menu
閉じる
  1. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

妊婦健診はいつから?回数・頻度、公費負担額は?服装や持ち物、内容は?

妊婦健診 公費負担 いつから

妊娠すると、定期的に産婦人科に通って妊婦健診を受け、お母さんや赤ちゃんの状態を教えてもらったり、妊娠や出産に関する不安や悩みを相談したりすることになります。

しかし、初めて妊娠したお母さんの中には、「妊婦健診ってどこで受けるのが良いの?」、「服装や持ち物が分からない。」、「どんなことをされるの?」、「お金はかかるの?」といった不安や悩みを抱えている人が少なからずいます。

実際、妊婦健診ってどのようなものなのでしょうか?

このページでは、妊婦健診の概要、公費負担、病院の選び方、持ち物と服装、健診の内容について紹介します。

妊婦健診とは

妊婦健診とは、妊婦健康診査の略語で、お母さんとお腹の中の赤ちゃんの健康状態を確認するために行う健康診査です。

お母さんの健康状態や赤ちゃんの成長ぶりの確認、妊娠中の疑問や悩みの緩和、分娩時期の予想、分娩方法の選択などのために実施されています。

妊婦健診の回数・頻度

厚生労働省は、妊婦健診の標準的な回数について、以下のとおり例示しています。

  • 妊娠初期から妊娠23週:4週間に1回のペースで4回
  • 妊娠24週から妊娠35週:2週間に1回のペースで6回
  • 妊娠36週から出産まで:1週間に1回のペースで4回

合計すると、妊娠から出産までに14回妊婦健診を受けることになります。

ただし、病院の方針、初産かどうか、妊娠年齢などによって回数や頻度は異なりますし、医師の判断で、妊娠途中で頻度や回数が変更される場合もあります。

妊婦健診の内容

妊婦健診で行われる診察や検査は多岐にわたりますが、いずれもお母さんと赤ちゃんの健康のために欠かせないものです。

内診のように、中にはお母さんにとって負担の大きいものもありますが、診察や検査の必要性をきちんと理解して、自分なりに納得をした上で受けることが大切です。

診察や検査に不安や疑問がある場合は、医師に相談をすれば丁寧に答えてくれるので、まずは声をかけてみましょう。

妊娠初期

・血液検査(血液型、エイズ、梅毒、肝炎、風疹、貧血など)

・子宮頸癌検査

妊婦健診で毎回行われるもの

・診察(つわりやむくみなど普段の体調の聴取と悩みや不安に対する応答)

・内診

・体重測定

・血圧測定

・超音波検査(赤ちゃんの大きさや位置、心音の確認、胎盤の位置、羊水の量、子宮頚管の長さなど)

・尿検査(尿タンパク、糖)

随時行われるもの

・胎児・胎盤機能検査

・血糖値の検査

・血液凝固検査

・性感染症検査(エイズ、クラミジアなど)

必要に応じて行われるもの

・心電図

・胸部X線の撮影

・肝機能・腎機能検査

・骨盤X線検査

・トキソプラズマ抗体検査

妊婦健診の公費負担

妊娠は病気ではないことから医療保険の適用外ですが、少子化対策の一環として、一定の回数については公費負担で受診できるようになっています。

具体的にいうと、2007年から妊婦健診5回分が無料化され、2008年からは14回分が公費負担になりました。

ただし、公費負担される額は各地の自治体によって異なっていることに注意が必要です。

厚生労働省の2014年の調査においては、「妊婦健診の標準的な検査項目」として国が示している項目全てを公費負担している自治体は58.9%にとどまっています。

つまり、自治体によっては、公費負担の上限が決められていて、それを超えた部分については実費を自己負担する必要があるということです。

妊婦健診を受ける病院の選び方

通常、妊婦健診を受ける病院は、妊娠後から出産までの大切なパートナーとなる存在ですから、慎重に選ぶ必要があります。

途中で産婦人科を変えることは可能ですが、心にも身体にも負担がかかりますし、医師と信頼関係が十分に築けなかったり、不安や疑問を抱えたまま出産に至ったりすることがあるので、おすすめはできません。

