閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

生後8ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?離乳食は?

生後8ヶ月 赤ちゃん 身長 体重

生後8ヶ月ってこんな時期

生後8ヶ月の赤ちゃんは、ズリバイやハイハイで部屋中を自由に動き回ります。

また、手や指も器用になるので、遊びのバリエーションがグッと増えます。

乳歯も生え始めます。

身近な人とそれ以外の人を区別して人見知り(パパ見知り)したり、同年代の赤ちゃんに興味を示したりします。

できることが増えるのに比例して、誤飲や衝突といったアクシデントも増えていきます。

赤ちゃんは、安全か危険か、やって良いことか悪いことかなどはまだ分からず、興味の向くまま行動します。

そのため、お父さんお母さんが、赤ちゃんが安心安全に過ごせる環境を整えてあげる必要があります。

スポンサーリンク

生後8ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:66.3cm~75.0cm
  • 女の子:64.4cm~73.2cm

身長の増加はかなりゆるやかになりますが、成長曲線の範囲内であれば問題ありません。

体重

  • 男の子:6,960g~10,140g
  • 女の子:6,530g~9,630g

ズリバイやハイハイなどでたくさんのエネルギーを使うため、体重増加はゆるやかです。

成長曲線の範囲内かどうかをこまめに確認し、範囲を逸脱する、体重が増加していないといった場合には小児科を受診しましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴

ズリバイやハイハイを始める

生後8ヶ月頃になると、ズリバイやハイハイを始める赤ちゃんが増えてきます。

ハイハイの方法は、赤ちゃんによってかなり差がありますが、育児書に載っている方法と違っていても、心配はいりません。

慣れてくると、おしりを引きずりながら腕の力で前に進んだり、お腹を床から離して両手や両膝を使ってハイハイしたりと、さらに赤ちゃん一人ひとりの差が大きくなります。

中には腕を前に出して踏ん張り、後ろに進む赤ちゃんもいますが、手や足の筋肉がついてくると、自然に前に進むようになります。

なお、ズリバイやハイハイを始める時期についても個人差があります。

赤ちゃんは、必要な運動機能が備われば自然とズリバイやハイハイを始めるので、焦って練習させたり、心配したりせず、自発的に始めるのを待ってあげましょう。

関連ページ

手の動きが多彩になる

ボタンや紐、ホコリなど小さいものを掴んだり、引っ張ったりできるようになります。

絵本のページをめくる、ティッシュを箱から引っ張り出す、積み木やゴムボールを掴んで投げるといった動作を繰り返して遊び始めます。

左手から右手にものを持ち替えたり、両手でものを持ったりと、両手を使った動きも上手になります。

手や指を器用に使えるようになると、危険なこともたくさんしてしまいます。

例えば、小さいものを掴んで口に入れてしまう、ポットのコードを引き抜く、机の上のものを引っ張って落とすなどが考えられます。

お父さんお母さんとしては、触ると危ないものは赤ちゃんの周りに置かない配慮が必要になります。

乳歯が生えてくる

乳歯は、生後6ヶ月から生後9ヶ月頃に生え始めるのが一般的です。

実は、赤ちゃんの乳歯は、生まれる前から歯茎の中に埋まっていて、月齢を経るにつれて少しずつ顔を出すものです。

乳歯が生える前は歯ぐきにかゆみや痛みを感じるため、赤ちゃんは歯ぐきを指で触ったり、ぐずったりするようになります(歯ぐずり)。

歯ぐずりがひどい場合は、歯固めをあげても良いでしょう。

乳歯が生えた後は、虫歯に注意する必要があります。

乳歯の下では永久歯が作られており、乳歯が抜け落ちるのをあごの中で待っているので、乳歯が虫歯になると、永久歯にも虫歯菌が感染するリスクが高くなってしまいます。

食事の後は、食べかすが残らないよう白湯を飲ませたり、濡らしたガーゼで歯ぐきと歯を拭いてあげましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

生後8ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後8ヶ月の赤ちゃんは、4~5時間ごと(1日に5回くらい)、母乳やミルクを飲みますが、個人差や体調によって差があります。

ミルクの場合、1回あたりの授乳量は200~230mlが目安です。

離乳食へ移行するに連れて、授乳量は減らしていきますが、離乳食だけで必要な栄養全てを得ることはできません。

赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがるときは、好きなだけ飲ませてあげましょう。

ただし、生活リズムを整えるため、授乳時間や間隔は一定にしていきます。

生後8ヶ月の赤ちゃんの離乳食

生後8ヶ月は、離乳初期のゴックン期を卒業し、中期のモグモグ期に入る時期です。

離乳初期は、口を閉じて食べ物をゴックンと飲み込むことが目標でしたが、中期は、モグモグと口を動かし、上あごと下あごで食べ物をつぶして食べることを目標にします。

食べ物も、離乳初期のペースト状から、徐々に形があるものに移行しますし、食べられるものの種類も増えていきます。

赤ちゃんは、食べ物を手で掴んで口の中に入れたり、口を閉じずにクチャクチャと音を立てて食べたりしますが、いずれも赤ちゃんが食べ物に興味を示し、頑張っている証なので、怒らずに褒めてあげましょう。

