menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんがバンザイして寝るのはなぜ?万歳しないと問題?

赤ちゃん バンザイ 寝る

赤ちゃんのバンザイ寝

赤ちゃんは、両手をバンザイして寝ることが多いものです。

バンザイといっても、子供たちのバンザイのように、両腕を空に思いっきり振り上げるのではなく、肘を軽く曲げてゆったりとした感じのバンザイです。

すごく可愛らしい姿勢なのですが、手を掛けふとんの中に入れてあげてもすぐバンザイに戻ってしまいますし、関節の異常を疑ったり、腕が冷えるのを心配してミトンをはめたりするお父さんお母さんも少なくありません。

一方で、赤ちゃんがまったくバンザイしないと、それはそれで心配になってしまうものです。

このページでは、赤ちゃんが寝るときにバンザイしたり、バンザイしなかったりする理由について紹介しています。

赤ちゃんがバンザイして寝る理由

バンザイして体温を調節している

赤ちゃんは、体温を調節する機能が未熟なので、室温が高すぎたり、服をたくさん着すぎたり、掛けふとんを全身にかぶったりすると、身体に熱がこもって体温が異常に高くなることがあります。

そのため、バンザイして手をふとんから出すことで、体内の余分な熱を外に逃がしていると考えられています。

関連ページ

ミトンや手袋は必要ない

赤ちゃんの手が冷えないよう、ミトンや手袋をはめるお父さんお母さんもいるでしょう。

特に、冬場で赤ちゃんの指先が紫色になっているのを見つけたときなどには、心配で何か対応せずにはいられなくなり、ついミトンや手袋をはめてしまうものです。

しかし、ミトンや手袋をはめると、手を布団から出している意味がなくなってしまうので、ギュッと手を握って暖めてあげるか、室温を調節して対応しましょう。

手を布団に戻さない

バンザイしている手を掛けふとんの中に入れてしまうことも、ミトンや手袋をはめるのと同じで、赤ちゃんの体温調節を妨げることになるので、控えてください。

赤ちゃんが寒くないか心配なときは、体温を測ってみる

赤ちゃんが寒いのではないか、風邪をひいてしまったらどうしようといった心配がある場合は、赤ちゃんの体温を測ってみてください。

平熱であれば、赤ちゃんは寒がっていないことが分かりますし、体温が低ければ室温を調節してください。

身体がリラックスしている

腕はW型(ゆるやかなバンザイ姿勢)、足はM型(ガニ股)というのが、赤ちゃんが身体の力を抜いたときの自然な姿勢です。

つまり、赤ちゃんがバンザイして寝ているのは、身体の力を抜いて、リラックスして眠れている証拠と言えます。

関連ページ

その他の理由

赤ちゃんがバンザイして寝る理由については、内臓の働きを円滑にするため、身体のバランスを保つため、胎内で丸まって過ごしていた頃の反動、お父さんお母さんに可愛がってもらうためといった説もあります。

ただし、これらを証明する研究や文献は見当たりません。

スポンサーリンク

赤ちゃんがバンザイして寝るのはいつから、いつまで

いつから

新生児期からバンザイして寝る赤ちゃんもいれば、生後数ヶ月経ってからバンザイ寝を始める赤ちゃんもいます。

バンザイ寝を始めるのが早いか遅いかは個人差が大きく、遅いからといって問題はありません。

いつまで

月齢や年齢を経るにつれてバンザイして寝なくなる傾向はあります。

しかし、生後1歳で止める赤ちゃんもいれば、生後3歳を過ぎてもバンザイして寝る赤ちゃんもいて、個人差は大きいものです。

赤ちゃんがバンザイして寝ないのは発達の問題?

赤ちゃんは、バンザイした姿勢が自然だと書いたので、「バンザイしないと緊張した状態なのか。」、「何か異常があるのか。」と心配になるかもしれません。

しかし、「バンザイしない=異常がある」わけではありませんし、バンザイをせずに寝る赤ちゃんはたくさんいます。

バンザイをせず寝るのがクセになっていることもありますし、寒くて手を布団の中に入れていることもあります。

赤ちゃんは、寝心地の良い姿勢と状態で寝ているものので、むりやりバンザイさせず、そっとしておいてあげましょう。

バンザイできない場合は要注意

赤ちゃんが、起きているか寝ているかに関わらず、バンザイをできないときは注意が必要です。

肩や腕の関節など身体的な異常や、脳や神経の異常の可能性があるので、すぐに小児科を受診して医師に相談してください。

スポンサーリンク

うちの場合

生まれてすぐの頃から、腕はバンザイ、足はがに股で気持ちよさそうに寝ていました。

手が冷えると思ってミトンをはめていましたが、家庭訪問に来た保健所の職員から、「赤ちゃんがバンザイして寝ているのはリラックスできている証拠。寒がってないからミトンはいらない。」、「赤ちゃんは、手でいろいろなものに触れて成長していくもので、寝ているときも一緒。ミトンをはめていると赤ちゃんの発達上あまり好ましくない。」と言われてすぐ外しました。

うちの赤ちゃんは、だにバンザイ寝していますが、横向けに寝たり、うつぶせに寝たりすることも増えてきたので、頻度は下がっています。

ページ上部へ戻る