妊婦健診を受ける病院の場所

妊娠すると、つわり、慢性的な倦怠感(だるさ)、吐き気など、日常生活に大きな影響を及ぼす様々な症状が現れますし、妊娠週数が経過するにつれてお腹が大きくなると、転倒やつまずきのリスクが高まり、腰痛や背中の痛み、疲れやすさ、動悸や息切れといった症状も現れるようになります。

そのため、生活拠点である家から病院までの距離は非常に重要です。

徒歩圏内であっても、坂道や危険な場所がないかを確認する必要があります。

ある程度家から遠い病院でも、家の近くから公共機関を利用して移動できるなら選択肢に入りますが、込み具合などは事前に確認しておきましょう。

妊婦検診にかかる費用

一律ではなく、病院によってかなりの差があるのが現状です。

初診料は1万円から1万5000円くらい、妊婦検診は毎回3000円から5000円くらいかかり、検査が増えると費用もかさみます。

まずは、住んでいる自治体における「妊婦負担の公費負担の内容」を確認し、病院の立地や評判なども踏まえて慎重に検討しましょう。

なお、分娩と出産にかかる費用は30万円から50万円くらいで、こちらも病院によって差が大きくなっています。

国公立病院の方が費用が低く、病院ごとの差が小さい傾向がありますが、地域によって異なるところが大きいので、事前に比較しておくことが大切です。

妊婦健診を受ける病院の種類

産婦人科は、大きく分けると、総合病院や大学病院の産婦人科、産婦人科専門の病院や診療所の2つです。

総合病院・大学病院の産婦人科

総合病院や大学病院の産婦人科のメリットは、設備が充実しており、必要に応じてさまざまな検査や治療を受けられることです。

また、同じ病院内に産婦人科以外の科があるため、産婦人科で対応できない病気や身体の異常が見つかった場合は、同じ病院内で治療することができますし、緊急時の対応も迅速です。

デメリットとしては、診察時間が午前中だけのところが多いことや、待ち時間が長くなりがちなことです。

予約がみっちり埋まっていて、1人あたりの診察時間が短いため、疑問や不安を医師にぶつけて回答を求めたり、医師と十分に会話して信頼関係を築いたりする時間が持ちにくいこともデメリットでしょう。

また、病院ごとに患者に対する方針が定まっているので、誰でも同じ内容の診察が受けられる一方で、一人一人のペースや体調に合わせた柔軟な対応は望めません。

さらに言えば、異動によって担当医師が代わることも珍しくありません。

産婦人科専門の病院・診療所

産婦人科専門の病院や診療所のメリットは、初めて診察を受けた時から出産まで、同じ医師に観てもらえることが多く、医師との信頼関係が築けることです。

また、信頼関係に基づいて何でも疑問や悩みを気軽に相談することができますし、医師も丁寧に応えてくれることも多いものです。

一方で、病院ごとに個別の方針があり、それに合わせなければならないことはデメリットです。

自分の妊娠に対する考え方に合致した病院を探すのは手間がかかりますし、ようやく見つけたと思ったら、家から遠く離れた場所で通えないということも珍しくありません。

また、緊急時や産婦人科以外の治療が必要な場合に、迅速な対応が取りにくいことも課題です。

出産を踏まえて選ぶ

一言に出産と言っても、立会い出産(分娩)をはじめ、様々な出産(分娩)法法があり、病院によって可能な出産方法が異なります。

また、出産後にお母さんと赤ちゃんが同室で過ごせるかどうかも病院によります。

妊娠中のことだけでなく、出産や出産後のことまで考えて産婦人科を選ぶことも大切です。

妊婦健診を受ける時期はいつから

早期妊娠検査薬を使用すれば、妊娠3週頃から妊娠を確認することができます。

しかし、妊娠検査薬で分かるのは、妊娠しているという事実のみで、子宮の状態や子宮外妊娠などの異常まで調べることはできません。

そのため、母体と赤ちゃんの安全のために、妊娠が分かると早い段階で産婦人科の診察を受ける人が多くなっています。

ただし、妊娠の目安となる胎嚢や心拍が確認されるのは、それぞれ妊娠4〜5週と妊娠6週以降です。

それ以前に産婦人科を受診した場合は、医師が妊娠しているかどうかを判断できないこともあり、胎嚢や心拍が確認できるようになる時期に再受診することになります。

スポンサーリンク

妊婦健診を受信する時の服装

妊婦健診を受ける時は、どんな服装が適しているのでしょうか。

トップス(上半身)

