発達障害 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?…
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:発達障害

ジャーゴン(ジャルゴン)は、失語症の症状の一つとして知られていますが、乳幼児期の言葉の発達の過程でも一時的に見られます。親の中には、「子どもが意味不明な言葉を話して困っている。」、「宇宙語が止まず、家でも保育園でも対応に苦慮している…

一人歩きを覚えた赤ちゃんは、走る、横歩き、後ろ歩き、ジャンプなどを覚えて、動きのバリエーションを増やしていきます。つま先歩きも、一人歩きを始めた後に覚える動きの一つです。しかし、自閉症スペクトラム(自閉スペクトラム症)をはじ…

オキシトシンを知っていますか?オキシトシンは、脳で分泌されるホルモンの一種で、分娩や母乳の分泌に関するホルモンとして有名ですが、愛情や信頼などにも作用することが分かっています。また、オキシトシンと発達障害(自閉症)との関連に…

幼児期の子供が、お父さんお母さんの発した言葉をそのまま口にすることはありませんか?この現象は、反響言語(エコラリア)と呼ばれており、自閉症などの発達障害や、脳の障害に起因する言語障害によって起こる症状の一つです。このページで…

発達障害や精神疾患の診断に関するマニュアルはいくつもありますが、もっとも有名で世界的に使用されているのがDSMです。DSMは、DSM-Ⅰの出版以降、発達障害などに関する新たな知見や研究結果を参考にして改定が繰り返されており、現在は、…

魔の3週目を知っていますか?通常、赤ちゃんが生まれると、バタバタと諸手続きを済ませ、約1週間の入院生活で基本的なお世話を教わった後に退院し、家事育児に追われるようになります。生後3週頃というのは、赤ちゃんが生まれたからのバタ…

緊張性迷路反射とは緊張性迷路反射とは、赤ちゃんの頭を前後に傾けた時に、身体や手足が曲がる反射です。原始姿勢反射の一つに分類されており、前方と後方の2種類あります。 前方緊張性迷路反射:赤ちゃんの頭を前に傾けると、筋肉の…

赤ちゃんの笑顔は、周囲を癒してくれるものです。通常、生まれたての頃は、無意識に起こる生理的微笑(新生児微笑)が見られ、生後2ヶ月~3ヶ月頃になると、周囲の刺激に反応して笑う社会的微笑に切り替わります。そして、月齢を経るにつれ…

子供が、文字を左右反対に書くことはありませんか?例えば、平仮名の「く」を「>」と書いたり、「し」を「J」と書いたりといった感じです。1つや2つなら「書き間違え」で済みますが、いつも左右反対に書いていると心配になってしまいます…

赤ちゃんは、病気や障害を持って生まれてくることがあります。持って生まれてくる病気の代表的なものの一つが、先天性代謝異常です。先天性代謝異常はとても種類が多く、深刻な症状を引き起こすものもあるため、しっかり理解して適切な対応が…

発達障害を持つ子供の子育てには、発達障害を持たない子どもへの子育てにはない悩みや不安があり、それは時に大きなストレスになって親にのしかかってきます。ストレスで余裕をなくすと、子どもの行動を冷静に受け止められず、つい頭ごなしに叱りつけ…

療育手帳を知っていますか?療育手帳は、障害者手帳の一種で、知的障害の人が申請することで発行されます。「障害がある事実と直面させられる。」、「障害者というレッテルを貼られることになる。」といった気持ちの面から申請に消極的な親が…

発達障害は根治法が確立されていません。そのため、発達障害の子供への対応としては、社会で生きにくさを感じず、不適応を起こさずに自立した生活を送れるようにトレーニングを行うことになります。発達障害の子供のトレーニングとして効果的…

生後2歳~3歳頃は言葉の発達にとってとても大切な時期です。通常、言葉の爆発期をきっかけに、語彙数が一気に増え、2語文、3語文と言語能力がグングン向上していきます。一方で、病気や発達障害、家庭環境などが原因で言葉を発するのが遅…

小児期崩壊性障害という発達障害を知っていますか?小児期崩壊性障害は、順調に育っているように見えた子供が、ある時期を境に退行していき、最終的には重度の自閉状態になってしまう障害です。このページでは、小児期崩壊性障害の概要、特徴…

トゥレット症候群(トゥレット障害)という発達障害を知っていますか?トゥレット症候群は、精神・神経疾患多様な運動チックと1つ以上の音声チックが1年以上持続した場合に診断される精神・神経疾患です。トゥレット症候群の認知度は高いとは言えず…

レット症候群という障害を知っていますか?レット症候群は、女の子のみが発症し、一度獲得した能力が徐々に失われていく病気です。親にとっては、日に日に新しいことを覚えていた子どもが、ある時期を境に退行していく姿を目の当たりにするこ…

赤ちゃんが人や物を指差すのを見たことありませんか?赤ちゃんの指差しは、単なる可愛い行動ではなく、まだ言葉を話せない赤ちゃんが意思表示するための大切な手段です。通常、興味関心を抱いた周りの人や物を指差し、自分の興味関心を身近な…

赤ちゃんが物を投げたり、口に入れたりするのを見たことありませんか?ティッシュペーパーを箱から全部出したり、リモコンのボタンを連打したり、ベビーサークルを揺さぶったりといった行動はどうですか?実は、こうした行動は「探索行動」と…

抱っこした時に、赤ちゃんがのけぞる(反る)、泣く、嫌がる、暴れることはありませんか?赤ちゃんに抱っこを嫌がられると、親としては少なからずショックを受けるものですし、「何か異常があるのではないか?」、「発達障害ではないか?」と心配にな…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  2. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  3. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  4. ロタウィルス
  5. 原始反射
  6. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  7. 新生児黄疸
  8. ロタウィルス
  9. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  10. 発達障害 図 自閉症
ページ上部へ戻る