新生児 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:新生児

出産は、夫婦にとって人生の一大イベントです。特に、実際に出産する女性には、不安や負担が大きくのしかかります。里帰り出産は、出産前後の女性の不安や負担を軽くすることができる方法の一つです。しかし、里帰り出産をしたいと思…

乳児期の赤ちゃんの五感はどのくらい機能していて、周りの環境をどのように捉えているのか、気になったことはありませんか?赤ちゃんは言葉を学習しておらず、「僕は、逆上がりができるよ。」、「20m先の人も見えるよ。」などと言葉で表現すること…

「赤ちゃんの成長は個人差が大きいもの」だと頭では分かっていても、乳児健診などでよその家庭赤ちゃんを見ると、ついつい自分の赤ちゃんと比べてしまいがちです。それも、「あの子、うちの赤ちゃんより大きくなあ。」、「どうしてうちの子だけハイハ…

通常、赤ちゃんに歯が生えるのは生後4ヶ月~6ヶ月頃です。しかし、生まれたての新生児の頃から歯が生えていたり、生後1,2ヶ月のうちに歯が生え始めたりすることがあります。これが新生児歯(魔歯)です。このページでは、新生児…

新生児期の赤ちゃんが、昼夜問わず頻繁に目を覚ますのを見て、「どこか異常があるのではないか。」、「睡眠障害ではないか。」と心配になる親は多いものです。実は、新生児期の赤ちゃんは、大人のような「夜に寝て朝に起きる」という生活リズム(睡眠…

魔の3週目を知っていますか?通常、赤ちゃんが生まれると、バタバタと諸手続きを済ませ、約1週間の入院生活で基本的なお世話を教わった後に退院し、家事育児に追われるようになります。生後3週頃というのは、赤ちゃんが生まれたからのバタ…

外気浴という言葉を聞いたことがありますか?2000年頃までは、日本の社会全体が、赤ちゃんの日焼けに対する問題意識に乏しく、乳幼児健診において医療関係者が日光浴を推奨するような状態でした。ところが、紫外線が人の皮膚に与える悪影…

胆道閉鎖症は、日本で難病指定されている病気の一つです。胆道閉鎖症は、発見が遅れると命の危険がある病気ですが、出生後の入院期間には症状が出ないため、診断することは困難です。そのため、早期発見・早期治療には、お父さんお母さんが病…

先天性魚鱗癬という病気を知っていますか?新生児の頃から見られる先天性の病気の一つで、日本では難病指定されています。先天性魚鱗癬は、ほとんどのケースで長期間にわたって症状が持続し、その外見的特徴から周囲の好奇の目にさらされて二…

赤ちゃんが夜中に泣き出すと、「夜泣き」だと思って抱っこしたりあやしたりしていませんか?実は、赤ちゃんが泣いているのは「夜泣き」ではなく、「寝言泣き」の可能性があります。寝言泣きは、赤ちゃんが寝ている状態で発する寝言の一種なの…

髄膜炎は、新生児や乳児期の赤ちゃんにとって気をつけたい病気の一つです。症状が風邪と似ているため気づきにくい上に重症化しやすく、治療が遅れると死亡するリスクもある危険な病気です。新生児や乳児期の赤ちゃんも発症しますが、「髄膜炎…

赤ちゃんが母乳やミルクをよく吐いていませんか?新生児期から低月齢の赤ちゃんがよく吐く(吐き戻しや嘔吐)のは、実はそれほど珍しいことではないのですが、親としては、赤ちゃんが吐くと、「病気じゃないか。」、「どこか異常があるのではないか。…

赤ちゃんは、病気や障害を持って生まれてくることがあります。持って生まれてくる病気の代表的なものの一つが、先天性代謝異常です。先天性代謝異常はとても種類が多く、深刻な症状を引き起こすものもあるため、しっかり理解して適切な対応が…

新生児や乳児期の赤ちゃんに、次のような症状はありませんか? おなかがやけに張っている 1日中おならをしている げっぷが出にくい 1日中ぐずって泣き続けている 母乳やミルクを頻繁に吐き出してしまうどれ…

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がることはありませんか?法律上、赤ちゃんを車に乗せる時は、チャイルドシートに座らせることが義務づけられていますが、チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんはとても多いものです。チャイルドシートに座らせる…

「揺さぶられっ子症候群」という概念が登場し、赤ちゃんを揺さぶる行為が、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があることが知られるようになりました。しかし、揺さぶられっ子症候群を引き起こす要因や具体的な症状はあまり広まっておらず、「赤ちゃんを…

赤ちゃんの頭の形や大きさは、遺伝や胎内環境、生まれた後の生活環境などの影響を受けやすいものですが、病気の影響を受けることもあります。このページでは、赤ちゃんの頭の形や大きさに影響を与える病気である狭頭症について、原因、症状と特徴、検…

赤ちゃんの頭の形や大きさは個人差があるものですが、病気が影響していることがあります。頭の形や大きさに影響を与える病気の一つが、小頭症です。小頭症は、以前は日本ではあまり聞きなれない病気でした。しかし、2015年から、…

舌の色は、表情や動き、体温などと同じく、赤ちゃんの健康状態を知るための大切な指標です。舌には血管がたくさん通っていて、体調の変化ですぐ色が変わるので、赤ちゃんの健康状態を簡単にチェックすることができます。母乳やミルク、離乳食…

乳児期の赤ちゃんは、大人より免疫力が弱くて病気にかかりやすいものです。鵞口瘡(口腔カンジダ症)も、乳児期にかかりやすい病気の一つです。聞きなれない名前ですが、「赤ちゃんの口の中や舌が白くなる病気」と言えば、「あ!あれが鵞口瘡…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. 新生児黄疸
  2. ロタウィルス
  3. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  4. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  5. 原始反射
  6. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  7. 赤ちゃんがかかりやすい病気
  8. ワクチンの接種方法と種類、副反応
  9. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  10. 発達障害 図 自閉症
ページ上部へ戻る