menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  7. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの健康保険加入手続きはいつから?赤ちゃんの健康保険証はいつ必要?

赤ちゃん 健康保険 健康保険証

赤ちゃんが生まれたら、たくさんの手続きが必要になります。

まずやらなければいけないのは、市区町村役場に出生届(しゅっしょうとどけ)を提出することです。

出生届の提出は、戸籍法という法律に「赤ちゃんが生まれた日(出産日)を含めて14日以内」と定められており、期間を過ぎた場合は、出生届出期間経過通知書という書面に提出が遅れた理由を記載しなければなりませんし、罰金を科されることもあります。

出生届と同じく早めに行いたいのが、赤ちゃんの健康保険加入手続きです。

赤ちゃんの健康封建加入手続きは、いつ、どのように行うのでしょうか。

また、加入が遅れるとどのような問題が発生するのでしょうか。

このページでは、赤ちゃんの健康保険の加入手続きを行う時期、親が加入している保険による手続きの違いについて紹介します。

赤ちゃんの健康保険加入手続きはいつ必要?

赤ちゃんの健康保険加入手続きを早めに済ませておきたい理由は、以下の3つです。

  • 赤ちゃんが体調を崩した場合に備える
  • 乳幼児医療費助成制度の申請
  • 未熟児養育医療制度の申請に必要

赤ちゃんが体調を崩した場合に備える

生まれたての赤ちゃんは、良く体調を崩します。

お母さんから病気の免疫をもらっているため風邪などにはかかりにくいのですが、授乳や排泄の不良、体重の急な減少、重度の黄疸などの症状が現れ、病院で検査や治療を受ける必要が生じることは珍しくありません。

医療行為には保険が適用されますが、医療行為を受けた時点で赤ちゃんが保険に加入しておらず、乳幼児医療費助成の申請も済んでいないと、一旦は医療費を全額負担することになってしまいます。

乳幼児医療費助成制度の申請

乳幼児医療費助成制度とは、健康保険や国民健康保険など各種医療保険に加入している赤ちゃんや子どもの医療費のうち、自己負担分の全部もしくは一部を自治体が助成する制度です。

制度の対象となるのは、医療保険の対象となる医療費や薬剤費などです。

一方で、乳幼児健診などの健康診査、予防接種、薬の容器代などは対象になりません。

全額助成か一部助成か、所得制限を設けているかどうかなどは自治体によって異なるため、住んでいる地域の自治体に事前に確認しておく必要があります。

乳幼児医療費助成を申請する際は、赤ちゃんの健康保険証の提示が求められるので、申請時点で健康保険加入手続きを完了させておく必要があります。

また、乳幼児医療費助成制度は、一定期間は医療費を遡って請求できますが、遡ることができる期間は自治体によって異なるため、早めに申請しておかないと期間を過ぎて助成を受けられなくなることがあります。

未熟児養育医療制度

未熟児養育医療制度とは、医師が「未熟児で入院養育が必要」と判断した赤ちゃんにかかる医療費のうち、自治体が全部もしくは一部は負担する制度です。

入院養育が必要と判断される主な基準は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんが2000g以下の低体重で出生した場合
  • 赤ちゃんが34℃以下の低体温の場合
  • 運動異常・けいれんがある場合
  • 循環器・呼吸器に異常がある場合
  • 消化器に異常がある場合
  • 重度の黄疸がある場合

負担の範囲や所得制限などが自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

未熟児養育医療制度の申請には、赤ちゃんの健康保険証の提示が求められます。

つまり、申請時点で健康保険加入手続きを完了させておく必要があるということです。

親の健康保険証で申請しておくことも可能ですが、いずれは赤ちゃんの健康保険証の提示を求められることになります。

スポンサーリンク

乳幼児健診は保険適用外

乳幼児健診は健康診査の一種であって治療ではないので、健康保険は適用されません。

そのため、必ずしも1ヶ月健診までに赤ちゃんを健康保険に加入させておく必要はありません。

ただし、1ヶ月健診で検査や治療など(医療行為)が必要になった場合、医療行為については保険が適用されますが、未加入の場合は一旦全額を自己負担することになります。

申請が遅れても遡ることができる

赤ちゃんは、生まれた日から健康保険に加入する権利が発生するので、健康保険加入手続きが遅れたとしても、生まれた日まで遡って権利を主張することができます。

赤ちゃんが医療行為を受けた時点で加入手続きが未了で健康保険証が手元にない場合は、医療機関等に事情を説明して支払いを待ってもらうか、一旦全額を支払って後日返還を求める手続きを行うことになります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの健康保険の加入手続き

