後は、怒られて不安になった赤ちゃんを抱っこして落ち着かせてあげます。

関連ページ

意思表示・癇癪

赤ちゃんは、生まれたての頃は泣くことでしか意思表示できません。

それが、心や体の成長に伴って、行動で自分の気持ちや欲求を表現できるようになります。

例えば、かまってほしいときに、「一緒に遊んでよ!」という気持ちを込めて、おもちゃをお父さんお母さんに投げたり、離乳食に嫌いなものが入っていたときに、「これ嫌い!食べたくない!」という意思表示でお皿を投げたりします。

赤ちゃんには、「これを投げると危ない。怒らせるかもしれない。」という感覚はないので、自分の気持ちを伝えるためなら、どんなものでも、どこにでも投げようとします。

また、「おもちゃが取れない。」、「ソファの上に登れない。」など、思うようにいかなくて癇癪を起こし、物を投げることもあります。

対処法

行動で意思表示するのは、赤ちゃんの成長の証です。

頭ごなしに怒ったり無視したりせず、基本的には、赤ちゃんの欲求を探って対応してあげましょう。

意思表示のために物を投げていた場合、欲求が満たされると物を投げなくなります。

赤ちゃんの欲求が応えられないものの場合は、「○○ちゃんは、△△したいんだよね。」などと、赤ちゃんの気持ちを代弁してあげた上で、「でも□□だからダメだよ。」と優しく教えてあげましょう。

こうすることで、赤ちゃんは、頭ごなしに怒られるのではなく、「自分の気持ちを分かってもらえた。」と感じて落ち着くことができます。

それでも落ち着かないときは、「いないいないバー」や好きなおもちゃで赤ちゃんの気を逸らしてみましょう。

赤ちゃんが、危ない投げ方をしたときは、怒った顔でダメだと言い聞かせ、投げようとした物を片付けます。

また、赤ちゃんは物を投げる以外にも、喃語や奇声を発したり、物を叩いたりして意思表示するものです。

投げ癖を付けてしまうと後が大変なので、投げる以外の赤ちゃんの意思表示に気づいたらすぐ対応するよう心掛けておくことが大切です。

クセになっている

「物を投げたらお父さんお母さんがかまってくれた。」、「お皿を投げたら嫌いなものを食べずに済んだ。」など、物を投げた結果、赤ちゃんにとって良い結果が得られた場合、物を投げる動作を繰り返すことがあります。

クセになっている、味を占めている状態です。

対処法

一度投げ癖が付くと、後から修正するのが難しいものです。

日ごろから赤ちゃんの様子をこまめに観察し、投げ癖が付く前に対応してあげることが大切です。

投げ癖が付いた場合は、投げて危ない物を赤ちゃんのそばに置かず、また、赤ちゃんが物を投げる前に欲求を察して対応してあげるよう努力します。

また、赤ちゃんが物を投げるたびに「これは投げるものじゃないよ。」と根気強く声をかけることも、時間はかかりますが効果があります。

「まだ言葉がわからないから。」といって、言葉によるしつけを控えていると、言葉が理解できるようになった後も、言葉によるしつけが入りにくくなる傾向があるので、注意しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭をぶつけたら

物を投げる動作を覚えたての頃は、思った方向にうまく投げられず、振りかぶった拍子に掴んだ物を頭にぶつけてしまったり、バランスを崩して倒れてしまうことがあります。

また、物を投げるのに慣れてくると、今度は、重い物を投げようとして後ろ向けに転倒したり、持つときに頭をぶつけたりします。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた場合は、すぐ赤ちゃんの様子を確認し、意識がない、グッタリしている、泣かないなど危険な症状が見られた場合は、すぐに病院を受診させましょう。

危険な症状が見られなくても、頭を強く打った場合は、脳内出血などを起こしているリスクがあります。

そのため、小児救急電話相談事業(♯8000)に電話して事情を伝え、受診の要否や、家庭での見守りのポイントを教えてもらうことをおすすめします。

関連ページ

ページ上部へ戻る