menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  10. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
閉じる

乳児期の子育て

新生児、乳児、幼児の子育てと発達障害の知識を中心に

病気やけがをした赤ちゃんを大きな病院へ連れて行った時に、「初診時選定療養費」を請求されたことはありませんか?初診時選定療養費は、乳幼児医療費助成制度を利用していても自己負担する必要があるのですが、釈然としないお父さんお母さんは多いも…

初誕生は、赤ちゃんが無事に満1歳を迎えたことをお祝いする行事です。要するに「赤ちゃんの初めての誕生日を祝う行事」で、現代においては珍しくも何ともありませんが、昔の日本(元旦を迎えるたびに年齢を1歳加算して(数え年)年齢を数、毎年の誕…

お食い初めは、赤ちゃんのお祝い行事の中でも、やり方が細かくややこしい行事です。お食い初めの時期、用意する料理、使用する食器、赤ちゃんに食べさせる役、食べさせる順番などが細かく決まっており、「どうすれば良いのか分からない。」というお父…

お宮参りは、昔から行われてきた赤ちゃんのお祝い行事の一つです。しかし、時代を経るにつれてお宮参りのやり方を知る人は減り続けており、「お宮参りって何をすればいいの?」、というお父さんお母さんも珍しくなくなっています。また、赤ち…

一昔前は、赤ちゃんの誕生時には、菓子折りなどを持ってご近所へ挨拶まわりへ行くのが一般的でしたが、最近は、近隣住民との関係性が希薄になり、そうした習慣が失われつつあります。その結果、「赤ちゃんの泣き声などの騒音トラブルを避けるために挨…

マンションやアパートに住んでいる場合、赤ちゃんの泣き声などの「音」が原因で近隣住民とトラブルになることがあります。「赤ちゃんの夜泣きが始まった頃から、「赤ちゃんの泣き声がうるさい」と隣人から苦情が来るようになった。」、「夜中に抱っこ…

日本には昔から「お七夜」という赤ちゃんのお祝い行事があります。お七夜では、赤ちゃんを家族や親戚にお披露目したり、赤ちゃんの名前を付けたりする(命名式)ことで、赤ちゃんが生まれたことを周囲に知らせてお祝いします。このページでは…

赤ちゃんや子どもが「タンのからんだ咳」を繰り返すのを見て、「うがいができると楽になるのに。」と思ったことはありませんか?喉が痛くなったり、タンがからんだりした時、大人ならうがいをしてスッキリすることができます。しかし、うがい…

親や親せきから「赤ちゃんのお祝い行事は大安の日を選びなさい。」、「仏滅の分娩は避けた方が良いよ。」などと言われたことはありませんか?大安や仏滅というのは、六曜というその日の運勢などを表すものの一つです。普段はあまり気にならな…

「赤ちゃんの干支は何だっけ?」、「来年生まれる赤ちゃんの十二支は戌(いぬ)だね。」、「2016年生まれの赤ちゃんって、十干十二支でいうと何かな?」といった会話をしたり、耳にしたりしたことはありませんか?干支や十干十二支は、昔から日本…

一昔前には、ベビーパウダーは、「あせも」や「おむつかぶれ」などの肌トラブルを予防するための必需品で、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭には必ずと言っていいほど置いてありました。しかし現在は、ベビーパウダーを使う家庭が減っており、お店で…

赤ちゃんが、顔の前で手をかざしてジッと見つめているのを見たことはありませんか?これはハンドリガードと呼ばれるしぐさで、赤ちゃんの成長発達の過程で見られるものです。赤ちゃんがハンドリガードをする理由は何なのでしょうか?…

「赤ちゃんが笑うのはいつから?」と聞かれたら、何と答えますか?「生まれたての赤ちゃんがニコッと笑うのを見たことがある。」という人もいれば、「生後2~3ヶ月頃から笑うようになった。」という人もいるでしょう。実は、赤ちゃんの笑い…

「赤ちゃんのバスデビューはいつからするもの?」という疑問を持っているお父さんお母さんはたくさんいます。同時に、「バスの中で赤ちゃんが泣きだしたらどうしよう。」とか「他の乗客の迷惑になったり、冷ややかな目で見られたりしたらどうしよう。…

赤ちゃんとお出かけする時に便利なのが電車です。しかし、「乗車中に赤ちゃんが泣き出して、乗客から冷たい目で見られたらどうしよう。」、「優先座席に座れず、赤ちゃんを抱っこしたまま立ち続けるのはしんどい。」といった不安や心配から、赤ちゃん…

出産直後は、昼夜問わず赤ちゃんのお世話に追われて身も心もへとへとになり、他のことを考える余裕のない日々が続きます。そうした激動の時間を過ごすうちに、赤ちゃんの授乳、排泄、睡眠のリズムが落ち着き、お世話にも徐々に慣れて気持ちに余裕が戻…

出産後しばらくは、妊娠・出産前と比べて行動範囲が一気に狭くなります。赤ちゃんの体調を第一に考えて行動するようになることが一番の理由ですが、赤ちゃんが泣き出した時の周囲の反応が怖くて外出を控えるお父さんお母さんも少なくありません。…

添い乳は、お母さんの授乳の負担を軽減させる方法であり、また、赤ちゃんを寝かしつける方法でもあります。昔から多くの家庭で実践されており、多くの親がその効果を実感していますが、一方で、添い乳のリスクを指摘する声も少なくありません。…

背中ボスボスという言葉を知っていますか?背中トントンは、赤ちゃんを寝かしつけるテクニックとして有名ですが、実は、背中ボスボスも寝かしつけテクニックの一つです。背中ボスボスは、保育園や幼稚園では以前から背中トントンとともに活用…

背中トントンは、赤ちゃんを寝かしつける方法としてよく知られたテクニックの一つです。布団の上に赤ちゃんを寝かせて背中をトントン、赤ちゃんを抱っこして背中をトントン、背中以外にもお腹や胸、お尻をトントンするなどやり方は様々ですが、どの家…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る