menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  10. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
閉じる

乳児期の子育て

モロー反射とは?いつまで?赤ちゃんがビクッと起きる、激しい時の対策は?

赤ちゃん モロー反射

赤ちゃんは、生まれたての頃から母乳を飲んだり、手で物を握ったり、手足を動かしたりすることができます。

しかし、こうした動きは、赤ちゃんの意思によるものではなく、生まれつき備わった反射によるものです。

赤ちゃんに生まれつき備わっている反射を原始反射といい、赤ちゃんの生命維持のために大切な役割を果たしています。

モロー反射は、代表的な原始反射の一つで、赤ちゃんの運動発達の指標として乳幼児健診でも確認されています。

いったいどのような反射で、いつから出現していつまで続くのでしょうか?

このページでは、モロー反射の概要、出現時期と消失時期(いつから、いつまで)、モロー反射の確認方法、モロー反射の異常について紹介します。

原始反射とは

まず、原始反射について確認しておきましょう。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

原始反射は、赤ちゃんが生まれたての頃から備わっていて、おっぱいを飲んだり、危険から身を守ったりするために機能しています。

また、原始反射を繰り返すうちに、自分の意思で身体を動かすことができるようになっていきます。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

モロー反射とは

モロー反射とは、①赤ちゃんをあおむけにした状態で、②頭と首を支えながら、赤ちゃんの頭を30度くらい抱き起こし、③急に頭を床の方に下ろした場合に、④赤ちゃんが両腕を外側に伸ばして指を広げ(驚くようなポーズ)、⑤その後、何かにしがみつくように腕を内側に回して身体に引き寄せる原始反射です。

モロー反射は、高いところから落下した場合に頭や身体を守るために備わっている原始反射だと考えられています。

モロー反射という名前は、モロー反射を発見した医師エルンスト・モローのラストネームから名付けられました。

モロー反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

モロー反射はいつから(出現時期)

モロー反射は、胎児のころ(在胎28週頃)に出現し、在胎38週頃に成熟します。

そのため、新生児期の頃から確認することができます。

モロー反射はいつまで(消失時期)

健常な赤ちゃんの場合は、生後4ヶ月頃には自然に消失します。

一方で、脳性麻痺など脳に異常がある場合、生後4ヶ月を過ぎてもモロー反射が消失しないことがあります。

スポンサーリンク

モロー反射の有無の確認方法

原始反射は、健常な赤ちゃんが備えている機能で、原始反射の有無や強さ弱さ、出現の仕方は、障害の有無や程度、運動機能の特徴を把握する指標になるものです。

そのため、赤ちゃんが生まれた病院を退院する前や、乳幼児健診(1ヶ月健診、3、4ヶ月健診、6ヶ月健診)では、医師がモロー反射の有無などを確認します。

家庭でもモロー反射を確認したい場合は、次のやり方で試してみてください。

  1. 赤ちゃんを布団やベッドにあおむけに寝かせる
  2. 赤ちゃんの頭と首を支えながら、頭を30度くらい持ち上げる
  3. 頭を支えていた腕を急に下げる
  4. 赤ちゃんが反射の有無を確認する

ただし、モロー反射が出現する期間の大半は、首すわりが完成する前なので、くれぐれも安全面ややり方に気をつけ、赤ちゃんに負担をかけないよう注意してください。

モロー反射と赤ちゃんの大泣き

赤ちゃんは、モロー反射が出現した瞬間はハッと驚いたような表情を浮かべますが、反射が終わった後に不安や恐怖を感じて泣き出してしまうことがあります。

モロー反射が出現すること自体は、赤ちゃんが健常な状態で生まれてきたことの証であり、身体の成長・発達に悪影響を与えるものではありませんが、赤ちゃんが怖がっているのにモロー反射を繰り返すと、気持ちが情緒不安定になってしまう場合があります。

赤ちゃんが怖がるようなら、無理にモロー反射を出現させないようにしましょう。

赤ちゃんがビクッと起きる時の対策

モロー反射は、赤ちゃんを抱っこして寝かしつけ、布団やベッドに寝かせようとした時にも起こることがあります。

赤ちゃんの意思とは無関係に起きて、両手を広げたり縮めたりする動きを伴うので、赤ちゃんがビックリして起きてしまい、大泣きしてしまうのです。

赤ちゃんが泣きだしたら、まずはギュッと抱きしめ、歌を歌ったりあやしたりしながら寝かしつけてあげましょう。

もし、モロー反射が頻繁に起きて、その度の赤ちゃんが泣きだすようなら、ベビータオルやおくるみを羽織らせた状態で寝かしつけると、反射が起こる頻度を抑えることができます。

ベビータオルやおくるみは、密着しすぎないように赤ちゃんの身体に巻き付けておくと効果的です。

なお、赤ちゃんは、レジ袋のガサガサ音などに対してモロー反射に似た反応を起こすこともあります。

この反応について、ネット上ではモロー反射と混同している記事を見かけますが、厳密には異なる反応で、対応も異なりますので注意してください。

スポンサーリンク

モロー反射の異常

健常な発達をしている赤ちゃんは、生まれつきモロー反射が備わっており、また、生後4ヶ月頃には自然に消失します。

そのため、モロー反射が出現しないもしくは弱い場合、モロー反射が激しい場合、遅くとも生後6ヶ月までにモロー反射が消失しない場合は、脳などの異常を疑います。

モロー反射が出現しない、モロー反射が弱い

脳障害、左右両方の上腕神経の損傷、左右両方の鎖骨の骨折などの場合、モロー反射が出現しないことがあります。

また、高ビリルビン血症(新生児黄疸)の一つである核黄疸を発症した場合は、モロー反射が弱くなります。

関連ページ

新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?

モロー反射が激しい、激しくなる

モロー反射が極端に激しくなる場合は、低血糖や頭蓋内出血を疑います。

また、頭蓋内出血を起こしている場合、激しいモロー反射が出現してから徐々に弱まり、最終的にはなくなっていきます。

モロー反射が消失しない

モロー反射は、通常、生後4ヶ月頃になくなっていくものです。

しかし、脳性麻痺など脳に障害がある場合は、生後4ヶ月以降もモロー反射が消失せずに残ることがあります。

関連ページ

脳性麻痺の原因と症状は?赤ちゃん特有の特徴と治療法は?

スポンサーリンク

モロー反射が左右「非」対称に出現する

モロー反射は、健常な赤ちゃんの場合は左右対称に出現します。

左右非対称なモロー反射が出現する場合、左右どちらかの鎖骨を骨折している、左右どちらかの上腕神経を損傷している、分娩麻痺などが疑われます。

まとめ

モロー反射は、赤ちゃんの命を守るために生まれつき備わっている原始反射の一つです。

赤ちゃんが驚いたように両手を開いたり縮めたりする動作はとてもかわいくて、ついつい何度も試したくなる原始反射ですが、やりすぎると赤ちゃんの身体に負担がかかるので、ほどほどにしておきましょう。

また、モロー反射の異常は、重い障害や病気が原因となっている場合があるので、気になることがあったら放置せず、すぐ小児科に商談してください。

ページ上部へ戻る