閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの咳の原因は肺炎等の病気?病院受診のタイミングは?

赤ちゃん 咳 鼻水 吐く 長引く

赤ちゃんの咳

赤ちゃんは、お母さんから免疫をもらって生まれてくるので、新生児期から生後6ヶ月頃までは、あまり病気になりません。

しかし、100%病気にならないわけではありませんし、免疫をもらえない病気もあるので、赤ちゃんの体調をこまめに観察しておくことはとても大切です。

赤ちゃんの咳は、体調不良を示す重要なシグナルの一つです。

赤ちゃんが咳をしていたら原因を見極め、必要に応じて病院を受診させることが大切です。

このページでは、赤ちゃんが咳をする原因と、病院受診のタイミングについて紹介します。

スポンサーリンク

咳の種類

咳とは、口から肺までの空気の通り道(気道)に侵入したウィルスやホコリを体の外に出すために、反射的に起こる反応です。

咳の種類は、次のとおりです。

  • 乾性咳嗽:「コンコン」という軽くて乾いた感じの咳
  • 湿性咳嗽:「ゴホゴホ」「ゴホンゴホン」というタンがからんで湿った感じの咳
  • 犬吠様咳嗽:「ケンケン」という犬の鳴き声に似た咳

    スポンサーリンク

赤ちゃんの咳の原因と病院受診のタイミング

赤ちゃんが咳をする主な原因は、①かぜ、②小児肺炎、③クループ症候群、④百日咳、⑤小児気管支ぜんそくです。

かぜ(普通感冒)

風邪とは、ウィルスなどの感染により上気道(鼻腔や咽頭など)が炎症を起こした状態です。

風邪をひくと、「ゴホゴホ」「ゴホンゴホン」というタンのからんだ湿った咳(湿性咳嗽)が出ます。

咳以外にも、発熱、頭痛、鼻水、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。

急性気管支炎

急性気管支炎とは、ウィルス感染により気管支が急性の炎症を起こす病気で、かぜに含まれます。

発熱と乾いた感じの咳から、タンがからんだ湿った感じの咳になっていくのが特徴です。

病院受診のタイミング

経過観察する場合

咳以外に目立った症状がない場合は、外出を控えて家の中で安静に過ごさせてあげましょう。

病院へ行っても、医師からは安静にするように言われるだけのことが多いですし、他の赤ちゃんからウィルスをもらってしまうリスクもあります。

ただし、赤ちゃんが激しい咳を繰り返し、グッタリしている場合は受診を検討しましょう。

病院受診する場合

咳以外に風邪の症状などがある場合は、小児科を受診することをおすすめします。

病院を受診する目安となる赤ちゃんの症状は、次のとおりです。

  • 発熱する
  • 黄色い鼻水が出る
  • 嘔吐する
  • 食欲がない
  • いつもより元気がなくグッタリしている
  • ずっと機嫌が悪い
  • 寝付きが悪い

関連ページ

肺炎

肺炎とは、ウィルスや細菌などが肺に感染して炎症を起こす病気です。

新生児期から乳児期の赤ちゃんの場合は、ウィルスが原因で発症しやすくなっています。

抵抗力の乏しい赤ちゃんにとっては、生命に関わる危険な病気です。

病院受診のタイミング

肺炎は、家庭の対応で改善することはないので、早急に小児科を受診することが大切です。

病院受診の目安となる症状は、次のとおりです。

  • 発熱(38度以上の高熱)が続いている
  • タンのからんだ激しい咳が続いている
  • 赤ちゃんの寝つきや機嫌が悪い状態が続いている
  • 赤ちゃんが苦しそうに呼吸している(呼吸困難)
  • 脱水症状がみられる
  • チアノーゼが出ている

関連ページ

クループ症候群

クループ症候群とは、ウィルスや細菌の感染により、声帯やのど周辺が炎症を起こす病気です。

気道が未熟で狭い赤ちゃんがかかりやすい病気で、声が枯れる、「ケンケン」という犬の鳴き声に似た咳、チアノーゼなどが特徴です。

症状が悪化すると呼吸困難を起こすこともある危険な病気です。

病院受診のタイミング

クレープ症候群は、家庭の対応で治る病気ではありません。

なるべく早く小児科を受診して治療を受けましょう。

病院受診の目安となる症状は、次のとおりです。

  • ケンケンという犬の鳴き声に似た咳をする
  • 声が枯れている
  • チアノーゼが出ている
  • 苦しそうに呼吸している
  • 息を吸うときに鎖骨の上や横がへこむ

関連ページ

百日咳

百日咳とは、百日咳菌が呼吸器に感染して起こる病気です。

鼻水や咳といったかぜの症状から、顔を真っ赤にして咳を繰り返す、息を吸うときに笛の音のような音が出る、咳き込んで吐くといった症状に変わっていきます。

こうした症状と、咳が長引くことが特徴です。

新生児期から乳児期の赤ちゃんが発症すると、命の危険が高い病気です。

日本では、生後3ヶ月から4種混合ワクチン(百日咳、破傷風、ポリオ、ジフテリア)の予防接種が受けられるため、発症率は減っています。

病院受診のタイミング

百日咳は、家庭の対応で治る病気ではないので、早急に小児科を受診することが大切です。

病院受診の目安となる症状は、次のとおりです。

  • 顔を真っ赤にして咳を繰り返す
  • 息を吸うときに笛の音のような音が出る
  • 咳き込んで吐く
  • 咳が長引く

小児気管支ぜんそく

小児気管支ぜんそくとは、呼吸困難を発作的に繰り返す病気です。

呼吸するときに「ゼイゼイ」「ゼロゼロ」「ヒューヒュー」といった音がする、コンコンという軽くて乾いた咳をするのが特徴です。

一方で、発熱や鼻づまりといった風邪の症状はありません。。

小児気管支ぜんそくの発症時期は、1歳から学齢期までが約90%で、新生児期から乳児期に発症することは珍しいものですが、0%ではないので注意はしておきましょう。

病院受診のタイミング

ぜんそく特有の呼吸時の音がある場合は、すぐに小児科を受診しましょう。

まずはかかりつけの小児科を受診しますが、専門的かつ継続的な治療が必要になるため、専門の病院への通院を勧められることがあります。

家庭内では、濡れタオルや加湿器の設置により、部屋の湿度を高くする対応が大切です。

ページ上部へ戻る