menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?3ヶ月健診は?

生後3ヶ月 赤ちゃん 運動機能 発達

生後3ヶ月ってこんな時期

生後3ヶ月の赤ちゃんは、抱っこしてあやすとにこっと微笑み、うんちをして気持ち悪いと嫌そうな表情を浮かべるなど、表情が豊かになってきます。

体つきは生後2ヶ月の頃より丸々として、愛らしさが増します。

首がすわる赤ちゃんも出てきますし、筋肉も発達してより自由に身体を動かせるようになります。

一方で、少しずつ原始反射がなくなっていきます。

スポンサーリンク

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:57.5cm~66.1cm
  • 女の子:56.0cm~64.5cm

個人差があるので、あくまで目安と考えてください。

体重

  • 男の子:5,120g~8,070g
  • 女の子:4,840g~7,530g

身長と同じで個人差があります。

生後3ヶ月頃までは人生で最もよく発育する時期で、体重は出生時の約2倍になります。

生後3ヶ月を過ぎた頃からは、体重の増加が少しずつ緩やかになっていきます。

関連ページ

身長と体重の伸びを他の赤ちゃんと比べない

身長と体重は、赤ちゃんが成長を知る上で分かりやすい指標になる一方で、他の赤ちゃんと比べて一喜一憂しやすいものでもあります。

太った人や痩せた人、身長の高い人や低い人がいるように、赤ちゃんの身長や体重も一人一人違い、違うのが普通です。

月齢を経るにつれて、他の赤ちゃんとの差は目立ってきますが、比べたりせず赤ちゃんの成長のペースを暖かく見守ってあげましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴

体つき

頬がアンパンマンみたいにぷっくりするなど、体つきは生後2ヶ月の頃よりも丸くなります。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、生後2ヶ月よりも手足の動きが活発になります。

特に、手の動きは多彩になり、赤ちゃんの手のひらをひらひらさせたり、ガラガラなどのおもちゃを握ったりできるようになります。

また、指しゃぶりしたり、手を口に入れたり、手をひらひらさせてひとり遊びしたりできるようになります。

気分が良いとき、気分が悪いとき、さみしいときなどには、大きな声で喃語を発したり、大声で泣いたりしながら、手足をバタバタさせて周囲にアピールします。

関連ページ

原始反射がなくなり始める

赤ちゃんが自分の身体を自由にコントロールできるようになるにつれて、生まれ持った原始反射が少しずつなくなっていきます。

関連ページ

肌荒れに注意

生後2ヶ月から生後3ヶ月ころになると、乾燥肌になる赤ちゃんが増えてきます。

乾燥肌を悪化させないためには、体を洗うときに赤ちゃんの皮脂を落としすぎないようにして、保湿成分を補ってあげることが大切です。

体を洗うときは、ぬるま湯にひたして絞ったガーゼタオルでポンポンと肌を叩くようにし、入浴するときは、体温と同じか少し低いくらいのお湯に入れます。

体の水分を拭き取ってから、保湿成分が豊富なクリームやローションを塗ってあげます。

関連ページ

首がすわる

赤ちゃんは、首が不安定な状態で生まれてきます。

抱き抱えると頭がグラグラしますし、ちょっとした衝撃でも痛めてしまいます。

「首がすわる」とは、首の周りに筋肉がついて、赤ちゃんが自力で首を支えられるようになり、首の動きをコントロールできる状態になることです。

赤ちゃんの首がすわるのは、早い赤ちゃんだと生後3ヶ月くらい、ゆっくりの赤ちゃんだと生後4~5ヶ月くらいです。

首がすわったかどうかの目安

  • うつ伏せの状態で、自力で頭を持ち上げて、上下左右に動かすことができる(肘をつき、腕をつっぱります。)
  • 仰向けの状態で、両手を持って引き起こしたときに、頭が自然についてくる(ダラっとならない)
  • 赤ちゃんをたて抱きしたときに、首を真っ直ぐに保っていることができる

ある日突然、首がすわって一気に安定するわけではないので、首がすわったと思っていても、ふとしたときに首がグラグラすることがあります。

また、赤ちゃんは、大人に比べて頭が大きいので、身体のバランスを取るのが難しいものです。

そのため、首がすわったからといって安心せず、抱っこする際には手で赤ちゃんの頭を優しく支えてあげましょう。

関連ページ

指しゃぶりを始める

指しゃぶりを始める赤ちゃんも出てくるのも生後2ヶ月~生後3ヶ月頃です。

赤ちゃんは体がとても柔らかいので、自分の足を口に入れる赤ちゃんもいます。

この時期の赤ちゃんにとっての指しゃぶりは、大切な遊びの一つです。

止めたりせず、思う存分指しゃぶりさせてあげましょう。

ただし、手足がヨダレまみれになるのは衛生上良くないので、しゃぶった後の手足は濡らしたガーゼやタオルでやさしく拭き、いつも清潔にしておくことが大切です。

関連ページ

喃語(クーイング)が出始める

生後2ヶ月~生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、気分が良いときに「あ、あ」「う~」など声を出せるようになります。

