閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?ハイハイとつかまり立ちを覚える?

生後8ヶ月 赤ちゃん つかまり立ち

生後7ヶ月の赤ちゃんは、起きている間はあおむけで過ごす時間が短くなり、寝返りであおむけの状態からうつぶせの状態へ移ったり、自分の意思でうつぶせ、四つん這い、お座りの姿勢をとったりできます。

いずれの姿勢でも手足や身体をしきりに動かし、うつぶせの状態では方向転換したりズリバイで前に進んだりしますし、お座りした状態では、両手を床から離しておもちゃで遊びます。

では、生後8ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達していくのでしょうか?

生後7ヶ月頃にはズリバイを覚えましたが、もう一段進んでハイハイができるようになるでしょうか?

また、お座りからつかまり立ちへと移ることはできるでしょうか?

このページでは、生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後8ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢

赤ちゃんは、生後7ヶ月頃には、あおむけ(背臥位)、うつぶせ(腹臥位)、四つん這い、お座り(座位)、立つ(立位)の姿勢をとることができました。

生後8ヶ月頃も、この5つの姿勢が基本ですが、あおむけで過ごす時間がより短くなる一方で、赤ちゃんの興味が上の方に向き始め、つかまり立ちやよじ登りを覚えたり、伝い歩きを始めたりするようになります。

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達を確認する時に撮らせる姿勢は、次のとおりです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • 四つん這い
  • お座り(座位)
  • 立つ(立位)

加えて、赤ちゃんが自力で5つの姿勢をとれるかどうかも確認します。

  • あおむけ←→うつぶせ(寝返りと寝返り返り)
  • うつぶせ←→四つん這い
  • 四つん這い←→お座り、立つ(つかまり立ち)

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:あおむけ(背臥位)

あおむけの姿勢は、生まれてから数ヶ月は赤ちゃんの基本姿勢でした。

生後8ヶ月頃になると、寝ている間以外にあおむけの姿勢になることはほとんどなく、目が覚めるとすぐに、うつぶせやお座りなどに姿勢を変えて遊び始めます。

病気やケガの指標になる

そのため、生後8ヶ月の赤ちゃんが、起きているのにあおむけのまま動かないでいたら、病気やケガなどを疑う指標になります。

この時期のケガで特に多いのが、お座りやつかまり立ちで遊んでいて転倒し、頭を打った場合です。

赤ちゃんが頭を打った時に確認するポイントは、次のとおりです。

  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「意識が有るか無いか」、「泣くか泣かないか」
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「皮下血腫(たんこぶ)」、「腫れ」、「へこみ」、「出血」が有るか無いか
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「吐くか吐かないか」
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「様子がいつもと違うか違わないか」

引用:乳児期の子育て

異常がある場合は、すぐ小児科を受診させましょう。

頭のケガは一刻を争うことが多いので、病院が遠い場合や移動手段がない場合は、迷わず119番通報してください。

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:うつぶせ(腹臥位)

生後8ヶ月頃になると、うつぶせの姿勢をとることも減っていきます。

あおむけからうつぶせになり、うつぶせから四つん這いになるというように、姿勢を変える時に一時的にうつぶせになることはあります。

しかし、移動するならズリバイよりも四つん這いでハイハイした方が早いですし、おもちゃで遊ぶならお座りして両手が使えた方が便利なので、何かと制限が多いうつぶせの姿勢をとらなくなるのです。

とはいえ、寝返り返りを覚えたての頃は例外です。

寝返り返りを覚える

寝返り返りとは、うつぶせの状態からあおむけの状態になる寝返りです。

健常な赤ちゃんは、生後6ヶ月頃に自分の意思で寝返り(あおむけの状態からうつぶせの状態になる)を覚え、生後7ヶ月~8ヶ月頃に寝返り返りを覚えます。

寝返り返りを覚えることで初めて、布団や床の上をゴロゴロ転がって移動できるようになります。

寝返り返りを覚えたての頃は、ゴロゴロ転がる感覚が楽しくて何度も繰り返します。

関連ページ

赤ちゃんの寝返りはいつから(生後○ヶ月)?練習法は?寝返り返りとは?