赤ちゃんを健康保険に加入させる手続きとは、以下の2つの手続きのいずれかを意味しています。

  • 親が社会保険(健康保険)に加入している場合:親が加入している健康保険に、赤ちゃんを被扶養者(扶養家族)として加入させる手続き
  • 親が社会保険(健康保険)に加入していない場合:赤ちゃんを国民健康保険に加入させる手続き

国民健康保険には扶養という概念がないため、赤ちゃんも親と同じ加入者の1人として手続きを行うことになります。

赤ちゃんの健康保険加入手続きの申請先

社会保険(健康保険)に加入している会社員や公務員(社会保険)は、勤務先の担当部署が申請先になります。

一方で、国民健康保険に加入している自営業者などは、国民健康保険の保険者が市区町村なので、自治体の担当窓口が申請先になります。

健康保険加入手続きに必要な書類

健康保険加入手続きに必要な書類は、以下のとおりです。

会社員

  • 健康保険被扶養者届
  • 被保険者(親)の健康保険証
  • 出生届出済証明が記入されている母子健康手帳
  • 出生届受理証明書
  • 印鑑(認印)
  • 被保険者の課税証明書(前年度の1月~12月の給与明細のコピーでも代用可能)
  • マイナンバー

公務員

  • 被扶養者申告書
  • 被保険者(親)の健康保険証
  • 出生届出済証明が記入されている母子健康手帳
  • 出生届受理証明書
  • 印鑑(認印)
  • 被保険者の課税証明書(前年度の1月~12月の給与明細のコピーでも代用可能)
  • マイナンバー

自営業者

  • 国民健康保険加入申請書
  • 親の健康保険証
  • 出生届出済証明が記入されている母子健康手帳
  • 出生届受理証明書
  • 印鑑(認印)
  • 被保険者の課税証明書(前年度の1月~12月の給与明細のコピーでも代用可能)
  • マイナンバー

出生届出済証明とは、赤ちゃんの出生届を市区町村役場に提出した時に、窓口の職員が、母子手帳の「出生届出済証明」欄に、子の氏名、出生場所(医療機関等)、出生の年月日を記載し、市区町村長の氏名と押印をしたもののことです。

また、出生届受理証明書は、市区町村役場で出生届が受理されたことを証明する書類で、出生届が受理された後であれば、短頭窓口で申請して取得することができます。

マイナンバー制度が開始された後は、赤ちゃんの健康保険加入手続きでもマイナンバーの提出が求められるようになっています。

添付書類として通知カードのコピーを求められることが多いので、準備しておきましょう。

関連ページ

赤ちゃん・子供のマイナンバーはいつから?個人番号カード申請は要写真?

赤ちゃんの健康保険証が届く時期

通常、赤ちゃんの健康保険加入手続きを行ってから健康保険証が届くまでには、2週間程度はかかります。

入社、退社、異動などが多い年度初めや、盆正月など休みの時期に申請した場合は、3週間以上かかることも珍しくありません。

ただし、申請から保険証が届くまで1ヶ月以上かかることはほぼないので、1ヶ月過ぎても保険証が届かない場合は担当部署や窓口に状況を確認してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

会社員や公務員として働いている(=社会保険に加入している)お父さんお母さんは、赤ちゃんが生まれたら早めに申請(健康保険加入手続き)を行い、健康保険証が届くのを待ちましょう。

通常、赤ちゃんが生まれて1週間以内に申請しておけば、1ヶ月健診の前後には健康保険証が手元に届くはずです。

一方で、自営業者や、出産前に退職・独立などをした(=国民健康保険のみに加入している)お父さんお母さんは、赤ちゃんを国民健康保険に加入させる手続きを自力で行う必要があります。

シングルマザーや夫が単身赴任をしているなど知覚に支援者が少ない場合は、出産直後から赤ちゃんのお世話などに追われて手続きできず、健康保険証がなかなか届かないという事態になりがちなので、赤ちゃんが生まれる前から手続きの流れや必要書類などを調べ、必要書類などを集めておくなど工夫をすることが大切です。

また、マイナンバー制度が開始された後は、通知カードのコピーの提出を求められるようになっていますが、意外と忘れがちなので、意識しておくと良いでしょう。

ページ上部へ戻る