特徴 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?…
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:特徴

発達性協調運動障害は、最近注目されるようになってきた発達障害の一つです。「自分で服を脱ぐのが難しい」、「鉛筆で字がうまく書けず、紙が破れてしまう」、「ボールを上手にキャッチしたり投げたりできない」など、日常生活における動作や運動に支…

発達障害や精神疾患の診断に関するマニュアルはいくつもありますが、もっとも有名で世界的に使用されているのがDSMです。DSMは、DSM-Ⅰの出版以降、発達障害などに関する新たな知見や研究結果を参考にして改定が繰り返されており、現在は、…

「後ろや横から声をかけても振り向かない。」、「大きな物音がしても反応しない。」、「いつまでも言葉が出てこない。」、「うまく発音できない。」といった症状が赤ちゃんに見られる場合、難聴の可能性があります。赤ちゃんの難聴の原因はたくさんあ…

生まれつきもしくは乳児期に発症しうる難病はいくつもありますが、ムコ多糖症もその一つです。ムコ多糖症は、進行性の病気で、放置すると、日常生活のあらゆる場面で支障をきたし、寿命も短くなってしまいます。一方で、重症度や症状によるものの…

子供が、文字を左右反対に書くことはありませんか?例えば、平仮名の「く」を「>」と書いたり、「し」を「J」と書いたりといった感じです。1つや2つなら「書き間違え」で済みますが、いつも左右反対に書いていると心配になってしまいます…

小児期崩壊性障害という発達障害を知っていますか?小児期崩壊性障害は、順調に育っているように見えた子供が、ある時期を境に退行していき、最終的には重度の自閉状態になってしまう障害です。このページでは、小児期崩壊性障害の概要、特徴…

トゥレット症候群(トゥレット障害)という発達障害を知っていますか?トゥレット症候群は、精神・神経疾患多様な運動チックと1つ以上の音声チックが1年以上持続した場合に診断される精神・神経疾患です。トゥレット症候群の認知度は高いとは言えず…

点頭てんかんという病気を知っていますか?点頭てんかんは、てんかんの一種ですが、一般的なてんかんと違って症状が分かりにくく、たくさんある赤ちゃんの病気の中で「気づきにくい病気」の一つと言われています。一方で、早期発見、早期治療…

赤ちゃんの頭の形や大きさは、遺伝や胎内環境、生まれた後の生活環境などの影響を受けやすいものですが、病気の影響を受けることもあります。このページでは、赤ちゃんの頭の形や大きさに影響を与える病気である狭頭症について、原因、症状と特徴、検…

赤ちゃんの頭の形や大きさは個人差があるものですが、病気が影響していることがあります。頭の形や大きさに影響を与える病気の一つが、小頭症です。小頭症は、以前は日本ではあまり聞きなれない病気でした。しかし、2015年から、…

昔は、知能などに遅れがある障害を精神薄弱や精神遅滞と呼んでいましたが、約20年前に知的障害(知的発達障害の略)という言葉が使われるようになり、一般社会にも広まっています。しかし、知的障害とはどのような障害で、原因、症状、特徴は何かな…

赤ちゃんは、様々な病気を抱えて生まれてくる可能性があります。その一つがダウン症です。ダウン症は、染色体の異常による先天性の病気で、精神発達の遅れなど様々な症状があります。この記事では、ダウン症の原因と種類、赤ちゃんが…

学習障害(LD)は、発達障害という概念が社会一般に知られるようになるにつれて、教育現場を中心として注目を集めるようになった発達障害です。通常、どんな学校にも一定数の学習障害の生徒がいるのですが、適切な対応がなされないままになったり、…

発達障害の中でも良く知られている障害の一つが、アスペルガー症候群(DSM-5では自閉症スペクトラム障害に含まれる)です。アスペルガー症候群は、「高名な学者や研究者にアスペルガー症候群が多い。」という噂が広まったこともさることながら、…

脳性麻痺とは脳性麻痺とは、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいるときから新生児期(生後4週)までに、何らかの原因で脳が障害されることにより、脳の機能が著しく失われている状態のことです。運動や姿勢の異常が中心ですが、他にも精神遅滞、…

先天性ミオパチーとは先天性ミオパチーとは、生まれてすぐから乳児期早期に発症する、発達や発育の遅れ、筋力の低下や筋緊張の低下を主な症状とする病気で、フロッピーインファント(ぐにゃぐにゃ赤ちゃん)を引き起こす病気として有名です。遺伝子の…

赤ちゃんは、お座りした状態でお尻をズリズリ引きずって移動していませんか?もし、このような移動をしていたらシャフリングベビーかもしれません。シャフリングベビーは、お尻をズリズリ引きずるいざりばい(尻ばい、座りばい)などを特徴と…

発達障害にはたくさん種類があり、乳児期の赤ちゃんや幼児期の子どもに見られる特徴や症状も実に様々です。一人の子どもが複数の発達障害を抱えていることも多く、同じ診断を受けていても特徴や症状、日常生活への支障の程度、支援の方法などは一人ひ…

発達障害は、医療や教育の現場では以前から注目されていましたが、最近はニュースなどでも取り上げられる機会も増えて社会的な認知度が向上しました。その結果、発達障害と診断された大人や子どもの多くに、赤ちゃんの頃から発達障害の特徴や兆候が見…

サイレントベビーという言葉が一般的に知られるようになってしばらく経ちますが、いまだに正確に理解できている人は多くありません。サイレントベビーと混同されたり、関連付けられたりしやすいのが発達障害、特に自閉症スペクトラムです。お…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. 発達障害 図 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 予防接種
  4. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  5. 原始反射
  6. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  7. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  8. 新生児黄疸
  9. ロタウィルス
  10. 予防接種
ページ上部へ戻る