menu
閉じる
  1. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

妊娠4ヶ月(12週、13週、14週、15週)は安定期?胎盤は完成する?

妊娠4ヶ月 安定期 胎盤

妊娠4ヶ月(12週、13週、14週、15週)頃になると、多くの女性はつわり症状が和らぎ、基礎体温も妊娠前と同じくらいまで下がって体調が良くなっていきます。

子宮内では胎盤が完成し、母体と赤ちゃんがへその緒(臍帯)でしっかり繋がります。

では、妊娠4ヶ月頃には具体的にどのような症状や変化があるのでしょうか?

また、日々の生活で気をつけることはどのようなことでしょうか?

このページでは、妊娠4ヶ月の概要、症状と過ごし方について紹介します。

妊娠4ヶ月の女性の状態と症状

妊娠4ヶ月頃に見られる変化や症状は、主に以下のとおりです。

  • つわりが治まる
  • お腹の膨らみが目立ち始める
  • 流産の確率が低くなる
  • 頻尿が治まることがある
  • 血液量が増加する
  • 胎盤が完成する

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

つわりが治まる

妊娠4か月目の女性の身体の変化で最も大きいのは、つわり症状が治まっていくことです。

ただし、つわりの始まる時期や症状の個人差が大きいのと同じように、つわりの治まり方や時期も個人差が大きく、ある日パッと症状がなくなる人もいれば、少しずつ治まっていく人もいます。

つわりが原因で食欲不振に陥っていた場合、つわりが治まると食欲も回復してきます。

お腹の膨らみが目立ち始める

妊娠12週頃になると、子宮は子どもの頭の大きさ程度まで膨らみます。

妊婦は、自分のお腹の膨らみを実感しますし、周囲から見ても、お腹周りが少しふっくらしてきたのが分かります。

妊娠4ヶ月頃からマタニティ下着の使用を始める女性もいます。

なお、女性は、自分の身体に起こる様々な変化で敏感に妊娠を感じ取りますが、身体に変化が起きない男性は、女性のお腹が膨らみ始めたのを見て妊娠を実感する人も多いものです。

流産の確率

妊娠13週以降は、流産する確率が減少します。

流産する確率は、以下のとおりです。

  • 流産全体:全妊娠の8~15%
  • 妊娠5週~7週:22~45%
  • 妊娠8~12週:35~49%
  • 妊娠13~16週:5~10%
  • 妊娠17週から22週:2~3%

(※流産率は統計によって数値が異なるため、参考値を記載しています。)

妊娠22週以降に胎児が死亡することは死産といい、死産の確率は2~3%前後です。

引用:乳児期の子育て

頻尿、尿漏れが治まることがある

子宮は、膨らむにつれて骨盤の上の方へ上がり、子宮の下側に位置する膀胱への圧迫が弱まります。

その結果、膀胱への圧迫が原因で起こっていた頻尿や尿漏れはましになることがあります。

ただし、妊婦全員に当てはまるものではなく、安定期以降も頻尿や尿漏れに悩まされることも少なくありません。

血液量が増加する

妊娠した女性の身体は、赤ちゃんにも血液を送り届ける必要が生じるため、妊娠前よりも血液量が増加します。

その結果、血液中の白血球が増加する一方で赤血球は減少し、血液の濃度が薄くなります。

また、薄くなった血液を母子で分け合うことになるため、女性は妊娠前よりも貧血に悩まされやすくなります。

人間の身体は、自力で血液濃度を濃くすることはできず、鉄分を多く含む食物をバランスよく摂取して貧血を予防しなくてはなりません。

胎盤が完成する

胎盤は、妊娠15週に完成します。

胎盤は、赤ちゃんに酸素や栄養を送り届け、赤ちゃんから老廃物や二酸化炭素などを排出する役割を果たしており、赤ちゃんの命綱ともいえる存在です。

また、女性ホルモンも分泌しています。

例えば、妊娠を継続させるためのプロゲステロンや、子宮の筋肉を柔らかくするエストロゲンは胎盤から分泌されます。

前置胎盤

胎盤は、受精卵が着床した場所にできます。

通常は、子宮底の近く(妊婦が立った状態では子宮内の上部)にできます。

しかし、胎盤が子宮口(妊婦が経った状態では子宮内の下部)にできることがあり、これを前置胎盤と呼んでいます。

前置胎盤は、子宮口を塞いでしまい、分娩時に問題となります。

胎盤の位置は妊娠4か月頃の超音波検査(エコー検査)で確認できますが、前知胎盤だったとしても、赤ちゃんの成長度や胎盤が子宮口を塞いでいる程度によっては、経過観察になることが多いものです。

妊娠9か月までは、妊娠週数を経るうちに子宮が膨らみ続け、それに伴って胎盤が押し上げられて前置胎盤が自然と解消される可能性があるからです。

へその緒(臍帯)

へその緒とは、へその緒(臍帯、さいたい)とは、お母さんと赤ちゃんを直接つなぎ、酸素や栄養の供給と老廃物の排出を担う器官です。

胎盤が完成すると、へその緒の臍静脈を通ってお母さんから赤ちゃんへと酸素と栄養が送り届けられ、一方で、へその緒の臍動脈を通って赤ちゃんからお母さんへと老廃物や二酸化炭素などの不要物が排出されます。

スポンサーリンク

妊娠4ヶ月の赤ちゃんの状態

妊娠15週頃の赤ちゃんはは、身長は約16cm、体重は約100gまで成長します。

身体の各器官がおおむね形成されており、今後は身体中の骨や筋肉が発達していきます。

子宮内の羊水の量が増加し、赤ちゃんは羊水の中で活発に動くようになり、口を開けたり閉じたりすることもあります。透明だった皮膚は不透明で厚くなり、外性器も形成されて、超音波検査で性別が確認できるようになります。

