menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝かしつけは?

生後1ヶ月 赤ちゃん 運動機能 発達

生後1ヶ月ってこんな時期

生後1ヶ月の赤ちゃんは、生理的体重減少が終わり、母乳やミルクをたくさん飲んでどんどん大きくなっていきます。

身長は1ヶ月で5cmくらい、体重は1kgくらいなので、まだまだ小さく毎日の変化も微々たるものですが、一歩一歩着実に成長しています。

手足に筋肉がついてくるので、手足を伸ばしたり、縮めたりできるようになりますし、近くの物を目で追うこともできるようになります。

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:50.9cm~59.6cm
  • 女の子:50.0cm~58.4cm

個人差は大きいですが、出生時から1ヶ月間で身長が5cm伸びていれば、発育は順調と言えます。

伸びたのが5cm以下でも、健康状態に問題がなく、母乳やミルクをしっかり飲んでいれば問題はありません。

どうしても不安なときは、小児科の医師か一ヶ月健診で相談しましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、立つことができないので、身長を測るためのシートに寝かせて測ります。

赤ちゃんがシートに寝るのを嫌がることもあるので、赤ちゃんのご機嫌を見ながら、お父さんお母さんが協力して測ってあげましょう。

体重

  • 男の子:3,530g~5,960g
  • 女の子:3,390g~5,540g

出生時から1kgくらい増加していれば発育は順調といえます。

ただし、赤ちゃんの体重の増減は大人よりも急なので、体調が良ければぐんぐん増えていきますし、体調が悪いとガクッと減ってしまうことがあります。

また、母乳やミルクを飲む量や、便や尿の量によって赤ちゃんの体重は大きく変化します。

関連ページ

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴

体つきや手足

生後1ヶ月の赤ちゃんは、出生時と比べると全体的に肉付きがよくなり、ふっくらと丸みを帯びた体型になります。

特に、手首や足首の境目のシワがくっきりできて、骨の位置が分からないくらい肉が付きます。

また、新生児期にはキュッと握られていた赤ちゃんの手は、やんわりと開いてきて、自力で腕を伸ばすこともできるようになります。

うつぶせ寝とあおむけ寝

うつぶせ寝

赤ちゃんをうつぶせに寝かせると、顔を左右どちらかに向けます。

中には、ほんの少しですが顔をあげる赤ちゃんもいます。

うつぶせは、首周りの筋肉が鍛えられるため、首がすわる時期が早まるメリットがあります。

一方で、窒息や乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高まるため、赤ちゃんのそばを離れるときは、うつぶせで寝かせないようにしましょう。

関連ページ

あおむけ寝

赤ちゃんをあおむけに寝かせると、腕はW字型、足はM字型のポーズをとります。

また、片方の手をグーッと伸ばしたり、手足をバタバタさせたりします。

まだ、寝返りはできません。

赤ちゃんの目

生後1ヶ月の赤ちゃんは、目で物を追いかけることができるようになります。

これを追視といいます。

また、抱っこした人の顔をじっと顔を見つめ、顔が動いた方向を見ようとします。

目から30~40cmくらい離れたものが一番見えやすく、それより離れると見えにくくなります。

原始反射

赤ちゃんは、周囲の刺激に対して自動的に反応する仕組みをもって生まれてきます。

これを原始反射といいます。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 把握反射:指などを赤ちゃんの手のひらに触れさせると、手のひらをギュッと握る
  • 足底把握反射:足の裏や、足の親指の付け根を圧迫すると、足の指が5本ともギュッと丸める
  • モロー反射:あおむけの状態で頭を下ろすと、あっと驚くポーズ(両腕を外側に向けて開く)をして、それから両腕を自分の体に引き寄せる
  • 引き起こし反射:両手を持って赤ちゃんの上体を引き起こすと、首や肩などの筋肉を使って肘を曲げ、身体を丸める
  • 非対称性緊張頸反射:あおむけに寝かせた状態で首を右側に向けさせると、右の手足を伸ばし、左の手足を曲げる

関連ページ

脂漏性湿疹

頭部や顔にかさぶた状やふけ状の湿疹ができる乳児湿疹を、脂漏性湿疹といいます。

新生児期から生後4ヶ月ころまでの間にできやすい湿疹で、脂漏性皮膚炎、乳児脂漏性湿疹ということもあります。

関連ページ

うんちは水気が少なくなり、回数も少なくなる

生後1ヶ月の赤ちゃんのうんちは、新生児期に比べると水気がなくなり、おしっことの区別が簡単にできるようになります。

新生児期に比べるとうんちの回数が減り、毎日出ないこともあります。

個人差はありますが、母乳のみを飲んでいる赤ちゃんのうんちは、黄色もしくは緑っぽくて、柔らかめです。

それに比べ、ミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんちはやや硬めです。

関連ページ

便秘に注意

赤ちゃんのおなかが張っているときや、1週間くらいうんちが出ないときは、便秘を疑います。

赤ちゃんは、便秘になっても便秘薬を使用することはできません。

普段よりも水分を多めにあげる、お風呂でおなかをじっくり温めてあげる、白湯を飲ませてあげるといった方法で、便秘解消を目指すことになります。

1週間以上便秘が解消されない場合は、小児科を受診しましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

新生児期に比べると、赤ちゃんが起きている時間が長くなります。

昼間に起きている時間が長くなり、夜はスヤスヤ眠る赤ちゃんが多いですが、夜になると起きて泣き出す夜型の赤ちゃんもいます。

赤ちゃんは、周囲の環境に大きな影響を受けますし、小さな物音や明かりに敏感な赤ちゃんもいます。

夜型の赤ちゃんの場合、お父さんお母さんの生活リズムの影響を受けている可能性があるので、まずは、お父さんお母さんの生活を見直しましょう。

赤ちゃんの寝かしつけには、早めに照明を落とす、お父さんお母さんも早めに寝るといった対応が有効な場合もあります。

赤ちゃんの生活リズムが乱れていて、生活に支障が出ている場合は、小児科の医師に相談してください。

関連ページ

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後0ヶ月に戻る:生後0ヶ月(新生児期)の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝ない?

生後2ヶ月に進む:生後2ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?お出かけ、縦抱っこは?

ページ上部へ戻る