赤ちゃんが発する意味のない声を喃語(クーイング)といいます。

喃語(クーイング)は、赤ちゃんが言語を獲得する前の段階で、声帯の使い方や発声される音を学習するために発するものです。

生後2ヶ月~生後3ヶ月では、喃語(クーイング)のパターンも回数もまだまだ少なく、声の大きさを調節することもできません。

しかし、月齢を経るにつれてレパートリーも回数も増えていき、調節もできるようになって、次第に意味のある言葉になっていきます。

赤ちゃんが喃語を話したら、しっかり受け答えしてあげましょう。

喃語に対して周囲が反応し、また赤ちゃんが喃語を出すというプロセスは、赤ちゃんの言語獲得にとって大切です。

関連ページ

黄昏(たそがれ)泣き

赤ちゃんが、夕方ころから夜にかけて、特に理由がないのに泣くことを黄昏泣きといいます。

黄昏泣きは、コリックと呼ばれることもあり、生後3ヶ月頃に始まり、おおむね4~5ヶ月頃になくなるのが一般的です。

黄昏泣きの原因ははっきりと分かっていませんが、日中の疲れを感じているから、暗さを認識できるようになったからなどと考えられています。

個人差はありますが、敏感な赤ちゃんが黄昏泣きをしやすい傾向があります。

一度黄昏泣きが始まると、母乳やミルクをあげようとしても、抱っこしてあやしても泣き止みません。

優しく抱っこし、赤ちゃんが自然に泣きやむのを待ってあげましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

生後3ヶ月の赤ちゃんの母乳やミルク

生後3ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクを欲しがる間隔が3~4時間ごとになり、一度に飲む量も増えていきます。

生後2ヶ月頃までは、授乳後はすぐ寝ることが多いのですが、生後3ヶ月頃になると、授乳後も目を覚ましていて、元気に体を動かせるようになってきます。

飲み過ぎだと思うこともあるかもしれませんが、たくさん動いてエネルギーを消費しているので、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

ミルクの場合、たくさん飲むからといって粉ミルクの調乳を薄めると、赤ちゃんの胃に負担がかかるので控えてください。

反対に、母乳やミルクを飲む量が増えないと心配になるでしょう。

しかし、体重が増え続けている場合は経過観察で問題ありません。

体重が減り始めた場合は小児科に相談しましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後3カ月の赤ちゃんは、日によっては3~5時間くらい続けて眠れるようになります。

十分な母乳やミルクを飲めていれば、夜に寝てから朝までぐっすり眠っている日もあります。

ただし、夜中に母乳やミルクを欲しがることもまだ多いので、常に赤ちゃんのそばにいて、泣き声が聞こえたらすぐ対応してあげる必要があります。

関連ページ

お出かけ

生後3ヶ月頃になると、首がすわってきますし、起きている時間も長くなってくるので、赤ちゃんの体調を見ながらお出かけの頻度や時間を増やしてみましょう。

家の周辺なら抱っこで、買い物や少し離れたところへのお出かけは抱っこひもやベビーカーを使います。

散歩に出かけるときは、季節にあった服を着せてあげ、天気や出かける時間帯にも注意しましょう。

赤ちゃんとのお出かけで持っていきたいもの

母子手帳、健康保険証、医療証、おむつ、おしりナップ、ガーゼハンカチ、着替えなどは必需品です。

授乳ケープやストールなども準備しておくと便利です。

ミルクは、作った瞬間から時間の経過とともに雑菌が増えていきますし、冷めてしまうので、30分以上持ち歩くのは控えるようにしてください。

遠出する場合は、飲ませる前に作ってあげるようにします。

関連ページ

日焼け対策

日焼け対策も欠かせません。

赤ちゃんの肌は、大人の肌よりも紫外線の影響を受けやすいので、服や日焼け止めでしっかり対策する必要があります。

関連ページ

スポンサーリンク

3ヶ月健診

生後3ヶ月の赤ちゃんは、3ヶ月検診を受ける時期です。

3ヶ月健診では、身長、体重をはじめとする身体の発育状況に加えて、視覚、聴覚、首がすわっているかどうかなどの発達をチェックします。

チェックする主な内容は、次のとおりです。

  • 身体測定(身長、体重など)
  • 首がすわっているかどうか
  • お座り
  • 視覚(追視のチェックなど)
  • 聴覚
  • 股関節の動きが正常かどうか
  • 内科と整形外科の診察
  • 神経の発達状態
  • 栄養状態

予防接種

生後3ヶ月から受けられる予防接種は、四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)ワクチンとBCGワクチンです。

3ヶ月健診の日と予防接種の日を合わせると、時間を節約できます。

なお、予防接種は、赤ちゃんが体調を崩していると実施できないので、体調管理には十分注意しておく必要があります。

関連ページ

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後2ヶ月に戻る:生後2ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?お出かけ、縦抱っこは?

生後4ヶ月に進む:生後4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜中に起きる?

ページ上部へ戻る