menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

離婚を招く産後クライシスの原因とは?改善できる?

産後クライシス 離婚 赤ちゃん

産後クライシスとは

産後クライシスとは、赤ちゃんが生まれた後の家庭の変化が原因で、夫婦関係が悪化する現象のことです。

赤ちゃんが生まれると、お父さんお母さんの生活リズムや優先順位は大きく変化します。

お母さんは、24時間つきっきりで赤ちゃんをお世話する必要に迫られ、慢性的な睡眠不足やストレスに苦しみますし、出産後のホルモンバランスの崩れも相まって、精神的にも不安定になりがちです。

慣れない育児に右往左往し、当然、それまでのように家事をすることは難しくなります。

一方のお父さんは、赤ちゃんの誕生を喜びつつ、赤ちゃんが加わったことによる生活の変化にすぐには馴染めず、困惑してストレスを感じる傾向があります。

昔から、赤ちゃんが生まれた後に夫婦仲が一時的に悪化することはよくありましたが、最近は、産後クライシスがこじれて離婚に至る夫婦が増えてきており、社会現象になっています。

厚生労働省が、シングルマザーを対象に離婚時期を調査した結果を見ると、赤ちゃんが0歳から2歳のときに離婚した人が約30%と一番多く、産後クライシスを乗り越えられなかった夫婦がいかに多いかが分かります。

産後クライシスの原因

変わるお母さんと変わらないお父さん

「女性は、妊娠を機に母になり、男性は、赤ちゃんに関わる中で父になる。」と言われます。

お母さんは、おなかに赤ちゃんを宿して、約10ヶ月にわたって赤ちゃんの命を育む中で、お母さんとしての自覚と責任を自然と身につけていき、赤ちゃんが生まれる頃には心も身体も「母」になっています。

そして、赤ちゃんが生まれた瞬間から、否応なしにつきっきりで赤ちゃんのお世話をすることになるので、必然的に、生活は赤ちゃん中心にシフトしていきます。

一方のお父さんは、妊娠することも産みの苦しみを味わうこともないので、赤ちゃんが生まれてくるまでに「父」になるという実感は持ちにくいものです。

生まれてきた赤ちゃんを見て「自分に子供ができたんだ。」と実感しますが、お母さんのようにつきっきりで赤ちゃんのお世話をすることは、現代日本においては多くはなく、たいていは、赤ちゃんが生まれる前と変わらない生活を送るため、お母さんが急に生活を変えたことに驚き、戸惑います。

こうした違いから、お母さんはお父さんに対して、「育児のしんどさを分かってくれない」、「育児に協力してくれない」、「自分だけ、赤ちゃんが生まれる前と同じ生活を送っている」といった不満を抱きます。

一方のお父さんはお母さんに対して、「赤ちゃんのことばかり構うようになった」、「自分だけ蚊帳の外に置かれている気がする」、「できるだけ育児に協力しているのに感謝されない」といった不満を抱きます。

そして、夫婦のすれ違いが繰り返されるうちに、産後クライシスに陥ってしまいます。

産後クライシスの問題は、育児に理解のないお父さんの態度や言動にお母さんがストレスを募らせて、夫婦関係が悪化するかのように語られがちです。

しかし、実際は、お父さんもお母さんの態度や言動にストレスを感じており、互いの気持ちがすれ違うことで産後クライシスに陥っていることが多いものです。

お母さんのホルモンバランスの変動と疲れ

赤ちゃんが生まれた後は、妊娠中にたくさん分泌されていた女性ホルモン急激に減ってホルモンバランスが崩れるため、精神的に不安定になることが増えますし、自律神経にも影響が出て、いらいらした気持ちをコントロールすることも難しくなります。

また、赤ちゃんのお世話は毎日24時休みなく続くものなので、生活リズムの変化と慢性的な睡眠不足で疲れがたまり、心と身体の調子を崩しやすくなります。

こうしたお母さんの心と身体のことについて、理解の乏しいお父さんは未だに多く、お母さんがイライラしているのを咎めたり、トゲのある発言に反応したりして夫婦げんかに発展させてしまいがちです。

スポンサーリンク

産後クライシスを改善、解消する方法

産後クライシスを改善、解消し、赤ちゃんが加わった家庭で楽しく生活を続けるためには、お父さんお母さんが互いの気持ちを察しながらコミュニケーションを図ることが欠かせません。

