閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの髪の毛が薄い、生えない、伸びない、抜ける原因は?対策は必要?

赤ちゃん 髪の毛 薄い

赤ちゃんは一人ひとり個人差があり、髪の毛の生え方もその一つです。

生まれたての頃から髪の毛がフサフサの赤ちゃんもいれば、薄毛やツルツル頭の赤ちゃんもいますし、伸び方も一人一人違います。

赤ちゃんの髪の毛が薄いと、親としては、「髪の毛が生えないのではないか」、「大きくなっても髪の毛が薄かったらどうしよう」と心配してしまうものです。

そこで、このページでは、赤ちゃんの髪の毛が生えない、薄い、伸びない、抜ける原因、対策が必要かどうかについて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪の毛が生えない、薄い、伸びない、抜ける原因

赤ちゃん 髪の毛 薄い

薄毛になりやすい体質は遺伝します。

そのため、薄毛のお父さんお母さんから生まれた赤ちゃんは、ツルツル頭や薄毛で生まれてくる傾向があります。

ただし、薄毛になるかどうかは受け継ぐ遺伝子によって変わるため、薄毛の家系の赤ちゃんが必ず薄毛で生まれてくるわけではありません。

このことは、きょうだいでも髪の量や太さ、生える時期などは違うことでも分かります。

赤ちゃんの薄毛などは、遺伝による影響を強く受けるものですが、遺伝以外が原因になっていることもあります。

赤ちゃんが自分で髪の毛を抜いている

赤ちゃん 髪の毛 抜け毛

赤ちゃんは、自分の髪の毛を引っ張って抜くことがあります。

赤ちゃんは、自分の身体に興味津々なので、手や腕が自由に動かせるようになると、全身をくまなく触ってチェックするようになります。

その中で、髪の毛を引っ張ったりむしったりして抜いてしまうことがあるのです。

しかし、紙を抜く行動は一時的なものなので心配はいりません。

一方で、ストレスを感じている時に、髪の毛を引っ張ったりむしったりする赤ちゃんもいます。

こちらは、ストレスの原因を取り除かない限り継続するので注意が必要です。

関連ページ

新生児生理的脱毛

新生児生理的脱毛

新生児生理的脱毛とは、生まれたての頃の柔らかくて薄い髪(産毛)が抜けて、新しい髪の毛に生え変わることです。

おでこの上から頭頂部の産毛が一気に抜け落ちて、一時的に赤ちゃんの髪の毛の量が減ります。

そのため、抜け毛の多さや薄毛が心配になるものですが、少し間をおいて髪の毛が生えてきます。

新生児生理的脱毛は、生後1ヶ月~生後2ヶ月頃に始まり、生後6ヶ月頃には生え変わるのが一般的です。

乳児期後頭部脱毛

新生児後頭部脱毛

乳幼児後頭部脱毛とは、布団の摩擦が原因で後頭部の髪の毛が抜けることです。

生まれたての赤ちゃんの髪の毛(産毛)は、柔らかくて細いので、赤ちゃんの頭の向きを変えたり寝かせる位置をずらしたりしただけで、簡単に抜け落ちてしまいます。

布団に接している後頭部や側頭部を中心に髪の毛が抜けます。

月齢を経るにつれて寝て過ごす時間が短くなり、髪の毛が生え変わっていくことで、抜け毛が少なくなっていきます。

時期でいうと、新生児期~生後3ヶ月頃に始まり、お座りを覚える生後6ヶ月頃には治まっていきます。

脂漏性湿疹(乳児脂肪冠)で毛穴が詰まる

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹とは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることにより、顔や頭皮にできる湿疹のことです。

新生児期から生後3ヶ月頃によく見られます。

過剰に分泌された皮脂がかさぶた状になる症状のことを、乳児脂肪冠と呼びます。

生まれる時にお母さんから受け継いだ女性ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌されてしまい、脂漏性湿疹になるのです。

皮脂で毛穴が詰まって雑菌が増殖し、湿疹を引き起こして抜け毛を招きます。

関連ページ

赤ちゃんの髪の毛が生えそろう時期

赤ちゃん 髪の毛

生後1ヶ月~2ヶ月頃から、産毛が抜けて髪の毛が生え変わり始め、髪の質が少しずつ変化して大人と同じような髪になっていきます。

生後3歳~4歳頃にはすべての髪の毛が生え変わりますが、髪の質、生え変わりや伸び始める時期、伸びる速度などは個人差が大きいものです。

髪の毛が伸びる時期が遅いか早いかは、赤ちゃんの成長に影響はないので、髪の毛が伸びてくるのをゆっくり待ってあげましょう。

赤ちゃんの髪の毛が薄いメリットとデメリット

赤ちゃん 髪の毛 薄い

赤ちゃんの髪の毛が薄いことには、メリットとデメリットがあります。

赤ちゃんの髪の毛が薄いメリット

  • 頭を洗って乾かすのが簡単
  • 夏場でも頭がむれにくく、乳児湿疹やあせもになりにくい

赤ちゃんの髪の毛が薄いデメリット

  • 頭を打った、ぶつけた時にケガをしやすい
  • 日差しの影響を受けやすい

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪が生えない、薄い、伸びない、抜ける場合に対策は必要?

赤ちゃん 髪の毛 薄い

赤ちゃんの髪の毛の質や量は個人差が大きいものです。

生まれた時に生えていない、薄くても、月齢を経るにつれて伸びてくるものなので、暖かく見守ってあげることが大切です。

赤ちゃんに育毛剤を使おうとする人がいますが、おすすめはできません。

育毛剤は大人用のものがほとんどで、赤ちゃんの頭皮を痛めてしまったり、思わぬ副作用が出たりするリスクが高いからです。

ストレスが原因の抜け毛の場合は、なるべく早くストレス源を突き止めて取り除いてあげる必要があります。

赤ちゃんの髪の毛を剃ると良い?

赤ちゃん 髪の毛 剃る

一昔前には、赤ちゃんの髪の毛を剃る習慣がありました。

出生時の髪の毛は汚れている、くせ毛が直る、髪の毛が太くしっかりなるなどの理由で、多くの赤ちゃんが乳児期のうちに髪の毛を剃られていました。

しかし、現在では、いずれの理由も根拠がないことが分かっています。

また、赤ちゃんの髪の毛を剃る際に頭皮を傷つけ、傷口から雑菌が侵入して重症化するリスクがあることから、赤ちゃんの髪の毛を剃る家庭は少なくなっています。

ページ上部へ戻る