発達 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる…
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:発達

赤ちゃんは、生まれたての頃には自分の手足を自由に動かすこともできませんが、日に日に出来ることが増えていきます。手足を動かす、頭を上下左右に振る、寝返りや寝返り返りをうつ、ズリバイ・ハイハイで移動する、つかまり立ちや伝い歩きをするなど…

生まれてまもない赤ちゃんは、いつも手をグーの状態で握っています。また、赤ちゃんの手の平に指で触れると、ギュッと握り返してくれます。いずれもとても可愛いものですが、どうしていつもグーをしていたり、手を握り返してくれたりするのか…

赤ちゃんは、胎内にいる間は、胎盤を通して酸素や栄養を摂取できていましたが、生まれた後は、自力で呼吸して酸素を取り入れ、授乳や食事によって栄養を摂取する必要に迫られます。生まれたての頃は、生まれつき備わっている原始反射によって本能的に…

生後11ヶ月の赤ちゃんは、保護伸展反応やステッピング反応によって身体のバランスをうまく保つことができるようになります。また、臨機応変に自分の意思で姿勢を変え、遊んだり移動して利できます。足底把握反射が消失するので、伝い歩きを…

生後9ヶ月の赤ちゃんは、気分や状況に応じて、自分の意思で四つん這い、お座り、膝立ち、立った状態といった姿勢をとれるようになります。お座りの姿勢では、胡坐(あぐら、)、女の子座り、お姉さん座りなどを使い分け、横や後ろを振り向いたり、離…

生後8ヶ月の赤ちゃんは、四つん這いやお座りの姿勢で過ごす時間が長くなり、手先を器用に使って遊んだり、色々な座り方にチャレンジしたりします。移動手段として寝返り返りとハイハイを獲得して移動範囲がグッと広がりますし、何かにつかまって自力…

生後7ヶ月の赤ちゃんは、起きている間はあおむけで過ごす時間が短くなり、寝返りであおむけの状態からうつぶせの状態へ移ったり、自分の意思でうつぶせ、四つん這い、お座りの姿勢をとったりできます。いずれの姿勢でも手足や身体をしきりに動かし、…

生後6ヶ月の赤ちゃんは、あおむけの状態では、右手で左足を掴むといった左右非対称の動きや寝返りを覚え、うつぶせの状態では、腕や身体を動かして身体の向きを変えられるようになり、ズリバイのような動きを見せることもあります。また、お座りの姿…

生後5ヶ月の赤ちゃんは、自発的に身体を動かすことが多くなります。あおむけの状態で横を向いたり、足を持ち上げて手で触ったりし、うつぶせの状態で手の平を床につけて身体を持ち上げたり、飛行機のポーズをとったりするなど、姿勢や動きのバリエー…

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃には首すわりが完成し、身体の筋力も向上して、動きや姿勢のバリエーションが増えていきます。例えば、自分の手をじっと見つめる(ハンドリガード)、両手で両ひざを触る、右の手を口に入れて左の手を上に持ち上げるといった…

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃には、あおむけの状態で顔を正面に向けて両手を触れ合わせたり、足裏を合わせたりして遊ぶようになります。また、うつぶせの状態で頭を持ち上げたり、お座りの状態で頭や身体をまっすぐ維持したりできるようになっていきます…

赤ちゃんは、運動機能がとても未熟な状態で出生しますが、月齢を経るにつれて少しずつ身体に筋肉がつき、運動機能も発達していきます。生後2ヶ月頃には、顔を正面に向けている時間が長くなり、左右対称の姿勢をとれるようになりますし、手を口の中に入れ…

赤ちゃんは、生理的早産と呼ばれる状態で生まれてきます。特に、生まれたての頃の運動機能は、他の哺乳類に比べてとても未熟で、自力で手足を動かすこともままならず、母乳やおっぱいを飲むのも生まれ持った原始反射に頼っています。そうした…

赤ちゃんは、生まれたての頃から五感が発達しており、周囲の刺激を敏感に感じ取ることができる一方で、運動発達は非常に未熟で、自力で手足を動かすこともままなりません。では、生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達しているの…

乳児期の赤ちゃんの五感はどのくらい機能していて、周りの環境をどのように捉えているのか、気になったことはありませんか?赤ちゃんは言葉を学習しておらず、「僕は、逆上がりができるよ。」、「20m先の人も見えるよ。」などと言葉で表現すること…

赤ちゃんがいつから掴んだり、バイバイしたりできるようになったか覚えていますか?また、通常、生後何ヶ月くらいで指差しを始めるか分かりますか?実は、「あれ?いつだっけ?」、「いつの間にか・・・」と答えるお父さんお母さんがほとんど…

通常、赤ちゃんは、生後2ヶ月頃からクーイング、生後4ヶ月頃から喃語を発するようになります。生後1歳を過ぎると意味のある言葉を発するようになり、「パパ」、「ママ」など数個の単語を覚えます。1歳後半には「ママ、キタ」など2語文が…

スマホ育児(スマホ子守、スマホ子育て)とはスマホ育児とは、スマートフォンやタブレット端末を育児に利用することです。スマホ子守、スマホ子育てと呼ばれることもあります。また、スマホ育児のマイナス面を捉えた言葉として、スマ放置…

スマホ育児とはスマホ育児とは、スマートフォンやタブレット端末を育児に利用することです。スマホ子守り、スマホ子育てと呼ばれることもあります。具体的には①乳幼児に端末を渡して遊ばせておくこと、②しつけや知育用のアプリを利用す…

スマホ育児とはスマホ育児とは、スマートフォンやタブレット端末を育児に利用することです。スマホ子守り、スマホ子育てと呼ばれることもあります。具体的には①乳幼児に端末を渡して遊ばせておくこと、②しつけや知育用のアプリを利用す…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  2. 発達障害 図 自閉症
  3. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  4. ロタウィルス
  5. ロタウィルス
  6. 生理的体重減少 巨大児
  7. 赤ちゃんがかかりやすい病気
  8. ワクチンの接種方法と種類、副反応
  9. 予防接種
  10. 原始反射
ページ上部へ戻る