menu
閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
閉じる

乳児期の子育て

新生児、乳児、幼児の子育てと発達障害の知識を中心に

添い乳は、お母さんの授乳の負担を軽減させる方法であり、また、赤ちゃんを寝かしつける方法でもあります。昔から多くの家庭で実践されており、多くの親がその効果を実感していますが、一方で、添い乳のリスクを指摘する声も少なくありません。…

背中ボスボスという言葉を知っていますか?背中トントンは、赤ちゃんを寝かしつけるテクニックとして有名ですが、実は、背中ボスボスも寝かしつけテクニックの一つです。背中ボスボスは、保育園や幼稚園では以前から背中トントンとともに活用…

背中トントンは、赤ちゃんを寝かしつける方法としてよく知られたテクニックの一つです。布団の上に赤ちゃんを寝かせて背中をトントン、赤ちゃんを抱っこして背中をトントン、背中以外にもお腹や胸、お尻をトントンするなどやり方は様々ですが、どの家…

発達性協調運動障害は、最近注目されるようになってきた発達障害の一つです。「自分で服を脱ぐのが難しい」、「鉛筆で字がうまく書けず、紙が破れてしまう」、「ボールを上手にキャッチしたり投げたりできない」など、日常生活における動作や運動に支…

「子育てと育児の違いは何?」と聞かれて、とっさに答えることができますか?「子育て」も「育児」も「赤ちゃんや子供のお世話をすること。」だとは分かっても、日常生活の中で意味の違いを意識したり、使い分けたりすることはほとんどないでしょう。…

赤ちゃんが生まれたら、たくさんの手続きが必要になります。まずやらなければいけないのは、市区町村役場に出生届(しゅっしょうとどけ)を提出することです。出生届の提出は、戸籍法という法律に「赤ちゃんが生まれた日(出産日)を含めて1…

妊娠7ヶ月は、安定期(妊娠5ヶ月から妊娠7ヶ月)の後半です。妊娠期間全体で見ても後半に入っており、出産に向けた準備を本格的に進めていく時期です。赤ちゃんの成長に伴って子宮はどんどん膨らんでいき、子宮の重さを負担に感じ始める妊…

産科医療は日々発展していますが、それでも予期せぬ医療事故が起こることがあります。そして、分娩時の医療事故は過失の有無や程度の判断が難しいため、家族と産婦人科の紛争が激化して裁判に発展することも珍しくありません。その結果、医療事故に遭…

妊娠6ヶ月頃には、多くの妊婦が胎動を感じるようになり、中には、赤ちゃんの頭や手足の位置まではっきり分かるという妊婦もいます。お腹の中に宿った新しい生命がすくすく育っていることを体感することで、赤ちゃんを慈しむ気持ちが強くなっていくも…

妊娠5ヶ月は、安定期と呼ばれる時期です。つわり症状が治まって体調が安定し、妊娠前と同じような生活を送ることができる女性も多くなります。お腹の中では赤ちゃんが活発に動くようになり、その動きを胎動として感じることもあります。…

妊娠4ヶ月(12週、13週、14週、15週)頃になると、多くの女性はつわり症状が和らぎ、基礎体温も妊娠前と同じくらいまで下がって体調が良くなっていきます。子宮内では胎盤が完成し、母体と赤ちゃんがへその緒(臍帯)でしっかり繋がります。…

妊娠3ヶ月(妊娠8週、9週、10週、11週)頃は、お腹の中では赤ちゃんがすくすく成長して「胎児」と呼ばれる状態になります。一方で、つわりの症状が重くなりやすく、多くの女性にとって妊娠前半で最もしんどい時期です。では、妊娠3ヶ…

妊娠2ヶ月(妊娠4週、5週、6週、7週)は、生理の遅れ、身体の変化、妊娠初期症状によって妊娠に気づく時期です。妊娠検査薬で妊娠が確認できるのも、超音波検査(エコー検査)で赤ちゃんが確認できるようになるのも妊娠2ヶ月頃です。妊…

妊娠超初期は、まだ妊娠したことが分かる前の時期ですが、基礎体温の変化やつわりに似た症状が現れることがあります。また、女性の体内では妊娠が成立しているため、母子の健康に配慮した生活を送ることを心がけることが大切になります。では…

最近は、晩婚化の進行や生活習慣の変化といった要因から、不妊症に悩む人が増加傾向にあります。赤ちゃんを望む夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるという統計結果もあり、婚姻していない男女を含めると相当数の人が不妊症に悩んでいると考えられ…

妊娠や出産にはたくさんのお金がかかります。日本では、少子化対策として妊娠・出産に対する助成・補助が整備されていますが、それでも負担が0になることはほとんどありません。また、原則、正常な妊娠・出産には健康保険(医療保険)が適用…

母子手帳は、妊娠中にもらい、赤ちゃんが生まれてから就学前後まで使う、乳幼児期の子育て必須アイテムの一つです。妊娠出産を経験した女性なら、赤ちゃん1人につき1冊の母子手帳を持っているもので、子育ての記録として大切に保管している人も多い…

妊娠中の過ごし方は、母子の健康や赤ちゃんの成長に大きく影響します。妊婦健診を受けると、産婦人科の医師や看護師から食事や睡眠、体重などについて細かく指導を受けますが、それだけ妊娠中の過ごし方が重要だからです。しかし、妊婦健診で…

女性は、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、身体や体質が妊娠前とは大きく変わります。それに伴って吐き気や嘔吐、慢性的な倦怠感や眠気、腰痛、便秘や頻尿など様々な症状に襲われ、大きな負担を感じることになります。しかし、そうした…

女性の身体は、妊娠する前と妊娠した後で大きく変化します。ホルモン分泌量の増加やそれに伴う妊娠期間特有の身体の不調や体質の変化など、知らないと戸惑うことがたくさんあるので、妊娠前にきちんと把握しておくことが大切です。このページ…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る