閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

新生児期(生後0ヶ月)の赤ちゃんとの生活でやっておきたいこと

新生児期

赤ちゃんが生後0ヶ月(新生児期)の頃は、とにかく忙しい

生後0ヶ月(新生児期)、つまり、赤ちゃんが生まれて最初の1ヶ月は、赤ちゃんのお世話でてんやわんやになり、ただでさえ体力的にも精神的にもしんどい時期ですが、育児と同時にやっておきたい大切なことがたくさんあります。

ここでは、新生児期(生後0ヶ月)にやっておきたいことをまとめました。

お父さんお母さんや家族で相談しながら、少しずつ計画的に実行しましょう。

新生児期(生後0ヶ月)の赤ちゃんとの生活でやっておきたいこと

かかりつけの小児科、夜間診療所を見つけておく

出産して産婦人科を退院した後は、赤ちゃんが体調を崩した際に、家で様子を見るのか、小児科へ連れていくのかを、お父さんお母さんが自分で判断しなければなりません。

新生児期の赤ちゃんは、体調不良の程度を見極めるのが難しいものですが、大人よりも症状の進行が早いので、早期の判断が必要になります。

緊急時に頼る小児科を見つけておくと、悩まず直ぐに相談できますし、必要があればそのまま受診に繋げます。

また、赤ちゃんの体調不良は昼夜問わず起こるので、近くの夜間診療所も見つけておきましょう。

決めておくこと

  • 赤ちゃんが体調を崩したときに頼る小児科、夜間診療所
  • 誰が相談するか
  • 誰がどうやって連れて行くか

小児科や夜間診療所については、家から行きやすいというのが大切な条件ですが、医者の能力、病院の環境、混み具合などもチェックしておきたいものです。

ネット検索も可能ですが、口コミは個人的な評価が多く、情報が古いこともあるので、出産した病院の医師、保健所の保健師、先輩ママ友など地元の小児科に詳しい人に聞くのが確実です。

聞いておきたい内容

  • 小児科、夜間診療所の名前
  • 場所
  • 行き方
  • 診察時間と休業日
  • 医者の能力(診察時の態度、説明の上手さ、薬の出し方など)
  • 病院の環境(看護師の態度、衛生状態、普段の混み具合など)

おむつと部屋着の準備

おむつ

新生児期の赤ちゃんは、1日に何度もおしっことウンチをするので、おむつは多めに準備しておかないと、気がついたらなくなっています。

個人差はありますが、新生児用の紙おむつならひとパック(90枚前後入り)が1週間弱でなくなります。

布おむつの場合は、毎日15~20枚くらいは準備しておいてください。

部屋着

新生児期の赤ちゃんは、1日のほとんどを家の中で過ごすので、肌着や室内用の上着がたくさん必要です。

母乳やミルクを吐いたり、おしっこやウンチで汚れたりすることも多いので、1日に2,3枚ずつは準備しておきましょう。

暑い夏場なら日中は肌着のみで過ごせますが、寒い冬場は肌着の上に着る暖かめの服も多めに準備しておきます。

レンタル用品の予約

育児用品の中で、新生児期から生後数ヶ月ころまでしか使わないものは、意外とたくさんあります。

こうしたものを購入すると、使わなくなると置き場所に困り、結局捨ててしまうことも少なくないので、レンタルするのも一つの方法です。

育児用品のレンタルは、注文から家に到着するまで、早くても1週間前後はかかるので、必要なものは早めに予約しておきましょう。

レンタルで足りるもの

  • ベビーベッド
  • ベビースケール
  • ベビーバス
  • ベビーカー(A型とB型を使い分ける場合です。B型ベビーカーの多くは生後7ヶ月から使用可能になります。)

スポンサーリンク

出生に伴う手続

赤ちゃんが生まれた後に必要な手続は思いのほか多いものです。

期限付きで、自分から手続するものがほとんどですが、どれも大切な手続なので、忘れないようにしましょう。

出生届

赤ちゃんが生まれた日から14日以内(生まれた日を含めます。)

健康保険の加入

1ヶ月健診まで(加入手続が未了でも健診は受けられますが、加入できた時点で保険証を提示することになります。)

乳幼児医療費助成

1ヶ月健診まで(健康保険加入後でないと申請できません。手続未了でも健診は受けられますが、手続が終了した時点で医療証を提示することになります。)

関連ページ

児童手当

赤ちゃんが生まれてから15日以内(生まれた日を含めます。)

出産育児一時金

出産した翌日から2年間(最近は、出産前の手続を求める病院が増えています。)

関連ページ

出産手当金

出産した日から56日が経過した後

育児休業給付金

育児休業を取得する1ヶ月前まで

高額医療費

診察を受けた日から2年以内

関連ページ

家事育児の分担を決めておく

新生児期の赤ちゃんは、空腹、おしっこやウンチ、寂しいから抱っこしてなど、とにかくよく目を覚まし、大きな声で元気に泣きます。

お父さんお母さんは、赤ちゃんが泣くたびに対応しなくてはならず、必然的に睡眠時間が削られてしまいがちです。

お父さんお母さんのどちらか一方が赤ちゃんに対応し、家事もしている場合は、とてもではありませんがもちません。

家事育児の分担について夫婦できちんと話し合っておき、相手がしんどそうにしていたらお互いに助け合うことが大切です。

仕事で忙しい人は、家事か育児のどれか1つでも自分の役目を決めたり、休日は家事をすべてこなしたりと、できることを確実にこなすようにします。

また、「育児で手一杯のときは、家事をやらなくて良い。」と約束しておくと、育児を中心に担う人は精神的に少し楽になります。

近所へのあいさつ

赤ちゃんが生まれた後は、近所にあいさつして回ります。

赤ちゃんの鳴き声や、育児で夜問わずバタバタしている物音はかなり外に漏れるものです。

「赤ちゃんが生まれたので、鳴き声や物音でご迷惑をおかけします。」とあらかじめ近所へ伝えておくのがマナーですし、ご近所付き合いをうまくこなすコツです。

特に、アパートやマンションなどに住んでいる人は、なるべく早い時期にあいさつに行くことをおすすめします。

行事のスケジュールを立てる

新生児期から生後1ヶ月ころの赤ちゃんの行事としては、お七夜、命名、お宮参り、1ヶ月健診があります。

それぞれ、行う時期が決まっているので、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

お宮参りについては予約も入れておきます。

1ヶ月健診は、産婦人科を退院する際に予約することが多いですが、まだの場合は早めに予約しておきましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

実は、赤ちゃんが生まれてすぐに実践したのは、小児科と夜間診療所を見つけ、オムツと部屋着を準備し、近所に挨拶したくらいです。

正直なところ、当時は何から手をつけて良いか分かりませんでしたし、赤ちゃんの世話で手一杯でした。

出産に伴う手続きは、出生届、出産育児一時金の申請はしたものの、健康保険と医療費助成は、1ヶ月健診前には間に合わず、後日、保険証と医療証を病院まで見せに行きました。

レンタル用品も赤ちゃんの退院に間に合わず(Amazonのように、頼めば1,2日で届くものと思い込んでいました。)、妻や家族から冷たい目で見られました。

ページ上部へ戻る