対応 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:対応

出産においては、様々なトラブルが起こる可能性があります。癒着胎盤または胎盤癒着は、出産時に起こる代表的なトラブルの一つで、赤ちゃんが無事に産まれて一安心したところで起こり、大量出血が起こって母体に深刻な影響が及ぶリスクがあります。…

女性は、赤ちゃんが無事に産まれて一安心した後、後産に臨まなければなりません。出産経験のある女性なら誰でも知っていることですが、初めて妊娠した女性や男性の中には「お産は赤ちゃんが生まれたら終わり」と思っている人も一定数います。…

布団で寝ている赤ちゃんを誤って踏んだことはありませんか?寝返りした拍子に隣で寝ている赤ちゃんの上にのしかかったことは?上の子がいたずら感覚で赤ちゃんの上に乗ったり、やきもちを焼いて赤ちゃんを踏みつけたりするのを見たことは?…

子供は、乳幼児期に、お母さんなど養育者からたくさん愛情をもらい、お世話してもらうことで、特別な情緒的結びつきを築きます。これを愛着と言います。養育者と愛着関係を築いた子供は、親との間に安心感や安全感を抱き、自分が周囲から大切…

赤ちゃんが母乳やミルクをよく吐いていませんか?新生児期から低月齢の赤ちゃんがよく吐く(吐き戻しや嘔吐)のは、実はそれほど珍しいことではないのですが、親としては、赤ちゃんが吐くと、「病気じゃないか。」、「どこか異常があるのではないか。…

子供が、文字を左右反対に書くことはありませんか?例えば、平仮名の「く」を「>」と書いたり、「し」を「J」と書いたりといった感じです。1つや2つなら「書き間違え」で済みますが、いつも左右反対に書いていると心配になってしまいます…

赤ちゃんがドアに指や手を挟んだことはありませんか?お父さんお母さんが赤ちゃんに気づかずドアを閉めてしまったり、赤ちゃんが自分でドアを閉めて指を挟んだりする事故はよく起こるものです。少しの腫れや内出血で済むこともあれば、骨折や…

子育ては楽しいことも大変なことも無数にありますが、多くのお父さんお母さんが「大変な時期」の一つに挙げるのが「イヤイヤ期」です。イヤイヤ期の子供は、ご飯を食べさせようとしても「イヤ」、おもちゃを片付けさせようとしても「イヤ」、抱っこし…

赤ちゃんは、日に日に出来ることが増えていきます。寝返りやハイハイを覚えると、床の上を自由自在に動き回るようになり、つかまり立ちや伝い歩きを覚えると、高いところにある物を取ることができるようになります。つかまり立ちや伝い歩きが…

赤ちゃんは、生まれたての頃には一日の大半を仰向けに寝て過ごしますが、生後3~4ヶ月頃に首すわりが完成すると、寝返りや寝返り返り、ズリバイやハイハイなどを覚えて平面を移動するようになります。そして、徐々に足腰をはじめ全身の筋肉が鍛えら…

赤ちゃんは風邪をひきやすいもの赤ちゃんがかかる病気で最も多いのが、風邪(かぜ)です。風邪とは、ウィルスや細菌などの感染により、気道が炎症を起こした状態です。感冒とも呼ばれます。風邪は、咳、鼻水、鼻づまり、下痢、頭…

赤ちゃんは、くしゃみをよくします。1度や2度なら「ちょっと寒いのかな。」、「鼻に何か入ったかな。」で済みますが、赤ちゃんがくしゃみを繰り返すと、親としては心配になってしまうものです。実は、赤ちゃんのくしゃみには「問題がないく…

育児経験がないと意外と知らないことの一つに、「赤ちゃんのおならはとても臭い。」ということがあります。赤ちゃんは、目に入れても痛くないほど愛らしく、食べてしまいたいほどカワイイ存在ですが、アイドルではありませんのでウンチもすればおなら…

赤ちゃんが頭にすごい汗をかいているのを見たことはありませんか。赤ちゃんは、頭にすごい量の汗をかきます。手足が冷たく、身体も汗をかいていないのに、頭だけ汗でぐっしょり濡れているというのは、よくあることです。また、いつも…

赤ちゃんの頬は、本来はとても白くて柔らかく弾力があるものですが、大人に比べるとデリケートなので、すぐ真っ赤になってしまいます。ある日突然、赤ちゃんのほっぺが赤くなっていると心配になりますし、実際に治療が必要な場合もあります。…

スマホ育児(スマホ子守、スマホ子育て)とはスマホ育児とは、スマートフォンやタブレット端末を育児に利用することです。スマホ子守、スマホ子育てと呼ばれることもあります。また、スマホ育児のマイナス面を捉えた言葉として、スマ放置…

赤ちゃんは、生後6ヶ月~7ヶ月頃になると人見知りを始めます。人見知りは、身近な人とそれ以外の人を区別できている証であり、赤ちゃんの心が順調に成長している証です。しかし、中には、お父さんに対して人見知りを始める赤ちゃんもいます…

学習障害(LD)は、発達障害という概念が社会一般に知られるようになるにつれて、教育現場を中心として注目を集めるようになった発達障害です。通常、どんな学校にも一定数の学習障害の生徒がいるのですが、適切な対応がなされないままになったり、…

発達障害に詳しくなくても、注意欠陥多動性障害やADHDという名称を聞いたことはあることがあるでしょう。ADHD(注意欠陥多動性障害)は、発達障害の中でもよく知られた障害の一つで、幼児期以降の集団生活場面において、落ち着きのなさ、不注…

発達障害の中でも良く知られている障害の一つが、アスペルガー症候群(DSM-5では自閉症スペクトラム障害に含まれる)です。アスペルガー症候群は、「高名な学者や研究者にアスペルガー症候群が多い。」という噂が広まったこともさることながら、…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. ロタウィルス
  2. 原始反射
  3. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  4. カンガルーケア 赤ちゃん
  5. ワクチンの接種方法と種類、副反応
  6. 予防接種
  7. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  8. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  9. 新生児黄疸
  10. 発達障害 図 自閉症
ページ上部へ戻る