menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
閉じる

乳児期の子育て

新生児、乳児、幼児の子育てと発達障害の知識を中心に

赤ちゃんが泣いたりぐずったりした時はどのように対応していますか?一昔前なら「抱っこしてあやす」、「母乳を飲ませる」、「外気に当たらせる」、「テレビを見せる」、「音楽を聴かせる」といった答えが返ってきました。しかし最近は、「y…

引っ越しする場合、転出届や転入届、郵便物の転送届、運転免許証の登録住所変更などの手続きを行う必要があります。赤ちゃんのいる家族が引っ越しする場合は、単身もしくは夫婦のみの引っ越しで行う手続きに加え、赤ちゃん関係の手続を忘れず行う必要…

引っ越しは、夫婦だけでも何かと手間やストレスがかかりますが、赤ちゃん連れとなるとさらに負担が増えるものです。荷造り中の世話、引っ越し業者との交渉中に赤ちゃんが泣きだした時の対応、引っ越し先までの移動、児童手当や医療証といった赤ちゃん…

赤ちゃんは、胎内にいる間は、胎盤を通して酸素や栄養を摂取できていましたが、生まれた後は、自力で呼吸して酸素を取り入れ、授乳や食事によって栄養を摂取する必要に迫られます。生まれたての頃は、生まれつき備わっている原始反射によって本能的に…

生後11ヶ月の赤ちゃんは、保護伸展反応やステッピング反応によって身体のバランスをうまく保つことができるようになります。また、臨機応変に自分の意思で姿勢を変え、遊んだり移動して利できます。足底把握反射が消失するので、伝い歩きを…

生後9ヶ月の赤ちゃんは、気分や状況に応じて、自分の意思で四つん這い、お座り、膝立ち、立った状態といった姿勢をとれるようになります。お座りの姿勢では、胡坐(あぐら、)、女の子座り、お姉さん座りなどを使い分け、横や後ろを振り向いたり、離…

生後8ヶ月の赤ちゃんは、四つん這いやお座りの姿勢で過ごす時間が長くなり、手先を器用に使って遊んだり、色々な座り方にチャレンジしたりします。移動手段として寝返り返りとハイハイを獲得して移動範囲がグッと広がりますし、何かにつかまって自力…

生後7ヶ月の赤ちゃんは、起きている間はあおむけで過ごす時間が短くなり、寝返りであおむけの状態からうつぶせの状態へ移ったり、自分の意思でうつぶせ、四つん這い、お座りの姿勢をとったりできます。いずれの姿勢でも手足や身体をしきりに動かし、…

生後6ヶ月の赤ちゃんは、あおむけの状態では、右手で左足を掴むといった左右非対称の動きや寝返りを覚え、うつぶせの状態では、腕や身体を動かして身体の向きを変えられるようになり、ズリバイのような動きを見せることもあります。また、お座りの姿…

生後5ヶ月の赤ちゃんは、自発的に身体を動かすことが多くなります。あおむけの状態で横を向いたり、足を持ち上げて手で触ったりし、うつぶせの状態で手の平を床につけて身体を持ち上げたり、飛行機のポーズをとったりするなど、姿勢や動きのバリエー…

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃には首すわりが完成し、身体の筋力も向上して、動きや姿勢のバリエーションが増えていきます。例えば、自分の手をじっと見つめる(ハンドリガード)、両手で両ひざを触る、右の手を口に入れて左の手を上に持ち上げるといった…

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃には、あおむけの状態で顔を正面に向けて両手を触れ合わせたり、足裏を合わせたりして遊ぶようになります。また、うつぶせの状態で頭を持ち上げたり、お座りの状態で頭や身体をまっすぐ維持したりできるようになっていきます…

赤ちゃんは、運動機能がとても未熟な状態で出生しますが、月齢を経るにつれて少しずつ身体に筋肉がつき、運動機能も発達していきます。生後2ヶ月頃には、顔を正面に向けている時間が長くなり、左右対称の姿勢をとれるようになりますし、手を口の中に入れ…

赤ちゃんは、生理的早産と呼ばれる状態で生まれてきます。特に、生まれたての頃の運動機能は、他の哺乳類に比べてとても未熟で、自力で手足を動かすこともままならず、母乳やおっぱいを飲むのも生まれ持った原始反射に頼っています。そうした…

赤ちゃんは、生まれたての頃から五感が発達しており、周囲の刺激を敏感に感じ取ることができる一方で、運動発達は非常に未熟で、自力で手足を動かすこともままなりません。では、生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達しているの…

赤ちゃんのいるお父さんとお母さんが何らかの事情やいきさつで離婚する場合、どちらか一方が親権者になって赤ちゃんを引き取り、お世話することになります。お父さんお母さんにとって、離婚を乗り越えて新しい生活を始めることは大変なことですが、赤…

養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組の2種類があるのを知っていますか?今回紹介する特別養子縁組は、普通養子縁組よりも条件が厳しいですが、養子縁組が認められると、法律上、実の親子関係を断絶させて、子を望む夫婦(養子)と子どもの間に親…

おなかを痛めて出産した赤ちゃんを育てられないお母さんがいます。「望まない妊娠をして中絶に踏み切れず出産したが、生まれてきた赤ちゃんに愛情を抱けない。」、「交際相手と破たんし、経済的に養っていけなくなった。」、「重い障害があって手に負…

赤ちゃんの口の臭いが気になることはありませんか?赤ちゃんは、何をしても可愛いものですが、時々、「え、赤ちゃんってこんななの?」と思わされることがありますが、口臭もその一つです。母乳やミルクしか飲ませていないはず赤ちゃんの口か…

乳児期の赤ちゃんの五感はどのくらい機能していて、周りの環境をどのように捉えているのか、気になったことはありませんか?赤ちゃんは言葉を学習しておらず、「僕は、逆上がりができるよ。」、「20m先の人も見えるよ。」などと言葉で表現すること…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る