閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんのおむつかぶれの原因と対処方法は?病院へ行く?

赤ちゃんのうんち おむつかぶれ

おむつかぶれとは

おしり、腰、足の付け根など、おむつが触れる部分に起きる炎症をおむつかぶれといいます。

医学上は、おむつ皮膚炎と呼ばれます。

おむつかぶれと他の乳児湿疹との違い違い

アトピー性皮膚炎、あせも、脂漏性湿疹など他の乳児湿疹との違いは、おむつが触れる部分にだけ症状が出ることです。

しかし、夏場にはおむつが触れる部分にあせもができることもあり、おむつかぶれとあせもの区別がつけにくいことがあります。

おむつかぶれのサイン

  • おしりをふくと、赤ちゃんが痛がって泣き出す
  • 湯船につけた瞬間、赤ちゃんが泣き出す
  • 赤ちゃんがおしりをかゆがる
  • おむつを替えるときにおしりをむずむずさせる

関連ページ

赤ちゃんのおむつかぶれの症状

主な症状は、次のとおりです。

  • おしりが赤くなる
  • おしりに、あせものような赤い湿疹ができる
  • 紙おむつのギャザーやおむつカバーが触れる腰や足の付け根が炎症を起こす

おむつかぶれで生じた炎症はかゆみや痛みをともないます。

皮膚カンジダ菌症に注意

皮膚カンジダ菌症とは、カビの一種のカンジダ菌が原因で起こるかぶれです。

皮膚に湿疹のような赤いぶつぶつができるのが特徴で、おしりにできた場合はおむつかぶれと間違えやすいものです。

お尻の症状が長引く場合は、小児科を受診してみましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれの原因

赤ちゃんの皮膚は、大人に比べるととても薄いものです。

また、体が蓄えている水分量も大人より多いですし、新陳代謝も活発なため、些細なことで肌が傷んで炎症を起こしてしまいます。

汗でおむつの中が蒸れる

赤ちゃんは、大人に比べて汗腺が集中しているので、ただでさえ汗をかきやすいものです。

おむつに触れる部分が汗をかくとすぐに蒸れてしまい、肌がふやけて影響を受けてしまいます。

特に、おしっこをした後の蒸れ具合は深刻で、放置するとすぐに肌が痛みます。

また、蒸れたおむつの中でカビが繁殖し、カビが原因の炎症ができることもあります。

おしっこ

おしっこは、腎臓でろ過された老廃物など、赤ちゃんの肌を刺激する成分がたくさん含まれています。

体の外に出てから時間が経つにつれて、老廃物などが分解されて、皮膚を刺激しやすくなってしまいます。

うんち

酵素や腸内細菌など、赤ちゃんの肌を刺激する成分がたくさん含まれています。

おしっこと同じで、体の外に出てから時間が経つにつれて、皮膚を刺激しやすくなります。

特に、おしっことうんちを同時にしているときは、皮膚がかぶれる物質が発生するので注意が必要です。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれの対処方法

おしっこは、おしりふきを使わない

おしっこは、おむつの乾いたところで拭き取るだけで十分です。

もし衛生面が心配なら、お湯で軽く洗い流してあげましょう。

おしっこやうんちをしたらすぐにおむつ交換

少量でも、赤ちゃんがおしっこやうんちをしているのに気づいたら、すぐにおむつを交換してあげましょう。

赤ちゃんが泣いたら替えるという目安もありますが、おむつかぶれができたときは、おしりを清潔に保つため、できるだけ頻繁におむつを替えてあげるようにします。

おむつふきを止めて、お湯で洗い流す

おしりふきで拭きすぎることで、おむつかぶれができることもあります。

その場合、おしりふきの使用を中断して、おしりをぬるま湯で洗い流すようにすると、おむつかぶれが解消します。

おしりふきとお湯を併用しても効果があります。

おしりを乾燥させる

おむつを替えたときは、おしりふきで拭いた後、少し乾燥するのを待つようにしてください。

お風呂上がりは、バスタオルでおしりの水気を拭き取り、小さなタオルでもう一度優しく拭くようにしましょう。

ドライヤーを使う人もいますが、新生児期から生後2~3ヶ月ころまでは、やけどしてしまう危険性が高いのでお勧めできません。

使用する場合は、弱にして数秒程度の使用に留めてください。

おしりを強くこすらない

うんちが肌にこびりついているときなど、ついつい強くおしりをこすってしまいがちですが、こすったところが傷になり、炎症になってしまうことがあるので、注意が必要です。

ワセリンやベビーオイルを塗る

保湿剤やワセリンなどをおしりに塗っておくと、うんちがこびりつくのを予防できます。

ただし、塗りすぎると逆効果になります。

うんちの状態に気をつける

赤ちゃんが下痢をしているとき、柔らかいうんちが何度も出るときは、おむつかぶれになりやすいので注意しておきましょう。

数日経っても下痢やおなかのゆるみが治らないときは、小児科を受診しましょう。

布おむつを使う

最近の紙おむつは、吸水性が従前のものより格段に良くなりましたが、それでも布おむつには及びません。

おむつかぶれがひどいときには、布おむつを積極的に試してみましょう。

ただし、布おむつでも、おしっこやうんちをしてから時間が経過すると、肌はかぶれてしまいます。

いろいろな紙おむつを試してみる

紙おむつは、メーカーによって通気性、肌触り、サイズなどが微妙に異なります。

種類を変えた結果、おむつかぶれが治ったという赤ちゃんも少なくないので、いろいろなおむつを試してみるのもひとつの方法です。

おむつかぶれ以外の可能性を疑う

おしりの炎症が収まらない場合は、カンジダ菌によるおむつかぶれ、肛門周囲膿傷など病気の可能性があるので、小児科に相談してください。

ページ上部へ戻る