母乳 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:母乳

赤ちゃんが母乳やミルクをたくさん飲んでくれると安心しますが、いつまでも飲み続けていると、今度は「飲み過ぎじゃないか。」と心配になってくるものです。実際のところ、赤ちゃんが母乳やミルクをたくさん飲むのは良いことですが、飲み過ぎると体重…

赤ちゃんのうんちに血が混じっていて、ギョッとしたことはありませんか?血便は、赤ちゃんの頃によくある症状の一つです。赤ちゃんは、少しの刺激で肛門や腸の粘膜が傷ついて出血してしまい、血がうんちに混じって出てくることがあります。…

初乳とは初乳とは、出産後すぐにお母さんの乳房から出る乳汁のことです。初乳は、クリーム色で少しとろみがあるのが特徴で、赤ちゃんの成長に合わせて徐々に母乳に近づいていきます。生まれてまもない赤ちゃんの大切な栄養源であるととも…

入院日数産婦人科で赤ちゃんを出産した後は、異常があればすぐに対応してもらえるよう、産婦人科に入院することになります。一般的な入院日数 初産:一週間前後 経産(2人目):5~6日 帝王切開:手術前日、手術当日を含め、1…

生後11ヶ月ってこんな時期生後11ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きなどで部屋の中を自由に動き回り、目につくものを何でもおもちゃにして遊びます。また、身近な人の会話や行動を見聞きして、コミュニケーション能力や社会…

生後10ヶ月ってこんな時期生後10ヶ月になると、つかまり立ちから伝い歩きや一人立ちに挑戦する赤ちゃんも増えてきます。手先や指先はより器用になり、遊びのバリエーションも豊富になります。喃語の量が減っていく一方で、自分の意思…

生後8ヶ月ってこんな時期生後8ヶ月の赤ちゃんは、ズリバイやハイハイで部屋中を自由に動き回ります。また、手や指も器用になるので、遊びのバリエーションがグッと増えます。乳歯も生え始めます。身近な人とそれ以外の人を区別…

生後7ヶ月ってこんな時期生後7ヶ月は乳児期後期と呼ばれる時期です。体重や身長の伸びは緩やかですが、お座りしておもちゃで遊ぶ、手でものを掴む、ズリバイやハイハイができるようになるなど、運動機能は目覚しく発達します。また、情…

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは健康状態に目立った問題のなかった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然亡くなってしまう病気のことを乳幼児突然死症候群疾患といいます。家庭の経済水準、虐待の有無、育児方法などとは関係の…

新生児期とは生後0か月(生後4週間)のことを新生児期といい、この時期の赤ちゃんは新生児と呼ばれます。新生児期の赤ちゃんは、生活全般において、お父さんお母さんの全面的な援助が必要ですし、その生活は、泣いて、母乳やミルクを飲んで、お…

赤ちゃんは、新生児の頃からしゃっくりをします。生まれたての赤ちゃんがしゃっくりを繰り返すと、「息苦しいのではないか。」、「呼吸器系の疾患があるのではないか。」などと不安になる親は多いものです。どうして生まれたての頃からしゃっ…

赤ちゃんは、生まれたての頃からお母さんの乳首を探し当てて母乳を飲むことができます。しかし、乳首を探し当てるのも、吸い付いて母乳を飲むのも、赤ちゃんが自発的な意思で行っているわけではなく、生まれつき備わっている反射による反応です。…

赤ちゃんは、月齢を経るにつれて1日にするうんちの回数が減り、固さや色なども変化していきます。そのため、「以前よりうんちの回数が減ったけど、もしかして便秘?」と心配になる親が少なくありません。しかし、赤ちゃんの便秘と大人の便秘…

「新生児の赤ちゃんは夜泣きしない。」、「赤ちゃんは母乳を飲ませればすぐ泣き止む。」などという情報を鵜呑みにして、出産後に驚くお父さんお母さんはとても多いものです。確かに、あまり泣かない赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんはよく泣き、そ…

赤ちゃんの子育ては、赤ちゃんの可愛さに癒され、成長の早さに驚かされる一方で、病気やケガなどの不安や心配を常に抱えるものです。赤ちゃんの体重が増えないことも、親の大きな不安や心配の一つです。赤ちゃんの体重増加は個人差が大きいも…

医師や看護師から「授乳後は赤ちゃんにゲップさせてください。」と指導されます。親としては、「医師に指導されたのだから、授乳後は必ずゲップさせないといけない。」と思って何とか赤ちゃんにゲップを出させようと頑張りますが、赤ちゃんがゲップを…

生後6ヶ月ってこんな時期乳児期は、人生で最も身体が発育する時期ですが、特に発育の著しい前期と、発育の勢いが落ち着いてくる後期に分けられます。生後6ヶ月は乳児期の後期に入る時期で、前期に比べると身長や体重など目に見える部分の発育は…

生後5ヶ月ってこんな時期生後5ヶ月になると、身長や体重の発育は緩やかになっていきます。筋肉がしっかりついて、手足や首を自分の意思で自由に動かせるようになり、興味関心を抱いた物を掴んだり蹴ったり、あるいは口に入れたりできるようにな…

生後4ヶ月ってこんな時期生後4ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量を自分でコントロールできるようになり、飲む量に差が出てくるため、身長や体重などの個人差が大きくなっていきます。また、日中に動き回る頻度や眠る時間など、赤ちゃん一…

生後3ヶ月ってこんな時期生後3ヶ月の赤ちゃんは、抱っこしてあやすとにこっと微笑み、うんちをして気持ち悪いと嫌そうな表情を浮かべるなど、表情が豊かになってきます。体つきは生後2ヶ月の頃より丸々として、愛らしさが増します。首…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. カンガルーケア 赤ちゃん
  2. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  3. ワクチンの接種方法と種類、副反応
  4. 赤ちゃんがかかりやすい病気
  5. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  6. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  7. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  8. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. ロタウィルス
ページ上部へ戻る