閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  9. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

アスペルガー症候群とは?乳児期の赤ちゃんに特徴的な兆候は?

赤ちゃん アスペルガー症候群 兆候

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、自閉症スペクトラム障害(共通点がある複数の発達障害をグループとしてまとめたもの)に含まれる発達障害の一つです。

アスペルガー症候群は、自閉症の3つである①対人関係(社会性)の障害、②コミュニケーションの障害、③限定した常同的な興味、行動および活動(想像力の障害とそれに基づく行動の障害)のうち、コミュニケーション能力の障害が軽度で、言語の発達にも目立った遅れがみられないのが特徴です。

また、知的障害のない人が多いところも、自閉症と異なります。

関連ページ

広い意味でのアスペルガー症候群

高機能自閉症(知的発達に遅れのない自閉症)や、非定型自閉症(自閉症であることは確実だが診断基準を満たさないもの)などは、厳密にはアスペルガー症候群と区別されています。

しかし、「自閉症の症状があり、知的発達に目立った遅れがない。」というところでは共通しているため、高機能自閉症や非定型自閉症などを含めてアスペルガー症候群と呼ばれることがあります。

合併症

アスペルガー症候群がある人は、気分障害(うつ病)、解離性障害などを合併しやすいといわれています。

また、学童期の不登校との関係を指摘した研究もあります。

アスペルガー症候群の発症率

アスペルガー症候群は、4000人に1人くらいの確率で発症します。

広い意味でのアスペルガー症候群については、自閉症よりも多いと言われています。

また、女性よりも男性の発症率が高いことが分かっています。

アスペルガー症候群の特徴的な症状

アスペルガー症候群の特徴的な症状は、幼児期以降に表れてくることが多いものです。

具体的な特徴は、次のとおりです。

幼児期の特徴

  • 指示に従わず、興味があることに没頭する
  • 集団行動が苦手
  • 特定の音や接触を嫌がる
  • 言葉の遅れはないが、会話による双方向のやりとりは苦手
  • ひとり遊びを好む(集団で遊ばない)
  • 他の子供にあまり関心を示さない
  • ごっこ遊びができない、もしくは広がりにくい
  • 同じ遊びを繰り返す傾向が強い
  • 行動がパターン化していて、融通がきかない

幼児期以降の特徴

  • 指示に従わず、興味があることに没頭する
  • 集団行動が苦手
  • 周囲の人の考えがわからない
  • 周囲の人の気持ちを察したり、人の気持ちに合わせて行動したりできない
  • 難しい言葉を知ってはいるが、表面的な使用が多い
  • 表情や身振り、声の抑揚、姿勢などが独特
  • 親しい友人関係を築けない
  • 慣習的な暗黙のルールがわからない
  • 冗談や比喩、皮肉がわからない
  • 興味の対象が独特で変わっている
  • 極端に不器用

乳児期の赤ちゃんに見られるアスペルガー症候群の兆候

発達障害は、認知、言語、学習といった発達領域の問題として現れてくることが多く、こうした領域の発達が未熟な乳児期には目立った症状が見られないもので、アスペルガー症候群も同じです。

ただし、アスペルガー症候群と診断された人の多くが乳児期にとっていた特徴的な行動には、次のようなものがあります。

  • 視線が合いにくい
  • 聴覚が過敏
  • 抱っこすると、身体を反り返らせて嫌がる
  • 人見知りをしない
  • 寝付きが悪い
  • こだわり行動(くるくる回る、手のひらを目の前でひらひらさせるといった反復行動、特定の記号や印に注目して突っ込んでいくといった興味の限局、道順や配置にこだわる順序固執など)が見られる

ただし、こうした行動は、健全な発達の過程でも見られることがあります。

心配しすぎず、まずは小児科の医師に相談してみましょう。

アスペルガー症候群の赤ちゃんや子供への対応

現在のところ、アスペルガー症候群を根本的に治療する方法は見つかっていません。

アスペルガー症候群と診断された場合、医師や専門機関に相談しながら、症状や発達状況、本人や家族のニーズに応じた療育、教育、指導を継続的に受けることで、社会生活を送るための能力を伸ばしていくことになります。

また、アスペルガー症候群の子供への対応は、家庭におけるしつけ、学童期の学校での教育や就労支援など、周囲の継続的な支援が何より大切です。

まずは、お父さんお母さんが、アスペルガー症候群や子供の特性を理解して適切なしつけを行い、その上で、周囲の協力や支援を得ながら関わっていきましょう。

ページ上部へ戻る