お母さんが育児の中心になることが多い日本の家庭においては、まず、お父さんが、慣れない育児に奮闘しているお母さんのしんどさや辛さを理解し、育児を自分の役割だと受け止めて真剣に対応することが大切です。

一方で、お母さんは、お父さんが家族関係の変化に必死に適応し、仕事をしながらできる限り育児に関わろうとしていることに気づく必要があります。

産後クライシスを克服するための具体的な方法は、次のとおりです。

お母さん

グチを言える相手を見つける

お母さんが産後クライシスをこじらせる一番の原因は、育児やお父さんに対する不満やストレスを一人で抱え込んでしまうことです。

親でもママ友でも良いので、自由にグチを言える相手を見つけ、ストレスが爆発する前にこまめにガス抜きするようにしましょう。

自分の時間を確保する

親に赤ちゃんを預ける、休日はお父さんに赤ちゃんのお世話を任せるなど、赤ちゃんのお世話を周囲に任せて羽を伸ばすことも大切です。

毎日24時間、欠かさずお世話しているのですから、「赤ちゃんに悪い」と感じる必要はありません。

もし、協力してくれる人がいない場合は、託児所や一時保育の活用も検討してください。

「指示と怒り」を「感謝と助言」に変える

「お父さんが思ったように育児に協力してくれない。」というのは、子育てに奮闘するお母さんの多くが感じていることですし、あれこれ指示したり、感情的に怒ったりしてしまうというのもありがちなことです。

しかし、指示したり怒ったりしても、夫婦けんかになるだけで何も解決しませんし、よりストレスがたまります。

気持ちに余裕があるときで良いので、お父さんの育児参加に対して感謝を伝え、おかしなところがあれば、それとなく助言するようにしてみてください。

お父さんとしては育児に積極的に参加する気になりますし、お母さんとしてもお父さんから思ったとおりの協力を引き出しやすくなるはずです。

お父さん

育児を自分の役目だと自覚する

赤ちゃんは、お父さんとお母さんで作り、産み、育てるものです。

まずは、育児を自分の役目だと自覚し、お母さんと協力して育児にたずさわる意欲を持ちましょう。

赤ちゃんと2人で過ごす時間を作る

お風呂に入れる、散歩に出かけるなど、赤ちゃんと2人で過ごす時間を持つことで、赤ちゃんに対する愛情を感じて「父」としての自覚や責任を持つきっかけになりますし、お母さんの大変さを実感を持って理解することにもつながります。

出産後のお母さんの変化を理解する

出産後のお母さんが直面する、ホルモンバランスの変化や育児疲れについて理解することで、お母さんの大変さがわかりますし、お母さんに対する関わり方も変化するはずです。

関連ページ

うちの場合

正直、24時間つきっきりとは言え、赤ちゃんが寝ているうちはゆっくり寝ていられるし、ずっと家にいられるのだから、毎日朝から夜遅くまで働く私の方が大変だろうという思いがありました。

そのため、赤ちゃんが生まれた途端、朝食や弁当を作ってくれなくなり、家事もほとんどできなくなってしまった妻に不満がありました。

妻の方も、私が指示どおりに家事育児を行わず、毎日のように夜遅く帰宅することに不満を抱いていました。

また、出産後のホルモンバランスの崩れによる体調不良が酷かった上に、1,2時間ごとに大泣きする赤ちゃんのお世話に追われて余裕をなくし、赤ちゃんが生後1ヶ月になるころには、私への風当たりはかなり強くなっていました。

私の方も育児に対する認識の甘さと、仕事の疲れから、妻の発言にいちいち反発してはけんかを繰り返していました。

典型的な産後クライシスだったと思います。

産後クライシスを克服するきっかけは、1ヶ月健診で赤ちゃんの体重が増えていなかったことです。

もともと巨大児で生まれたので、体重については心配していなかったのですが、1ヶ月健診で計測すると、出生時からほとんど体重が増えていませんでした。

最初は、妻の育て方が悪いと批判しそうになりました。

しかし、育児に全力投球して疲弊した状態で、赤ちゃんの体重が増えていないという現実を突きつけられた妻の絶望感を考えると、とても口にはできませんでした。

健診の後、医師の助言でミルクを飲ませるようになり、体重は一気に増加しましたが、ベビースケールを借りて毎日体重を計り、赤ちゃんの様子をそれまで以上に確認するようになりました。

そうするうちに、自然と赤ちゃんと接する機会が増え、育児の大変さも痛感するようになり、気が付けば妻とのけんかも少なくなっていました。

ページ上部へ戻る