menu
閉じる
  1. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

新生児、乳児、幼児の子育てと発達障害の知識を中心に

赤ちゃんは、ズリバイやハイハイ、つかまり立ちや伝い歩き、一人歩きを始めると、安全かどうかは気にせず、とにかくあちこち動き回るようになります。そして、ちょっとした段差や勾配で転んだり、壁やテーブルの足などにぶつかったりして、体中に擦り…

赤ちゃんは、痰が絡んでも自力で吐き出すことができません。そのため、息苦しさや不快さをいつまでも感じ続けて不機嫌になりますし、食欲をなくしたり、体調を崩したりします。また、激しい咳や息苦しさに襲われ、寝つきが悪くなって生活リズ…

赤ちゃんは、「僕、今しんどいよ。」などと言葉で自分の体調を表現することができません。体調が悪い時でも、寂しい時でも、はたまたおなかが空いた時でも、赤ちゃんは「泣くこと」で表現するので、親は赤ちゃんの赤ちゃんの様子を慎重に観察して、赤…

くる病とはどんな病気か知っていますか?一昔前は、栄養状態の悪さから発症する赤ちゃんや子供がたくさんいたのですが、社会の発展とともに多くの人が栄養バランスのとれた食事を摂取できるようになり、栄養状態を理由とするくる病は減っていきました…

オキシトシンを知っていますか?オキシトシンは、脳で分泌されるホルモンの一種で、分娩や母乳の分泌に関するホルモンとして有名ですが、愛情や信頼などにも作用することが分かっています。また、オキシトシンと発達障害(自閉症)との関連に…

生まれたての赤ちゃんの歯ぐきに、白くてふっくらした歯のようなものがあったら、上皮真珠かもしれません。上皮真珠は、赤ちゃんの病気や症状の中でもあまり知られておらず、見つけると「乳歯の生え方に悪影響を及ぼすのではないか。」、「放置すると…

通常、赤ちゃんに歯が生えるのは生後4ヶ月~6ヶ月頃です。しかし、生まれたての新生児の頃から歯が生えていたり、生後1,2ヶ月のうちに歯が生え始めたりすることがあります。これが新生児歯(魔歯)です。このページでは、新生児…

ひと口に「薬」と言っても、シロップ、ドライシロップ、錠剤、塗り薬、座薬などたくさん種類があり、赤ちゃんに飲ませたり、使ったりするのが難しい薬もたくさんあります。また、薬は、正しく飲ませないと本来の効果が発揮されません。しかし…

乳幼児健診では、医師が赤ちゃんの睾丸(精巣)を触診するのを見たことがありませんか?この触診は、停留睾丸・停留精巣という病気の有無を見つけるためのもので、医師の診察では必ず行われています。停留睾丸・停留精巣は、赤ちゃんに起こる…

お子さんがチンチンを触っているのを見たことはありませんか?乳幼児期の子供は、よくチンチンを触ります。しかも、注意してもなかなか止めないことが多く、「どこかおかしいのではないか?」、「人前でも触るようになったらどうしよう。」と…

妊娠中のお母さんから赤ちゃんに感染(母子感染)する病原体は無数にありますが、病原体によって、感染経路、感染・発症の時期や確率は異なっています。torch症候群は、母子感染する病原体の中でも赤ちゃんに重い先天性の症状を引き起こす病原体…

新生児期の赤ちゃんが、昼夜問わず頻繁に目を覚ますのを見て、「どこか異常があるのではないか。」、「睡眠障害ではないか。」と心配していませんか。実は、新生児期の赤ちゃんは、大人のように「夜に寝て朝に起きる」という睡眠リズムを身につけてお…

赤ちゃんが舌打ちすることはありませんか?「「チッ」、「チェッ」という音がして辺りを確認すると、赤ちゃんが舌打ちしていて驚いた。」、「いつも可愛いしぐさばかり見せてくれていた赤ちゃんが、ある日突然舌打ちを始めてショックだった。」という…

子供は、乳幼児期に、お母さんなど養育者からたくさん愛情をもらい、お世話してもらうことで、特別な情緒的結びつきを築きます。これを愛着と言います。養育者と愛着関係を築いた子供は、親との間に安心感や安全感を抱き、自分が周囲から大切…

幼児期の子供が、お父さんお母さんの発した言葉をそのまま口にすることはありませんか?この現象は、反響言語(エコラリア)と呼ばれており、自閉症などの発達障害や、脳の障害に起因する言語障害によって起こる症状の一つです。このページで…

発達障害や精神疾患の診断に関するマニュアルはいくつもありますが、もっとも有名で世界的に使用されているのがDSMです。DSMは、DSM-Ⅰの出版以降、発達障害などに関する新たな知見や研究結果を参考にして改定が繰り返されており、現在は、…

「ガルガル期を知ってる?」と聞くと、「知らない。赤ちゃんの反抗期?」、「聞いたことあるけど、何だっけ?」というお父さんお母さんが少なくありません。しかし、程度の差はあるものの、産後に夫をはじめ周囲にいら立ちを覚えたり、攻撃的な態度を…

バニシングツインという単語を聞いたことがありますか?バニシングツインは、双子を妊娠した人にだけ起こる現象なので、聞きなれない人も多いでしょう。このページでは、バニシングツインの概要、確率、原因、起こりやすい時期、ダウン症との…

「後ろや横から声をかけても振り向かない。」、「大きな物音がしても反応しない。」、「いつまでも言葉が出てこない。」、「うまく発音できない。」といった症状が赤ちゃんに見られる場合、難聴の可能性があります。赤ちゃんの難聴の原因はたくさんあ…

生後6ヶ月は、首がすわり、寝返りを覚え、お座りやズリバイを始める赤ちゃんも出てくる時期で、夜泣きや人見知りを始める赤ちゃんが増えます。親としては、ハーフバースデーを祝いながら赤ちゃんの成長と時の流れの速さを実感し、今後の成長への期待…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る