体重測定、内診、血圧測定、血液検査などがあるので、着脱や腕まくりがしやすいシャツやブラウスがおすすめです。

夏に診察を受ける場合は、病院内の冷房対策用にカーディガンを持参します。

ボトムス(下半身)

お腹がしまり過ぎない長めのスカートがおすすめです。

ズボン、レギンス、ストッキングなどは、すべて内診のときは脱がなくてはなりません。

どうしてもズボンを履きたい場合は、お尻や太ももが隠れる丈のトップスと合わせると、内診のときに下半身を隠すことができます。

また、レギンスやストッキングではなく靴下であれば、内診中も脱がずに済み、冷え性対策にもなります。

ハイヒールは、身体への負担が大きく転倒の危険性も高いので避け、底がフラットもしくはローヒールの靴を履くようにします。

妊婦健診の持ち物

妊婦健診に必要な持ち物は、以下のとおりです。

  • 健康保険証
  • 基礎体温表
  • お金
  • 妊婦健康診査受診券
  • 筆記用具

健康保険証

正常な妊娠には保険が適用されませんが、カルテ作成のために提出を求められます。

また、重度のつわりや流産など、治療が必要な問題や異常が見つかった場合には、保険が適用されます。

基礎体温表

医師が妊娠しているかどうかを判断する指標の一つになるので、基礎体温をつけている場合は持参します。

基礎体温をつける期間は3か月以上が望ましいとされていますが、1か月以上(月経周期以上)でも役に立つので持参しましょう。

なお、基礎体温をつけているかどうかに関わらず、最終月経開始日(最後に生理が始まった日)は医師から必ず聞かれるので、思い出しておきます。

最終月経開始日は、妊娠週数や出産予定日を知る上で大切な情報になります。

お金

病院によってかなり違いますが、正常な妊娠には保険が適用されないため、どの病院でも1万円〜1万5000円くらいはかかります。

カードで支払える病院は、一部の総合病院に限られているので、事前にカード払いの可否を聞いておきます。

妊婦健康診査受診券

自治体が、受診券方式で妊婦健診の公費負担をしている場合は、あらかじめ受診券を受け取って健診時に持参しましょう。

受診券は、自治体によって補助券やチケットと呼ばれることもあります。

筆記用具

医師の説明をメモするために使います。

なお、医師の前では緊張してしまい、受診前に抱えていた疑問や悩みを伝えきれない場合もあるので、事前に質問したいことをメモしておくと、聞き漏らしがなくなります。

スポンサーリンク

妊婦健診の流れ

妊婦健診 内容 流れ

妊婦健診の主な内容は、以下のとおりです。

  • 問診票の記入
  • 問診
  • 尿検査
  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 内診
  • 超音波検査(エコー検査)
  • 血液検査

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

問診票の記入

問診票は検査を受ける前に渡されるので、分かる範囲で詳しく記入します。

病院ごとに問診票の質問項目はバラバラですが、以下の項目は必ず聞かれます。

来院理由

産婦人科を受診した理由を記入します。

例えば、妊娠検査薬で陽性が出た、月経が遅れている、妊娠の初期症状と思われる症状があるなどと記入します。

自覚症状

体調の変化や異常を記入します。

例えば、熱っぽい、だるさが取れない、つわりの症状がある、いつもと違うおりものが出たなどと記入します。

体重

妊娠前後の体重の増減を比較して適正な体重を調べるために記入します。

覚えていれば「○○kg」と記入し、曖昧な場合は「約◯◯kg」「○○kgくらい」と記入します。

最終月経開始日

できるだけ正確に記入します。

日にちまで分かる場合は日にちまで、月までしか分からない場合は、「○月上旬」などと記入します。

出産・中絶の有無

抵抗がある人もいると思いますが、出産や中絶の有無は、妊娠や出産に大きな影響を及ぼす可能性があることなので、正確に記入します。

「出産、中絶のいずれもない。」、「○年前、妊娠○か月で中絶手術を受けた。」、「○年前に○か月の子を流産した。」などと記入します。

既往歴(病歴)

