症状 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる…
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?…
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:症状

産後うつは、多くの女性が出産後に経験する症状の一つです。何が原因で、どのような症状が起こるのでしょうか?また、どのように産後うつをチェックし、治療するのでしょうか?この記事では、産後うつの概要、原因、症状、チェック方…

妊娠後は、つわりに悩まされたり、出産や子育てに対する不安や焦りを感じたりして、肉体的にも精神的にも妊娠前にはなかったしんどさを感じ、マタニティブルーに陥ることがあります。夫や他人にイライラする、わけもなく気持ちが落ち込む、突然泣き出…

プール熱は、ウィルス性の感染症で、乳幼児がかかりやすい夏風邪の一つとして有名な病気です。手足口病、ヘルパンギーナと一緒に子どもの3大夏風邪と呼ばれています。では、プール熱とはどのような原因で、どのような症状があるのでしょうか…

保育園や幼稚園に乳幼児を預けていると、「ヘルパンギーナに注意してください。」というお知らせをもらうことがあります。ヘルパンギーナは、乳幼児に多く見られる「子どもの3大夏風邪」の一つで、夏頃になると毎年のように流行する病気です。…

赤ちゃんや子どもがかかりやすい病気はたくさんありますが、手足口病もその一つです。手足口病は、名前のとおり、手、足、口を中心に発疹が出る感染症です。乳児期の赤ちゃんの頃から感染することがあり、一度治っても何度もかかる上、確率は…

赤ちゃんが、眠っている間に大きないびきや10秒を超える無呼吸状態を繰り返している場合、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。大人の睡眠時無呼吸症候群については、以前からニュースなどで取り上げられて社会的に認知されていましたが、実は、赤ち…

「寝ている赤ちゃんが呼吸が数秒間だけど止まることがある。」、「寝息を聞こうとしたら、息をしていなくて驚いた。」といった経験はありませんか?寝ている赤ちゃんが息をしていないと、親としては「このまま起きてこないのではないか。」、「脳に悪…

赤ちゃんは、大人に比べると目やにが出やすいもので、鼻くそくらいの目やにが出たり、目やにでまぶたが引っ付いたりすることは珍しくありません。しかし、育児に慣れていないお父さんお母さんの中には「目の病気ではないか。」、「体調が悪いのではな…

発達性協調運動障害は、最近注目されるようになってきた発達障害の一つです。「自分で服を脱ぐのが難しい」、「鉛筆で字がうまく書けず、紙が破れてしまう」、「ボールを上手にキャッチしたり投げたりできない」など、日常生活における動作や運動に支…

妊娠2ヶ月(妊娠4週、5週、6週、7週)は、生理の遅れ、身体の変化、妊娠初期症状によって妊娠に気づく時期です。妊娠検査薬で妊娠が確認できるのも、超音波検査(エコー検査)で赤ちゃんが確認できるようになるのも妊娠2ヶ月頃です。妊…

妊娠超初期は、まだ妊娠したことが分かる前の時期ですが、基礎体温の変化やつわりに似た症状が現れることがあります。また、女性の体内では妊娠が成立しているため、母子の健康に配慮した生活を送ることを心がけることが大切になります。では…

妊娠後に待っている「しんどいこと」の代表的なものが「つわり」です。つわりは、ほとんどの妊婦にとって避けて通ることができないもので、妊娠から数ヶ月間は様々な症状と付き合うことになります。つわりは、いつから始まっていつまで続き、…

新生児薬物離脱症候群を知っていますか?「新生児に薬物離脱症状が出るの?」と首をかしげる人もいるかもしれません。薬物離脱症状とは、向精神薬、睡眠薬、アルコール、麻薬など常用していた薬や嗜好品の使用を中止・減量することで生じる、…

朝起きてみると、赤ちゃんの手足やほっぺが赤くパンパンに腫れていたという経験はありませんか?冬は、赤ちゃんがしもやけになりやすい季節で、どれだけ防寒対策をキチンとしていても、赤ちゃんがしもやけになるリスクを0にすることはできません。…

くる病とはどんな病気か知っていますか?一昔前は、栄養状態の悪さから発症する赤ちゃんや子供がたくさんいたのですが、社会の発展とともに多くの人が栄養バランスのとれた食事を摂取できるようになり、栄養状態を理由とするくる病は減っていきました…

乳幼児健診では、医師が赤ちゃんの睾丸(精巣)を触診するのを見たことがありませんか?この触診は、停留睾丸・停留精巣という病気の有無を見つけるためのもので、医師の診察では必ず行われています。停留睾丸・停留精巣は、赤ちゃんに起こる…

子供は、乳幼児期に、お母さんなど養育者からたくさん愛情をもらい、お世話してもらうことで、特別な情緒的結びつきを築きます。これを愛着と言います。養育者と愛着関係を築いた子供は、親との間に安心感や安全感を抱き、自分が周囲から大切…

「後ろや横から声をかけても振り向かない。」、「大きな物音がしても反応しない。」、「いつまでも言葉が出てこない。」、「うまく発音できない。」といった症状が赤ちゃんに見られる場合、難聴の可能性があります。赤ちゃんの難聴の原因はたくさんあ…

おたふく風邪は、ムンプスウィルスに感染することで起こる病気で、毎年、日本だけでも200万人以上が発症しています。おたふくかぜ自体は、発症から一週間前後で回復に向かう比較的予後が良好な病気ですが、様々な病気を合併するリスクを秘めていま…

分娩時には様々なトラブルが起こり、それによって赤ちゃんに深刻な症状が出ることがあります。産瘤、頭血腫、帽状腱膜下血腫は、いずれも分娩時のトラブルを原因として生じる頭の病気です。発症する時期やリスクは異なりますが、例えば産瘤と…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. ロタウィルス
  2. ワクチンの接種方法と種類、副反応
  3. 原始反射
  4. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  5. 予防接種
  6. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  7. 発達障害 図 自閉症
  8. 赤ちゃんがかかりやすい病気
  9. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  10. 生理的体重減少 巨大児
ページ上部へ戻る