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:四つん這い

生後8ヶ月の赤ちゃんは、四つん這いの姿勢で移動することを覚えます。

四つん這いの姿勢で物を掴む

赤ちゃんは、生後7ヶ月頃にうつぶせの姿勢から自力で四つん這いの姿勢になることを覚えますが、前後左右に揺れるのがやっとでした。

生後8ヶ月頃になると、四つん這いの姿勢を維持したまま、周囲を見渡したり、片方の腕を伸ばして近くにあるおもちゃを掴んだりできるようになります。

ハイハイを覚える

四つん這いの姿勢で移動すること、いわゆる「ハイハイ」を覚えます。

ハイハイは、両手両足で身体を支えながら、体重の移動にも意識して両手両足を交互に出すため、ズリバイよりも複雑な身体の操作が求められますし、それを実現するための筋力やバランス感覚も必要です。

ハイハイを覚えたての頃は、バランスを崩して転びやすいですし、受け身もとれないので頭や顔を床にぶつけることも珍しくないので、親の見守りが重要です。

四つん這いからお座りに姿勢を変える

四つん這いの姿勢から、身体の後ろに重心を移し、お座りの姿勢になることができます。

生後7ヶ月頃には偶然お座りの姿勢になることが多いものですが、生後8ヶ月頃になると、自分の意思でお座りできる赤ちゃんが増えていきます。

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

バリエーション豊かなお座りができるようになります。

お座りから四つん這いへと姿勢を変える

お座りの姿勢から、両手を前方の床につけて、足をお尻の方に下げて四つん這いの姿勢になります。

生後7ヶ月頃に比べると、ぎこちなさがなくなります。

お座りのバリエーションが増える

お座りの姿勢に慣れてくると、両足を外側に向けてみたり、胡坐(あぐら)をかいてみたり、片足だけ前に出してみたりというように、お座りのバリエーションが増えていきます。

赤ちゃんは、色々なバリエーションを試しながら、「お、ここまで足を伸ばしてもバランスを保っていられるぞ。」、「あ、これ以上はきついな。」などと、身体の動かし方やバランスのとり方を覚えているのです。

手先が器用になる

お座りの姿勢は両手が自由になるので、両手でおもちゃをあれこれ操作することができ、手先が器用になります。

例えば、小さい物をつまむ、両手で引っ張る、両手に持った物同士を打ち鳴らすなど、細かい手の動きや両手を連動させた動きを覚得ていきます。

生後8ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

赤ちゃんは、生後8ヶ月頃になると、物につかまって自力で立ちあがるようになります。

両膝立ちから立ち上がる

赤ちゃんは、身近な大人や子供が立って歩く様子を見たり、イスやテーブルの上など高い場所に興味を持ったりするうちに、自分も立ちたいと思い始めます。

そして、まずは、座卓の縁や赤ちゃん用の椅子などに手をかけて掴まり、両膝を床につけて膝立ちをします。

その後、両膝を浮かして、よじ登るようにして身体を起こします。

片膝立ちから立ち上がる

何かにしがみついた状態で片膝を立て、そこから立ち上がる赤ちゃんもいます。

両膝立ちで立ち上がるか、片膝立ちで立ち上がるかは赤ちゃんによって異なっており、どちらで立ち上がっても発達上の問題はありません。

つかまり立ちをする

赤ちゃんは、自力で立ち上がることを覚えたばかりの頃は、いきなり伝い歩きや一人歩きにはチャレンジせず、立ったまま周囲を見渡したり、近くの物を掴んで遊んだりします。

いわゆるつかまり立ちの状態です。

つかまり立ちに慣れてくると、少しずつ遠くの物に手を伸ばしたり、恐る恐る足を横に動かしたりするようになります。

立っていることに慣れないうちは、すぐバランスを崩して転びます。

立った状態は、寝た状態や四つん這いの状態よりも頭の位置が高く、転んで頭を打つと深刻なケガをする危険が高くなるため、これまで以上に見守りの重要性が上がります。

まとめ

生後8ヶ月の赤ちゃんは、あおむけやうつぶせよりも、四つん這いやお座りの姿勢で過ごす時間が長くなりますし、自分の意思で自由に姿勢を変えることができます。

寝返りに続いて寝返り返りを、ズリバイに続いてハイハイを覚えることで、移動のバリエーションも移動範囲もグッと広がります。

また、つかまり立ちにもチャレンジして一人で立つことを覚えると、高い位置のおもちゃや物をとることもできるようになります。

できることが増える反面、事故やケガの危険は高くなります。

特に、立つことを覚えた後は、思わぬ大ケガをすることもあるので、赤ちゃんが安全に過ごせる環境を整えて、できる限りそばで見守ってあげましょう。

ページ上部へ戻る