入院や手術が必要な病気をしたことがあるか、ある場合は時期と内容、完治したかどうかを記入します。

例えば、「平成○○年ころ(○○歳)、肺炎で○か月入院したが、現在は完治して通院服薬なし。」などと記入します。

問診

医師が、問診票をもとに来院理由や症状などをより詳しく確認します。

問診票に書ききれなかった体調の変化や異常についても、相談すれば医師が回答してくれます。

日常生活に支障が出るような症状や、出血やおりものの状態について不安がある時は忘れずに伝えておきます。

各種検査の後にも、医師から、正常な妊娠かどうか、赤ちゃんの状態、今後の生活についての留意点などについて説明されます。

医師によっては、短い説明で終わることがあるので、疑問や悩みが残る場合は積極的に質問する姿勢が大切です。

尿検査

妊娠検査薬と同じく、妊娠すると分泌される女性ホルモン(hCG/ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が尿の中に含まれているかどうかを調べます。

なお、初回以降は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の早期発見のために、それぞれ尿糖や尿タンパクを調べます。

体重測定

妊娠前と妊娠後の体重を比べて、体重の極端な増加や減少の有無を調べます。

適正な体重を維持することが母体や赤ちゃんの健康に直結します。

そのため、初診の後も妊婦健診の度に体重を測定し、増加や減少が顕著な場合は適正な体重に戻すよう指導されることになります。

また、体重の極端な増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こすリスクを高めます。

定期的に体重を測定することで、こうした病気の早期発見にもつながります。

通常の健康診断と同じで、服を着たまま体重計に乗るので、冷えない程度の薄着をしていき、アクセサリーや所持品はかばんなどにしまっておきます。

血圧測定

血圧は、母体と赤ちゃんの健康状態を知る指標になるもので、主として妊娠高血圧症候群の早期発見を目的に測定します。

体重と同じで、初診の後も妊婦検診の度に測定することになります。

会社の健康診断では服の上から検査されることもありますが、妊婦検診では腕をまくるように言われることが多いので、半袖もしくは腕まくりしやすい服を着ていきます。

内診

医師が、膣内に指や器具を挿入して、子宮や卵巣の状態を検査することを内診といいます。

下着を脱ぎ、内診台という特別な診察台の上に足を大きく開けて座った状態で行われることになります。

内診台はカーテンで仕切られているので、内診を行っている時に医師と顔をあわせることはありませんが、それでも女性にとっては精神的な負担がかなり大きい検査で、ほとんどの女性が緊張やストレスを感じています。

しかし、子宮や卵巣の状態や病気を発見するためには不可欠の検査です。

超音波検査(エコー検査)

膣内に経膣プローブという棒状の器具を入れて子宮の内部を検査するもので、エコー検査と呼ばれることもあります。

初診では正常な妊娠かどうかを調べます。

妊娠の中期や後期になると、赤ちゃんの器官の発育状況や異常の有無を調べることができます。

通常は2Dの画像ですが、赤ちゃんの外見を見るために3Dや4Dが使用されることがあります。

なお、超音波検査はX線を使用していないので、母体や赤ちゃんへの悪影響はありません。

血液検査

エイズやC型肝炎など各種感染症の有無や、内蔵機能の問題の有無、貧血かどうかなどを調べます。

留意点

以上は、初めて産婦人科の診察を受けたときの検査の内容です。

ただし、病院によっては、1回目は問診、内診、超音波検査のみで、その後の妊婦検診で残りの検査を行うこともあります。

また、地域によっては、母子手帳の申請に妊娠証明書の提出を要件としているところがあります。

この場合は、まず産婦人科で問診、内診、超音波検査を受けて妊娠証明書を発行してもらい、それを市区町村役場に提出して母子手帳を受け取った上で、再度、産婦人科を受診して各種検査を行うことになります。

スポンサーリンク

まとめ

初めて妊娠した人にとっては、妊婦健診は不安や心配が多いはずですが、自身の体調や赤ちゃんの成長を知るために欠かせないことです。

妊娠当初は母子ともに健康でも、その後、状態が急変することもあり得ますので、出産の前まで、毎回必ず受診するようにしてください。

なお、妊婦健診にはお母さんが一人で通っている家庭が多いのが現状ですが、お父さんが同行し、お母さんの体調や赤ちゃんの成長ぶりを確認することも大切なことです。

ページ上部へ戻る