menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

蒙古斑(お尻の青いアザ)とは?原因と消失時期は?治療は必要?

蒙古斑

蒙古斑とは

蒙古斑は、赤ちゃんのおしり(臀部)から腰や背中に生まれたときからあるアザのことです。

蒙古斑の有無は人種によってかなり差があり、黄色人種の赤ちゃんのほぼ90%、黒人の赤ちゃんの約80%、白人の赤ちゃんの約10%にみられます。

一方で、男女差は認められません。

蒙古斑の原因

蒙古斑は、胎児の頃に、メラノサイトというメラニンを生成する色素細胞が真皮の中に消えずに残ったものです。

身体に害はありません。

異所性蒙古斑(おしり以外の蒙古斑)

蒙古斑は、おしりだけではなくて、腰や背中、太もも、手足にもみられることがあり、おしり以外にみられる蒙古斑を異所性蒙古斑といいます。

異所性の蒙古斑は、色の濃いもの薄いものや、広い範囲にできるものなど、個人差が大きいものです。

また、大人になるまで残る異所性蒙古斑(持続性蒙古斑)もあります。

スポンサーリンク

蒙古斑はいつから、いつまで(消失時期)

いつから

蒙古斑は、胎児の頃にできており、生まれた時点でみられます。

いつまで(消失時期)

通常の蒙古斑は、生まれてから青色が強く出ますが、時間が経つにつれて色が薄くなっていき、小学校に入学する前後、遅くとも10歳頃までに消えていきます。

異所性蒙古斑、特に、持続性蒙古斑の場合は、大人になっても残ることがありますが、たいていは時間がかかるもののいずれ消えてなくなります。

蒙古斑の治療

蒙古斑は、自然に消えていくものなので治療は必要ありません。

しかし、手足などの蒙古斑は人目につくため、特に女性は気になってしまうものです。

そのため、自然に消えるのを待たずに、レーザー治療で消してしまう人も少なくありません。

蒙古斑のレーザー治療

レーザー治療は、6ヶ月から1年ほどの間に数回レーザー照射(Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー)を行います。

費用は治療を受ける病院等や、蒙古斑の範囲(面積)によってバラつきがありますが、10万円前後から数十万円(保険適応を受けると3割負担)になります。

スポンサーリンク

蒙古斑との見間違えに注意

皮下出血

皮下出血は、濃い蒙古斑と見間違えることがあります。

皮下出血は、紫色で、短い期間で色が変化するのに対し、蒙古斑は短期間で色調が変化しないという違いがあります。

青色母斑、太田母斑(早発型)

青色母斑や太田母斑(早発型)も蒙古斑と見間違えやすいものです。

青色母斑は、隆起しているかどうか(蒙古斑は隆起していない)、太田母斑は、眼球に症状が見られるかどうか(蒙古斑はみられない)、褐色を帯びているかどうか(蒙古斑は褐色は帯びない)で区別します。

関連ページ

ページ上部へ戻る