閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

生後5ヶ月から生後6ヶ月になっても赤ちゃんが寝返りしない

寝返りしない赤ちゃん

赤ちゃんが寝返りしない

ネットや書籍で寝返りを調べると、たいてい「赤ちゃんは、おおむね生後5ヶ月から生後6ヶ月ころになると、首すわりが完成し、首、肩、腕、腰の筋肉が発達して寝返りをうち始める。」と書かれています。

これを読むと、生後5ヶ月から生後6ヶ月ころに寝返りを始めるのが標準的だと思うでしょう。

たしかに、統計で見ると、生後5ヶ月から生後6ヶ月ころに寝返りをうち始める赤ちゃんは多いようです。

しかし、赤ちゃんがいつ寝返りをうち始めるかは、遺伝、首すわりの時期、赤ちゃんの体重、怪我の有無、運動機能の発達速度などたくさんの要因により決まるものです。

そのため、生後5ヶ月から生後6ヶ月で寝返りを始めなかったからといって、心配する必要はありません。

とはいえ、赤ちゃんがいつまでも寝返りしないと、お父さんお母さんは不安になってしまうでしょう。

ここでは、赤ちゃんが寝返りをうち始めるのがゆっくりになる要因と対策について説明します。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策

赤ちゃんの体重が重い

体重の重い赤ちゃんが大きな体を動かすためには、標準的な体重の赤ちゃんよりも運動機能が発達している必要があるため、寝返りがゆっくりになる傾向があります。

また、たっぷり身に付いたお肉が寝返りするのを妨げてしまうこともあります。

対策

体重が重くて寝返りしない場合は、運動機能が身につくと自然と寝返りするようになります。

寝返りを促したい場合は、赤ちゃんが寝返りするしぐさ(足を上げている、腰をひねっている、腕を振っているなど)を見せたら、赤ちゃんの腰に手を当ててゆっくり体を回してあげましょう。
繰り返すうちに、赤ちゃんが寝返りの順序や動作を覚えてくれます。

うつ伏せ嫌いになっている

日本では、ほとんどの赤ちゃんはあお向けに寝て過ごすので、慣れないうつ伏せ(腹ばい)になることを嫌がる傾向があります。

寝返りができるようになっても、うつ伏せが嫌で寝返りしようとせず、うつ伏せにされると、寝返り返りであお向けに戻ってしまうこともあります。

対策

一度うつ伏せ嫌いになると、なかなか改善できないので、月齢が低いころからうつ伏せで過ごす時間を作り、慣れさせておくことが大切です。

関連ページ

服が邪魔

同じ生後5ヶ月~生後6ヶ月の赤ちゃんでも、冬よりも夏の方が寝返りする赤ちゃんが多くなります。

原因は服装です。

夏は薄着ですし、肌着だけで過ごすこともあるので、体を動かしやすく、寝返りしやすいものです。

一方で、冬はたくさん服を着るので身動きが取りにくく、寝返りがしにくくなります。

対策

なるべく薄着をさせることです。

夏場は、肌着やおむつ一丁で過ごさせても良いでしょう。

冬場も、赤ちゃんの体調や気温をこまめに確認し、エアコンで室温を調整しながら、赤ちゃんが起きている時間帯だけでも薄着で過ごさせてみると、寝返りをうち始めることがあります。

寝返りできる環境が整っていない

体が沈み込むようなマットや布団で寝ている、常に抱っこしてもらっている、ずっとバウンサーの上にいるなど、寝返りしにくい環境にいると、いつまで経っても赤ちゃんは寝返りしません。

対策

赤ちゃんが起きているときは、なるべく固めのマットや布団に寝かせるなど、赤ちゃんが寝返りしやすい環境を整えてあげます。

赤ちゃんが左右どちらかに体をひねるようになったら、ひねった向きと反対の体の下にクッションや枕を入れ、寝返りしやすくする方法も有効です。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る