離乳食を始めた後のうんち

いろいろな種類の離乳食を食べるようになると、食べたものによってうんちの色や硬さがコロコロ変化します。

便秘気味になったり、反対に軟便になったりしますし、食べたものが消化されずにうんちとして出ることもあります。

便秘が続く場合には、水分をしっかり補給し、おなかのマッサージや浣腸で排便を促してあげましょう。

関連ページ

生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後8ヶ月の赤ちゃんは、朝起きて夜寝るというリズムに沿って生活できるようになってきます。

日中は、寝返り、ズリバイ、ハイハイで部屋中を動き回り、興味のあるものに触れて遊びます。

朝寝と昼寝を1回ずつするのが普通ですが、寝るのを忘れて遊び続ける日もあるでしょう。

起きているときにたくさんエネルギーを使うので、夜はぐっすり眠り、朝まで起きない日も多くなっていきます。

ただし、夜泣きのせいで生活リズムが崩れてしまうこともあります。

生活リズムを整えてあげる

昼型の生活リズムが身についていない場合は、お父さんお母さんのサポートが必要です。

毎朝同じ時間に起こし、同じ時間に寝かせる、授乳や授乳、離乳食やお風呂の時間を一定にするといったサポートはとても大切です。

夜泣きで寝不足になった場合でも、朝は同じ時間に起こし、昼寝を多めにさせるなどして調整します。

また、遊び疲れて夕方にウトウトし始めることもありますが、夜に寝つきが悪くなるので寝かさないようにしましょう。

こうしたサポートをしても、生活リズムが完全に確立されるわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので、赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

夜泣き

夜泣きの主な対策は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)
  • 夜泣きを始めたら、赤ちゃんの身体に手を当てて声をかける
  • おっぱいをくわえさせる

ただし、こうした対応をしても、夜泣きを続ける赤ちゃんは少なくありません。

夜泣きは、はっきりとした理由が分からないので、対応するのがとてもしんどいもので、夜泣きの期間が長くなるほど疲労やストレスが蓄積していきます。

お父さんお母さんが交代で対応したり、実家が近い場合はおじいちゃんおばあちゃんの助けを借りたりしながら乗り切りましょう。

関連ページ

 

月齢に合った服を着せてあげる

寝返り、お座り、ズリバイなど行動のバリエーションが増える時期に、身体を動かしにくい服を着ていると、運動機能の発達が遅れるリスクがあります。

そのため、季節や体調を考えた上で、なるべく動きやすい服を着せてあげましょう。

赤ちゃんは、大人よりも体温が高く汗っかきなので、着せる枚数は大人よりも1枚少なめが基本です。

また、手袋やミトン、靴下はなるべく使用を控えましょう。

①脳の発達には、手足で直接ものに触れることがとても大切になる、②素手の方がものを掴みやすく、素足の方がズリバイやハイハイをしやすいからです。

冬場でも、室内では暖房をきかせ、カーペットを敷くなどして、なるべく素手・素足で過ごさせてあげましょう。

部屋をチェック

赤ちゃんがズリバイやハイハイを始めた後は、それまで以上に赤ちゃんが過ごす環境の安全性に気をつける必要が出てきます。

赤ちゃんと同じ目線で部屋の中をチェックし、危険なものは赤ちゃんの手の届かないところに移動させましょう。

食べると危ないもの

薬、タバコ、ほこり、食べかす、ボタン、トイレ用洗剤、漂白剤、消臭剤、防虫剤、ゴキブリホイホイ、お菓子(アメやガムなど個包装で小さいもの)など

特に、テーブルやソファの下など目の届きにくいところに落ちているものは要注意です。

触ると危ないもの

割れ物の食器や花瓶、アイロン、包丁、箸、フォーク、コードが付いているもの全般など

特に、コードが付いているアイロン、ポット、炊飯器、パソコンなどは、テーブルの上に置いていても、赤ちゃんがコードを引っ張って引きずり落としてしまう可能性があります。

ぶつかると危ないもの

テーブル、イス、テレビラック、本棚、ソファ、壁の角など

市販のクッションや緩衝材を貼り付けるなど、赤ちゃんがぶつかっても怪我しないような配慮が必要です。

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後7ヶ月に戻る:生後7ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜泣きで寝ない?

生後9ヶ月に進む:生後9ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?ハイハイしない?

ページ上部へ戻る