妊娠15週頃に胎盤が完成すると、胎盤を通してお母さんから直接酸素と栄養を受け取れるようになり、赤ちゃんの成長が加速します。

妊娠12週

へその緒の一部だった腸が、赤ちゃんの体内に移動して折れ曲がり、内側の壁面には染毛が生え始めます。

妊娠12週から14週にかけて腎臓が作られ、尿が羊水に排出されるようになります。

歯茎の中には、歯周と乳歯が作られていきます。

妊娠13週

気管が発達し、羊水を飲み込んだり吐き出したりして、呼吸の練習を始めます。

また、口の骨に筋肉が付いて頬が形成され、顔立ちが整っていきます。

歯茎の中には乳歯も生えてきます。

運動面では、親指とそれ以外の指を別々に動かせるようになります。

妊娠14週

妊娠14週頃には、赤ちゃんの首がしっかりしてきます。

妊娠13週頃までは、肩に頭を乗せるような姿勢だったものが、頭を持ち上げて首を伸ばした状態を保つことができるようになります。

赤ちゃんの髪の毛の生えるパターンは、妊娠14週頃に決まると考えられています。

運動面では、口を開けたり閉じたりする他、手を握ったり手首を動かしたりする、足の向きを変えたり蹴ったりするようになります。

妊娠15週

胎盤が完成する時期です。

胃の形成が進み、背中にも筋肉がつきます。

妊娠14週頃に首を伸ばせるようになりましたが、妊娠15週には首と頭がまっすぐになっていきます。

また、足の指の爪が形成され始めます。

スポンサーリンク

妊娠4ヶ月に気をつけること

妊娠4ヶ月頃には、つわり症状が落ち着いて安定期に入る女性が増えますが、妊娠中であることは変わりないので、十分な休養と睡眠、栄養バランスの良い食事など、母子の健康に配慮した生活を送ることが大切です。

妊娠4ヶ月頃に気をつけたいことは、以下のとおりです。

  • ゆったりした服を着る
  • トイレを我慢しない
  • 腰痛に気をつける
  • ストレスをため込まない
  • 食べ過ぎない
  • むくみ(浮腫)に気をつける
  • 仰向けに寝る時間を減らす

ゆったりした服を着る

妊娠4か月になると、お腹の膨らみを実感できるようになり、目で見ても分かるようになってきますが、子宮の膨らみでお腹が苦しくなることはありません。

そのため、妊娠前と同じ格好をし続ける人がいますが、外見上は大きく目立っていなくても、お腹の中には確かに赤ちゃんがいて成長を続けています。

お腹を締め付ける服装は赤ちゃんに負担をかけるので、ワンピースなどおなか周りがゆったりした服を着るよう心がけてください。

トイレを我慢しない

尿を我慢すると膀胱炎になる可能性があるため、尿意を催したらすぐトイレに駆け込みましょう。

外出時は、常にトイレの場所を確認しておくようにします。

腰痛に気をつける

妊娠中のしんどい症状の一つに腰痛があります。

妊娠4か月頃の腰痛の原因は、体重の増加や、膨らんだお腹を支えるために腰椎の負担が増すことです。

妊娠中の腰痛は長引きやすいので、医師と相談の上で、マタニティインナーや骨盤矯正器具などの利用を検討しましょう。

ストレスを溜め込まない

妊娠4か月になると、お腹の膨らみを自覚し、身体の変化を「太った。」、「身体の機能が落ちてきた。」などとネガティブな方向に受け取ってストレスを感じる女性は少なくありません。

しかし、妊娠中の身体の変化は、赤ちゃんが健康に育つためのポジティブな変化なので、ポジティブに捉えることが大切です。

お母さんのストレスは赤ちゃんにも伝わるので、気持ちはできるだけ前向きに保ち、ストレスを感じずに済むよう工夫してください。

食べ過ぎない

つわりが治まると急に食欲がわき、ついつい食べ過ぎて体重が激増したてしまいがちです。

また、これまで食べられなかった分、赤ちゃんにたくさん栄養をあげなくてはならないという思いから食べ過ぎてしまう場合もあります。

しかし、お母さんが、1日3食、栄養バランスの取れた食事を食べていれば、赤ちゃんは、成長に必要な栄養をお母さんから受け取ってすくすく成長していきます。

一方で、食べ過ぎによる急激な体重の増加は、妊娠糖尿病や妊娠中毒症のリスクを高めます。

また、難産の原因になったり、出産後にも影響を及ぼしたりすることがあるので、食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

むくみ(浮腫)に気をつける

妊娠中は、足首や足の甲にむくみができることがあります。

むくみ対策としては、長時間の立ち仕事を控えたり、塩分を控えたりすることが考えられます。

また、適度に身体を動かすことも効果的です。

仰向けに寝る時間を減らす

仰向けで寝ると、脊椎の右側にある血管を圧迫してしまい、血流が悪くなってしまいます。

そのため、就寝時には意識して、左を下にして眠るようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

妊娠4ヶ月頃は、つわり症状が落ち着き、妊娠中のしんどさがひと段落する時期です。

しかし、妊娠中であることは変わらないので、母子の健康に気を配り、落ち着いた生活を送ることが大切です。

具体的には、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠や休養、規則正しい生活リズムなどです。

妊娠前に不規則で不健康な生活を送っていた場合でも、少しずつ改め、妊娠4ヶ月頃までには規則正しく健康的な生活を送れるよう調整しましょう。

ページ上部へ戻る